上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも、ノート・ラです。

先日、第2回オーヘル・ウィザード大会が行われたのでその活動報告です。

開催日時: 09年4月11日(土)14時~16時頃
開催場所: ノート・ラ家
参加者(敬称略・順不同)「考える猫」、kubota、クロノス、さくや、ジャンク、ファ熊、まっちゃん、むらた、やういち、ヤンファー(計10名)
ウィザード
↑大会風景^^↓
ウィザード

2ndシーズン第3戦はオーヘル・ウィザード大会です。
集まった人数によってオーヘルかウィザードのいずれかないし両方で遊ぶのですが、今回は10名の参加でしたので、5人×2卓に分かれウィザードをする事にしました。
前回はオーヘルのみの大会になったので丁度良いですね^^
ちなみに前回の優勝者はまっちゃんさん。
果たして思宴会初の2連覇は成るでしょうか?気になるところです。

まずはいつもの卓分けからスタート。
今回は1回きりの勝負ですので、隣の卓のプレーヤーとは直接戦うことができません。
総合順位は獲得点数によって決まるので卓内で叩き合うより、できるだけ協力しあって点数を高めていく方が勝利への近道になると思います。
(もちろん優勝する為にはどこかで叩き合わなければならないのですが(^^;)
その為、卓分け席順も重要なファクターとなりそうです。
こんな感じになりましたよ~↓

Aテーブル
1、やういち
2、ジャンク
3、ヤンファー
4、kubota
5、クロノス

Bテーブル
6、ファ熊
7、まっちゃん
8、むらた
9、「考える猫」
10、さくや

席順は番号の若い順から時計回りです。

今回私は観戦に回ることにしました。
前回のオーヘル大会も観戦に徹したのですが、オーヘル・ウィザードは観ているだけでも結構楽しめるゲームですね。
それでは簡単な参加プレーヤー紹介を。

■1、やういち
以前、一緒にオーヘルを遊んだ時ぶっちぎりで1位だったので強いなぁと思っていたのですが、その後の大会ではボロボロになってました。
好不調の波が激しいようです。
良い方に傾けばそのまま優勝もありそう。

■2、ジャンク
数日前の練習でも勝っており、トリックのみならずゲーム全般に強いので優勝候補の1人。
戦型は着実にリードを作り、そのままリスクを避けつつリードを保って勝つ先行逃げ切り。
スタートで叩かないと手が付けられなくなります。

■3、ヤンファー
そろそろタイトルを取るんじゃないかと見ているのですが、あんまり欲がないというか無理に上を目指さないので、今回も優勝というより無難に3~4位につけるんじゃないかな~
何回勝つかぴったりビッドするオークションは苦手、とは本人談。

■4、kubota
正直あまりゲームでご一緒する機会がなかったのでわかりませんが、ブリッジも嗜まれておりますし、ゲームキャリアは文句なしのトップですから優勝の可能性も大きいのではないかと。
初参加で優勝杯をさらっていくのでしょうか。楽しみです^^
他プレーヤーに関する情報がほとんどないのはちょっと不利に働くかもしれませんね。

■5、クロノス
こちらもトリックテイキングの猛者。優勝候補の一人です。
ジャンクさんを大分警戒しているようですが、同テーブルになりました。
今シーズンのランキングはまだ下位につけていますが、そんなおとなしい人ではないはずなのでそろそろ浮上してくるのではないでしょうか^^

■6、ファ熊
500もスカートも結局手札の運だよね!と豪語するゲームサークル「悪の巣窟」主催者ファ熊氏。
ウィザードはさらに運要素強いですよ(^^;申し訳ない。
今回は天敵?まっちゃんさんと隣り合わせてしまいましたが、果たして吉と出るか凶と出るか。

■7、まっちゃん
第1回大会では見事優勝しており、2連覇に大きな期待がかかっている悪の総帥まっちゃん氏。
某サークルのウィザード大会でも優勝の経験があるようです!
今大会ではどんな奇策を用意しているのでしょうか。
現在むらたさん、流さんと並んでランキング首位。

