上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.10.17 交易王
ペイし得るタイミングを計る
【交易王】
交易王
このゲームも賛否両論、いろいろと取り沙汰されましたが私は非常に良いゲームだと思います。
誰に教えてもすぐに理解してもらえるし、面白さも理解してもらいやすい所が良いんですよね。
あとは個人的に大航海時代的なものが好きという事もありまして、私の周りではかなりの頻度で登場しているんじゃないかと思います。

個人の性格がもろに出るところなのではないかと思うんですけど、思宴会でも独占を狙う「振り切り派」と相手の積荷にひたすら色を合わせる「追っ掛け派」と2種類の人間が存在している気がしませんか。
いずれにしても手札制限をつけたほうが良いんじゃないか、という案が出るくらい手札を多く持つことが有利なゲームです。
しかし手札カードも「コツコツ使う派」と「ガメツく溜め込む派」に分かれてますよね。
私は前者(おそらくマイノリティ)なので良くわかるのですが、コツコツカードプレイしわずかな実利を重ねる戦術の狙いは、先に買い物のアドバンテージを得る事に他なりません。
少しでもリードし、お金を増やしていち早く買い物をして交易力を高め、そこから勝負を仕掛けたいのです。
なんとなく手札を溜めて一気出しという作戦が性に合わないという理由も少なからずありますけど


さて一体どのカードが最も費用体効果が高いのでしょうか。
わかりません(^^;
もう30回くらいは間違いなく遊んでいますが、TPOに応じてどれを使うかは変わりますね。
しかも人によってによって「~のスペシャルカードが強すぎてバランスを壊している!」の~の部分が違うのが面白い。
ひとつ言える事は、勝利点=お金でありますので終了までにそのカードを買った額を回収し、いかにさらなる利益を生み出せるか、が最も大事なポイントですね。

私が好きなのは、積荷色を1手番に2つ変えて振り切る作戦です。
それでもたまには加点ボーナスや増船、カードドローなどにも手を出します。
その能力が自分のものになるだけで結構楽しいのですよね。
ちなみに1枚も買わないで勝つことってできるのでしょうかね?
(私は無理だと思っているのですが・・)

カードの総数もはっきりしているので、大体であろうともカウンティングして実戦に活かさなければですね。
個人的には商品カードは日本語かせめて英語にしてもらえればもっと親近感が湧いたのにーと無茶な事を思ったりもします。



2008.10.05 ゴルフ
英国紳士の嗜みと言えば
【ゴルフ】
ゴルフ
「夢中になる!トランプの本」でも紹介されているトランプゲームです。
先日、国分寺会にて著者の草場純さんにインストを受け、念願の初プレイ(実は遊んだ事なかった^^;)が叶いました。

6枚のカードを交換したり表向きにオープンしたりして、できるだけカード点を減らしていきます。
まず裏向きに場札6枚を並べ、そのうち2枚を同時にオープンします。
残ったカードは山札として中央に置き、1番上のカードを表向きにし、山札の隣に置きます。
これが最初の捨て札となり、以降この上に捨て札は重ねられていきます。

ディーラーの左隣からプレー開始。
手番にできる事は
■山札の1番上のカードと場札の1枚を交換する
■捨て札の1番上のカードと場札の1枚を交換する
のいずれか。
山札のカードは裏向きなので、めくってみて気に入らなければ場札と交換せずそのまま捨てる事もできます。

カードのランクは
A = 1
2 = -2
3~9=数字どおり
10= 0
絵札=10

です。点数は低ければ低いほど良いので2と10がお得なカードです。

■縦の2枚が同じランクだと得点はキャンセルされる。
このルールにより、上家が捨てた絵札などを下家が拾いたがる事もあり得ます。
点数の高いカードは要らないカードなので捨てたいのですが下家が直接的に潤うとなるとジレンマです。
ちなみに縦2枚に2を並べてしまうとー2がキャンセルされ、0点になってしまうので大損です。
2の下には同じくキャンセルの必要の無い10を並べるのが基本定石だそうですよ。

■交換は表になった場札、裏向きの場札のどちらとしてもよい。
裏向きのカードを交換すると、仮にそれが2や10のような良カードであっても捨て札しなければなりません。下家は大喜びですね^^
ゲームの終了条件は6枚の場札を誰かが全て表向きにする事なのですが、終了と同時に全員が裏向きのカードを表にし、得点計算をします。
ここで裏向きのカードから絵札がわんさか出てきても事件です。
裏向きのカードを取っておくのか、捨ててしまうのかそれは全て勘に頼る他ありません。
逆に言えば、戦略的な戦い方をしたいのであれば一刻も早く数多くの場札をオープンしていき、現れたランクを基に作戦を組み立てるべきなのだろうと思います(まだ1回しか遊んでいないのでよくわかりませんが^^;)。

【スペキュレーション】の様に自分のカードを表向きにして使えないところがもどかしいところです。
(もっともスぺキュレーションの場合はオープン直後にほとんどのカードが死ぬのですが)
上家が捨てたがっているカードをあえて捨てずに取っておく作戦もありですが、大人数で遊ぶゲームなので我慢比べをしているうちに必ず誰かが6枚目を表にしてしまいます。
勝つためには、良いカードを山から引く!これしかないでしょ!