■8、むらた
先月の500大会では初参加で鮮やかに優勝を決めたむらた氏には2ヶ月連続優勝の期待がかかります。
トリックに強い方ですので十分あり得るでしょう。
大きくブレる事無く、着実に加点していく安定感が持ち味。
優勝候補の1人であると共に今期ランキングレースを制する可能性をも秘めており、非常に楽しみです。

■9、「考える猫」
大幅に遅刻し、あわや参加取り消しになるところでしたが、すでに始まっているゲームを力技で最初からやり直させるという特殊能力を使いました猫嬢。
「悪の巣窟」影の支配者です。
こういう人がちゃっかり優勝したりする事はよくありますので油断なりません。

■10、さくや
思宴会きってのナポレオン使いであるさくや嬢にも今大会優勝の期待がかかります。
ただ何と言いますか、同卓のメンツに悪の巣窟構成員が揃ってしまっているので・・・・大丈夫でしょうかね(^^;
健闘を祈ります!


以上です。
上にも書きましたが個々人の戦いだけでなく、隣卓との戦いもあるのでA,B両テーブルがそれぞれ協調路線を取るか、個人主義を貫くのかにも注目です。
また、ディーラーは全員のビッドを見てから最後にビッドする事ができますが、ディーラー自身が単独トップである場合、帳尻を合わせる協調ビッドは禁止としました。
例えば5thディールでディーラーの前に他プレーヤーが合計で5トリックのビッドをしている場合、ディーラーは0ビッドはできません。
この場合どんなにハンドが弱くても1以上のビッドをしなければならないのです。
このルールで暫定トップはちょっとだけ不利になり、逆転の要素がいくらか増しています。


以下はノート・ラ視点での観戦記です。
最初はBテーブルに常駐しました。
考える猫さんが遅刻し、代わりのプレーヤーとして参加していたからです。
ところが2ディールまで終えたところで「ど~も~」と猫さんが意外に早く到着。
仕切り直す事になりました。

ウィザードの1stディールはハンドがたったの1枚です。
ハンド1枚ディールなんて所詮は運なので、なんなら省略しても良いくらいに思えますが、この大会においてはとりあえず全員で20~30点を確保して「ヨカッタね~^^」と笑いあい、卓の結束を高めて次に進む為の儀式なのです。
ここで1人だけ失敗すると今後の協調路線にヒビが入りかねません。
(失敗してしまうのはほぼ運ですが、その運をどう乗り越えるかは失敗してしまったプレーヤーにゆだねられます。)
そんな中、Bテーブルではディーラーのファ熊さんが1人失敗してしまいました。
(切札でないAで0トリックを宣言し勝ってしまったという不幸だけどよくある結果でした(^^;)
一気に不穏な空気が流れます。

しかし2nd~4thまでは全員が達成するという協調路線を敷くB卓。
みんなで頑張ろうぜ!といった青春ドラマのようなさわやかなムードもちょっとだけ漂います。
なかなかやりますな。
5thでファ熊さんが-10、6thで猫さんが-10となりますが、控えめビッドのむらたさんとの点差はわずかに10~20点。
その前方をまっちゃんさん、さくやさんが30点程度の差をつけて走っている状況です。
まだ中盤ですし30点のリードなんてあって無い様なものです。
失敗の回数が少なく、失敗の度合いも小さいのでまずまず全体として上手く回っているという印象でした。
まっちゃんさんが「ウィザードってこんなゲームなのかなぁ。もっと人の邪魔をするゲームだと思うんだけどな~。」とつまらなそう~な顔でつぶやいていたのが気にはなりましたが(笑)。
ここのメンバーが青春ドラマのキャストにおさまり満足するプレーヤーたちかどうか・・・問題はそこです。
ここで私はAテーブルに移動します。

Aテーブルは進行が早く(Bテーブルは一回仕切り直ししているので)私が入った時にはすでに8thディールでした。
とりあえずここまでの推移を点数表を見てチェック。
1stはジャンクさんが落としてしまったようです。
2ndでヤンファーが失敗。3rdと4thはやういちさんとkubotaさんが失敗。
5thもkubotaさんが失敗。6,7thはジャンクさんが連続で失敗・・・・と。

荒れてる!この卓は確実に荒れてる!

見ている方としてはこっちの方が面白いのですけどね~^^
5thディールまでのテーブルごとの平均点は
A卓 15.6
B卓 22.8

トップの点数はともに150点でしたからその差は歴然です。

8thでもジャンクさんとkubotaさんが失敗。
全員で仲良く達成とはどうにもいかないようです。
良く見るとクロノスさんがここまでノーミスで2位に100点差をつけぶっちぎりの1位。
9thで初めて失敗し-10となりましたが2位のヤンファーにまだ50点差があり、残りは3ディール。
10thディールはクロノスさんが単独トップのディーラー(協調ビッドができない)なので、蹴落とすのならここです。
しかし、クロノスさんはここも見事に切り抜け+40点。
2位のヤンファーも60点を取る猛追を見せその差わずかに30点です。

点数がそのまま総合順位に影響するので1位になる可能性が消えても10点でも多く取っておいた方が良いです。
11thはやういちさん50点、ヤンファーも50点と寄せますが、トップのクロノスさんも負けじと50点を確保。
ジャンクさんはミゼールを達成し20点を取りましたが、それまでの5連続ミスが痛かった。
12th(最終ディール)はノートランプ勝負です。
ここまでの点数は
クロノス 340
ヤンファー  310
やういち   210
kubota   130
ジャンク    80

トップの座は上位2人に絞られていますが、ここでヤンファーは手札に恵まれず仕方なくミゼールビッド。
クロノスさんがどんな形であれ達成すれば単独1位が決定します。
結局やういちさん60点、ジャンクさん50点、kubotaさん50点ときっちり加点して、ヤンファーが取りたくない1トリックを取らされ、クロノスさんも無難に30点獲得。
これでAテーブルの順位が決まりました。
 
さてさてBテーブルはどうなったかな~と戻ってみると、順調に滑り出していたはずの協調路線はもろくも崩壊しており、特にファ熊さんがまっちゃんさんに敵意をむき出しにしていました(笑)。
まっちゃんさんに数回ハメられたそうです。
案の定の展開ですな。
まあいつかはそうなりますよ(^^;ゲームだから。
6thで猫さん、7thでファ熊さんと猫さん、8thでまっちゃんさん、9thでファ熊さん、10thで猫さんがそれぞれ-10点の苦汁をなめており、かつて確かに存在していたはずの協調ビッドで全員達成という楽園は跡形も無くなっていたのでした(ちょっと席を外した隙に!)。

悪の巣窟構成員達が見苦しい争いを繰り広げている間も我関せずと着実に加点していったのがむらたさんとさくやさん。
流石ですな~^^
残り2ディールで点差はこんな感じ。
さくや 310
まっちゃん 280
むらた  260
考える猫 180
ファ熊  170


むらたさんがノーミスなのにこの点数なのはミゼールが多い為です。
これは私と同じでオーヘル病というやつですな。
達成に重きを置くオーヘルとできるだけ勝たなければならないウィザードの違いは結構大きいんですよね(><)
まっちゃんさんは仕掛けのタイミングがちょっと早かったかも??
その後狙われてしまい、さくやさんと点差がついてしまいました。
しかし、全体的に点数が高く、このまま加点していけば全員が上位に入れそうな感じです。
もちろんプレーヤーたちは隣のテーブルの結果を一切知らないので、このままで隣卓に勝てるのか?と結構不安そう。
そんな不安もあってか11thディールは荒れました。
逆転を狙って大きくビッドしたまっちゃんさんですが痛恨の-20点、しかもトップだったさくやさんも-10点で2トリックビッドを地道に達成したむらたさんが1位のさくやさんと並びます。