と、まあ一度しか遊んでいないので戦術云々に関しては何も書けません^^;
ですがルールがわかりやすく、トリックテイキングの様に或程度の下地が必要というわけでもないので、普段ゲームをしない人も混ぜて集まった時などには最高の威力を発揮する事と思います。
スペキュレーションも良いですが、ゴルフはさらにシンプルで視覚的にわかり易いゲームです。




デイトレードで稼ぐカード版プチ・アクワイア
【カードストックマーケット】
カードストックマーケット
【アクワイア】という40年以上に発売されたボードゲームのことは皆さんよくご存知の事と思います。
企業の吸収合併や倒産に依る株価変動を基に儲けを生み出していく経済ゲームです。
そのアクワイアのデザイナーであるシド・サクソンが創作したトランプゲーム【カードストックマーケット】を先日yauichiさん、じょにーさんと遊んできました。
株取引をテーマにしてあるという点ではアクワイアと同じですが、根本的には企業の株価を操作し、安い時に買い、高い時に売るという仕手ゲームです。

トランプ2パックとチップを使用します。
登場する企業は4社。
ダイヤ社、スペード社、ハート社、クラブ社です。
写真中央のカードが各社の現在の株価を表しており、その横の碁石は、株価の変動枠を表しております。1枚のカードによって白石の数だけ上げることができ、黒石の数だけ下げる事ができます。
上下の最高変動値という事になりますね。
これは終始一定しているので碁石でなくても何でも良いです。
紙に書いて置いておくのが通常ルールのようですね。極力トランプだけで遊べるようになっているのがすごいところ。

手番に行える事は2つ。
■株価操作
各社のカードの上に同スートのカードを重ね株価を変える。
この際、上述の変動幅を超える操作をしてはならない。

例)
ダイヤ社の変動幅は+は3まで、-は2まで。
現在株価4なので7~2は出すことができるが8以上やA(1)は出すことができない。

操作カードは1手番2枚まで出せる。
同社に使っても別の2会社に使っても良い。
この株価操作によって自分の持ち株の価値を高めたり、他プレーヤーの持ち株の価値を下げたりするわけです。
また、絵札は11,12,13として使用することも、0として使うこともできます。
0として使った場合、その会社は倒産した事になりその会社の株を持っている全てのプレーヤーが同社の株を全て破棄します。
これはかなり破壊力のある攻撃です。
絵札が出された場合、その上に乗せる操作カードに関しては株価変動幅を無視し好きなカードを出すことができますが、絵札に絵札を重ねることはできません。
例えばJ(11)の上にK(13)を出して株価を上げる事はできないでのす。但し、絵札以外なら好きなカードが出せます。
倒産した会社の一番上のカードも必ず絵札ですので、次に絵札以外なら好きなカードが重ねられます。
そしてまた会社が動き出すわけです。復活した会社の株はまた買う事ができます。

■株の売買
手札を場札に出すことで株を買う事ができます。
例えば9を場に出せば、スペード社の株を9枚買ったという事になります。
株の価格はその時の株価カードの数字です。
スペード社の株価が仮に3だったとするとこの場合27チップを銀行(チップのストック場)に支払い、同社株9株を買ったことになります。
また、株を売ることも勿論可能です。
この場合、場札のカードを捨て札し、その時の同社の株価×株数分のチップを銀行から受け取ります。
1株3チップで購入したスペード社の株価が1株10チップに値上がりした時点で売りさばいたとしましょう。
90チップで売れますから差益は63チップです。
これを繰り返し、終了条件に達した段階で最もチップの多かったプレーヤーの勝利となります。
(この時、所有している株は全て時価で現金化します。つまり総資産を比べるわけです。)

ちなみに1社の株は1人12株まで持つことができます。
このルールによりKは株価操作のみに使えるカードという事になっております。
また、手番中、株価操作と株取引はどっちを先に行っても構いませんが、例えば株価操作をして取引をし、また株価操作をするというようなプレイはできません。
どちらかを終え、もうひとつのアクションを行ったらそれで手番を終わります。
ここが肝です。
安い株を買って(取引)、株価を吊り上げる(操作)ところまでは1手番でできるのですが、その株を売却(取引)して差益を得る事は少なくともこの手番中はできません。
次に自分の番が回ってくるまでに倒産させられやしないか、暴落するんじゃないかと常にドキドキさせられるのです(^^;