もう誰が勝ってもおかしくないファイナルディール。
ノートランプなのでハンドに恵まれれば超高得点だってあり得ます。
まっちゃんさんはここでも強気な4トリックビッド。
この人はどこまでも1位しか見てません。ステキです^^
しかし、今回は強攻策が裏目に出てしまったか-10点。
最下位だった猫さんが50点獲得、4位のファ熊さんも40点とって仲良く並びます。
首位さくやさんは痛恨の-10ミス。
トリックを取りすぎてしまいましたね~。
どうやらビッドの段階で失敗をしてしまったらしいです。
そしてむらたさんは着実に1トリックビッドを達成し30点。1位確定です。
オーヘルスタイルでも勝てるんだなぁ~(^^;
ノーミスというのがスゴイです。。。

というわけで全試合が終了しました。
第2回オーヘル・ウィザード大会は、前回のオーヘルに続いて初のウィザード大会でしたがこの激闘を見事制し、栄冠に輝いたのはクロノスさんでした!
おめでとうございます~パチパチパチ^^

上位5位までの推移表と順位表をどうぞ~^^

5th時点での上位5位
1位 クロノス 150 A
    さくや  150 B
3位 考える猫 140 B
4位 まっちゃん 120 B
    ジャンク  120 A

8th時点での上位5位
1位 クロノス 260 A
2位 さくや  230 B
3位 むらた  190 B
   まっちゃん190 B
5位 ヤンファー160 A
   考える猫 160 B

10th時点での上位5位
1位 さくや  310 B
2位 クロノス 290 A
3位 まっちゃん280 B
4位 むらた  260 B 
   ヤンファー260 A

11th時点での上位5位
1位 クロノス 340 A
2位 ヤンファ-310 A
3位 むらた  300 B
    さくや  300 B
5位 まっちゃん260 B 

優勝 クロノス 370 (11/12 91・7%)
2位 むらた  330 (12/12 100%)
3位 ヤンファー 300(10/12 83.3%) 
4位 さくや  290 (10/12 83・3%)
5位 やういち 270 (9/12 75.0%)
6位 考える猫 260 (9/12 75.0%)
    ファ熊  260  (8/12 66.7%)
8位 まっちゃん 250 (9/12 75.0%)
9位 kubota  180 (7/12 58・3%)
10位 ジャンク 130 (6/12 50.0%)


「勝因はハンドに恵まれた事と1番の強敵と目していたジャンクさんのハンドが悪すぎた事」と語るクロノス氏。
なんかカッコイイ!!今度真似しよう。でもその前に優勝しないとなぁ(^^;
これで前シーズンのラミー大会に続く2タイトル目獲得。
今シーズンはどんどん勝って記録を打ち立ててほしいです。
むらたさんは脅威の達成率100%でしたがクロノスさんに1歩及ばず残念。
でもむらたさんのプレイは、ウィザードを勝ち抜くための基本路線を確立したんじゃないかと思います。
つまり、まずは自分の達成を第一に考える為場に協調し、それだけでは足りないのでどこかで1、2度だけ大きく勝負をする、と。
大きく勝負をするのはウィザードが沢山ハンドに来た時かな(^^;
でもまずはとにかくコントラクトを落とさない事。これに尽きますね。勉強になりました。
ヤンファーはまたも上位につけ無冠の女帝の名に箔をつけましたな。
もう、いっそこのまま突き進んでほしいです(^^;
今回は結構楽しそうにしていたので、総合順位よりもコントラクトを落とさずある程度達成し続けた満足感が大きかったのかな。
さくやさんは最後の2ディールが惜しかったですねー。
ビッド数を既に勝っているのにハンドにまだウィザードがあったので隣で見ていてこっちもハラハラしました^^
そこまでの10ディールはほぼ完璧だっただけに惜しいです!次回は優勝を狙って下さい!
やういちさんは飛ぶか転ぶか注目していたのですが、とりあえず転ばなくてよかったですよね^^
間違ったプレイはしていないのにヤンファーに「何でそれを勝っちゃうの!」といちゃもんつけられたりしてましたが、表情がキリッとしていつになく安心感がありました。
今後もこのペースでいければランキングレースでもかなり良い結果が出せるんじゃないですかね^^
ファ熊さんと考える猫さんは同点だったので、達成率で差をつけようかと思いましたが事前に話してなかったので同点6位です。
ポイントは4.5点ずつとなります。
今後の大会で白黒はっきりさせてください。
あと猫さんはもう少し早く来てください(笑)。
まっちゃんさんは今日は厄日かな。
途中までは優勝さえ見えていたのですが結果が8位とはわからないものです。
隣の卓を気にしすぎてしまったのでしょうか、最後の2ディールのビッドは強気すぎた感はあります。
でもそのうちどっちかを達成していれば上位でしたし、両方ないし、達成したあとスモールビッドの達成で優勝もあり得ましたから勝負手としてはよかったんじゃないかと思います。
結果は伴いませんでしたが、見ていてオモシロかったです^^勝負師ですな。
kubotaさんには色々と不利な条件があり、力を出し切れなかったのではないかと思います。
今後も機会があれば是非参加して頂きたいと思ってますのでどうぞよろしくです。
全然関係ないですけどお煎餅ご馳走様でした^^
ジャンクさんが10位になるとは思いませんでしたが、まあそういう事があるからオモシロいと割り切って次回からまたスーパープレーを魅せて下さい^^
注目されると勝ちにくくなるのも宿命かも知れませんね。