戦術としてはカードが全てなので、やはり手札の管理が重要です。
取引も株価操作もしない(しても大した効果がない)場合などは手番をパスし、手札の内4枚まで捨て札して山から同数引いてくる事もできます。
行き詰まったら思い切って手番をパスするのも手です。
また、各社の変動幅はそれぞれ違います。
ダイヤ社の株は急速な上がりを見込めない一方、突然の下落の可能性も少ない安定型の株です。
これが長期保有を視野に入れ、ロー→ミドル→ハイ、とじっくり育てる株である一方、クラブ社の株などは常に乱高下し、一挙大儲けの匂いがぷんぷんする反面常に暴落や倒産の危険が付き纏ういわくつき物件です。
手札との相談にもなりますが、各社の特性を上手く見極め、利用しましょう。

また他のプレーヤーの動向も重要な情報源です。
誰かが先陣を切って、とある株を買ったとしましょう。
その株はそのプレーヤーにとって今後値上がりする見通しがついている(都合の良いカードを持っている)のだろうと予測され、こぞって皆がその会社の株を買おうとする事もよくあります。
こうなるとみんなその株の値を上げたいのでいずれ本当に上がるのです。少なくとも下がりはしないでしょう。
売り抜けのタイミングさえ間違えなければ、当面は安定した株であると言えます。
その代わり他のプレーヤーも儲ける為、あまり美味しい株ではなくなってしまいました。
素早く売り抜け暴落させるという手段も視野に入れなければなりません。
この駆け引きのさじ加減はプレーヤーの腕の見せ所ですね。

ちなみに先日は3人で遊びましたが、4~5人が適正人数かも知れないと感じました。
3人だと取引の自由度が高すぎて、あまり他人の妨害ができずカード運に頼るところが大きい印象でしたので。逆に6人だと待っている時間が長すぎる気がします。
それでも十分楽しめましたし、株ゲームの雰囲気もバッチリ出ていますよ。
もっともプレーヤーの実力が上がれば、妨害も上手くできるようになってプレイ時間も短縮されるのかな、という気もします。
それだけにやり込んでみたい、という思いも強く湧いてくるゲームです。

若干計算が面倒なのですが計算機を用意しておいたのでこの問題もクリアー。
ひとつだけ心配なのは人によって好みが真っ二つに割れそうだなぁという印象を受けたことです。
実際株ゲーム未経験だとかなりとっつきづらいところがあるかも。
その上、初めて遊ぶプレーヤーは勝ちにくいという点が挙げられますので、インスト時は説明はそこそこに実際数ラウンド遊んでみて、コツがつかめたら本番へ・・・という流れにすべきゲームなのかも知れませんね。


しかし、トランプでよくもまあここまで株ゲームの面白さを引き出せるものだと深く感心させられました。
流石はシド・サクソンですね。
アクワイアとはそれほど似ていないかも知れませんが、遊んでいて同じ雰囲気を感じる瞬間があります。
デザイナーが同じ人なのですから当然といえば当然なのかも知れません。
というわけでまだ遊んでいない方、特にサクソンファンからのリクエストお待ちしておりますよー^^
虎視眈々と昇格を狙う
【キングオーキングス】
キングオーキングス
全く聞いた事も見た事もないゲームでしたがファ熊さんの「秋葉原で100円で買った」という響きに惹かれ遊んでみました。
ルール解説書を読んでみたところ、どうも【チャイニーズチェッカー】に似た感じ。
ただし相手の駒を飛び越して捕獲するのではなく、重なる事で自分の駒のレベルを上げるというものです。
駒の重ね方は【海賊組合】に似ています。
自分の駒同士を重ねる事はできません。
重なった2つの駒は上にある駒(重ねた駒)の色の属性になります。

4人がそれぞれ1色を受け持ち、自分の駒12個を自陣12マスにひとつずつ並べます。
駒はゲームを通して例外なく斜めにしか進めません。
1手番にひと駒ずつ動かし(斜めに一歩)中央のステージへと駒を進めます。
そのまま進んで敵陣に入る事はできません。その代わり、ステージ上の敵駒の上には自分の駒を重ねる事ができます。自陣は安全地帯、ステージは戦場というわけです。
重なった2つの駒は「プリンス」となり、斜めに2歩進めるようになります。

さらに「プリンス」の上に駒を重ねるか、「プリンス」が他の駒の上に重なるかして3段になった場合、
その駒は「キング」となり、盤上から取り除かれ「キング」を作った人の得点になります。
「キング」をより多く作ったプレーヤーが勝ちとなります。
獅子王の逆でそれこそ全くテーマの無いゲームです。
(ちなみに「プリンス」と「プリンス」を重ね4段にする事はできません!)

ファ熊さんが「2人でもできるかな」と言うので、まあいつも通りルールをでっちあげ、2人で遊んでみました。
赤青と緑黄をそれぞれが担当して手番を交互に。
2人だと序盤は例えば、黄色をわざと赤に重ねさせて次に自分の手番で青を重ねる、といったような手番順を利用した得点がありましたが、それもちょっと考えれば見えるスジなので微妙なプレイ感でした。
やはりこれは4人ゲームでしょうねえ。
4人ならわざと自駒を死地にさらす作戦すら取れそうです。
もし下家がこれに重ねたら、その次のプレーヤーがそこに重ねキングを作ってしまうような場所にわざと駒を進めるわけです。
問題は世の中には面白い4人ゲームが星の数ほどあり、4人集まってゲームで遊ぶ、という機会にわざわざこれを出す機会が今後あるのか、ということですが・・・。

ゲーム合宿でも開いてみて、遊びに遊んで消耗しきってさて寝るかというタイミングでサッと出し、「遊びながら寝る」というくらいのポジショニングだと思われます、このゲーム。
(実際そういうタイミングで出てきました。)
しかし、どこで売っているのかなぁ。気になります。
100円で売っているなら絶対「買い」なゲームですよ。

タイで人気のカシノゲーム。黒蛙を狙え!
【コップダム・コップデム】
コップダム・コップデン
先日の例会でゲーム研究家のファ熊さんに教わりました。
タイでメジャーなカシノ系トランプで「黒蛙赤蛙」という意味だそうです。
2~3人で遊ぶと教わりましたが今後改変して4人でも遊べるようにならないかなーと考えています。

使用するカードはA・K・Q・J・10・9・5の各スート28枚。
3人で遊ぶ場合のルールをご紹介します。

まず適当に親を決めます。
そして親がカードを開面(のぞみ)し、割った山の一番下に見えるカードを親の左隣のプレーヤーだけが確認します。反時計回りにゲームは進むのでこのプレーヤーは1番最後に手番が回ってくるプレーヤーです。
このカードの事を「ダ」といいます。
親は「ダ」が一番下になるように開面したカードを入れ替えます(花札ののぞみ、トランプのカットと一緒です)
そして、山の上から反時計回りに手札4枚、場札4枚になるよう適当に配ってください。

カードプレイは親からスタートします。
場札と同ランクの手札を花札の様にペシっと叩き付け、さらに山札の1番上のカードをめくり、場札に同ランクのカードがあればそれを取ります。1手番最高4枚のカードを手に入れることができますね。
ただしAは9、9はAでしか取る事ができません。

取ったカードは表向きにして自分の前に点数ごとにわかりやすく並べて置きます。

カードの点数は以下
黒(スペード・クラブ)
 A・K・Q・J・10・・・・・20点
 9・5・・・・・・10点
赤(ハート・ダイヤ)
 全て0点

赤いカードは点数にならないので全てまとめてひとくくりにしておいて下さい。
重要なのは黒なのです^^ 

手札がなくなるまでこれを繰り返します。
手札と山札は同時になくなります。最後の山札は「ダ」ですので確認してください。

点数計算
■3人の場合基準点は80点です。
 80点以上取ったプレーヤーは全員1役もらえます。
 3人ともが80点ずつという事もありえますよ^^
■点数が120点を超える場合「テエ」というボーナスでもう一役つきます。

■「ダ」プレーヤーには特典があります。
最初に確認した「ダ」カードが黒カードか赤のAであった場合無条件で1役もらえます。

■黒のKで黒のKを取ったプレーヤーには1役つきます。
「取る」事が条件ですのでKを全て持っていても赤Kで黒Kを取っている場合には役になりません。
プレー中に確認(成功した場合は宣言も)してください^^

■黒のAを2枚とも持っていたプレーヤーは1役もらえます。

その他
■手札が配られた状態で、もし同じランクのカードが3枚以上あった場合、「ドーン」といって即上がりです。1役になります。
もし、4枚全て同ランクだった場合2役もらえます。
この場合、「ダ」は有効です。「ダ」カードが役札だった場合(黒か赤A)「ダ」プレーヤーも1役もらえます。

■ 最初にオープンした場札に同じランクのカードが3枚出ていた場合、親はそのうち2枚を選んで自分の物にできます。
ただしA・9は例外です。

★最終的な役をそれぞれ比べあい、役の差分だけチップをやりとりします。
例えばAさん3役 Bさん1役 Cさん0役だった場合、CさんはAさんに3チップとBさんに1チップ支払い、BさんはAさんに2チップ、支払います。

親を反時計回りに交代していき、適当なところで終わらせます(笑)。
典型的なギャンブルゲームです。
花札よりもシンプルで簡単ですが運要素も強く、花札を覚える前の準備ステップとしても良いかも知れません。
個人的にはこのシンプルさが凄く気にいっており、一度始めるとなかなか止められないんじゃないかと
躊躇してしまうゲームです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。