こちらは得点表
Aテーブル
やういち 20+20-10-10+20+20+50+40-10+20+50+60=270
ジャンク -10+20+20+40+50-10-10-10-10-20+20+50=130
ヤンファー20-10+20+20+20+20+30+40+40+60+50-10=300
kubota 20+30-10-10-10+30+20-10+30+50-10+50=180
クロノス 20+30+30+30+40+30+40+40-10+40+50+30=370

Bテーブル
ファ熊  -10+20+30+30-10+40-10+40-10+50+50+40=260
まっちゃん 20+20+20+20+40+40+40-10+30+60-20-10=250
むらた  20+20+20+20+20+20+30+40+50+20+40+30=330
考える猫 20+30+30+30+30-10-10+40+30-10+30+50=260
さくや   20+30+30+40+30+
20+30+30+50+30-10-10=290
お疲れ様でした~^^
碁に「相手にも取らせよ」という格言めいた言葉がありますが、ウィザードにも似たような事が言えそうです。(そんな事ない?)
交渉ゲームでもそうですが、自分だけ得を計ろうとしても上手くいかないものです。
上手くwin‐winの関係を作り、勝負どころを見極め一歩先行く視点が大事なのかも知れませんね。
私も大変勉強になりましたし何より観戦が楽しかったです。
次回以降も宜しくどうぞ^^

さてさて、気になるランキングどのように推移しているでしょうか?
こちらをどうぞ
【思宴会ランキング2nd】  









どうも、ノート・ラです。

先日、第2回ファイブハンドレッド大会が行われたのでその活動報告です。

開催日時 : 09年3月14日(土)14時30分~17時
開催場所 : ノート・ラ家
参加者(敬称略・順不同)「考える猫」、さくや、ジャンク、流、ファ熊、まっちゃん、むらた、ヤンファー、ノート・ラ(計9名)
ファイブハンドレッド

2ndシーズンの第2戦です。
また前回チャンプの初防衛戦という事にもなります。
第1回ファイブハンドレッド大会は、8人参加だったので完全ペア戦で優勝はたたみいわし・流ペアでした。
今回は9人参加の個人戦(3人卓×3つを4回戦)ですが、流さんが出場し思宴会史上初の2連覇を目指します。
それほど特殊なルールは取り入れてないと思いますが、思宴会ルールではミゼール250点は8と8の間のコントラクトという事になっていて、ミゼールビッドの制約は特にありません。
オープンミゼールと10NTは520点で同位コントラクト。
パスアウトは1トリック10点のNTゲームで、オープニングリードはディーラーです。

今回は時間の関係上止む無く1ゲーム30分制にしたのですが、このレギュレーションは大きくゲームの性質を変えました。
また順位点が同点の場合は直接対決の結果を参照します。
今回に限った事ではないですが、優勝するにはこれら大会規則をも味方につけなければなりません。

いつも通り、カードでテーブルと組み合わせを決めます。

1、むらた
2、ファ熊
3、ノート・ラ
4、まっちゃん
5、考える猫
6、さくや
7、ヤンファー
8、ジャンク
9、流
各自がそれぞれ全員と1回ずつ当たるようになっていますが、その組み合わせは全てこのカードドローで決まります。

次にプレーヤーの簡単なご紹介です^^
■1.むらた(500歴:??)
トランプ、特にトリック系に強く、【ピッチ】や【エカルテ】のような比較的運要素強めなものを好む(本人談)。
とは言うモノのかなりの使い手と見ています。
これまで私との対戦経験はないのですが、某ブラックレディー大会で準優勝されていたのを目撃しています。

■2.ファ熊(500歴:少々)
最近、トリック系では勝てる気がしないよ、と大会前にこぼしていたのは前日一睡もしてない体力的な不安もあってのことでしょうか。
持ち前の粘り強さと読みの深さに期待がかかります。

■3.ノート・ラ(500歴:それなり)
ノート・ラという名前はこのゲームの別名【ノートラ】から取りました。それだけにこの大会だけは負けるわけにはいかん!という強い気概を持って臨んでいます。
若干力が入り過ぎなのとそれほど強くないのが問題点(^^;)

■4.まっちゃん(500歴:少々)
オーヘル大会優勝の実績からみても上位進出の可能性が非常に高い好プレーヤー。
相手を煙に巻くトリッキーなプレイを得意としていますが、時折自分を煙に巻いています。

■5.考える猫(500歴:少々)
最近昇り調子の猫嬢。
スカートをマスターしたことを考えても今回は十分優勝を狙えるのではないでしょうか。
わからないな~と言いつつ結構わかっている事が多いので油断なりません^^

■6.さくや(500歴:初めて)
今日が500デビュー戦とは言え、ナポ姫ことさくや嬢はカードプレイも上手く油断ならない存在です。
ただ経験不足の為適正ビッドの見分けは難しいのかも。
他に初プレイプレーヤーがいないのも苦しいところ。何とか上位に食い込みたいですね。

■7.ヤンファー(500歴:それなり)
とぼけた顔してこの人のカードプレイは全て計算尽くですのでご注意を。
優勝候補の1人です。ただし、ビッドがあまり上手くないという弱点もあり。
統計を見る限りまっちゃんさんとの対戦成績悪し、流さんとの対戦成績非常に良し。

■8.ジャンク(500歴:それなり)
こちらも優勝候補。
Mrミゼールの異名を持ち(誰も呼んでませんけど)、先行逃げ切りを得意としています。
この人を前に出させると厄介です。
私はよく負かされています(^^;)

■9.流(500歴:少々)
前回の覇者ですが前回大会以降1回も500を遊んでいないらしいです(^^;)
実力は十分ですので、是非史上初の2連覇を成し遂げてほしいところ。
天敵の女帝を上手くかわせるかが鍵?

30分ほどの練習を終え、いよいよ本番の始まり始まり。
まずは1回戦の模様をお伝えします。


1回戦
Aテーブル
1位 むらた ②6down ④ミゼール 計270
2位 ファ熊 ①6            計240
3位 ノート・ラ ⑤ミゼールdown ⑥7down ⑦6down 計-390
*3rdはパスアウト
練習中から弱気だったファ熊さんが1stディールから一変、いきなり6を決めました。
弱気な人はこういう立ち上がりをまずしません。やられた~(><)さすが勝負師。
その後は4thのむらたさんのミゼール達成に焦って私が自滅していくというパターン。
時間制だと先行逃げ切りは有利かも。。。。

Bテーブル
1位 さくや    計90
2位 考える猫 ②6down 計-60
3位 まっちゃん ①7down ③7NTdown  計-320
なんとわずか3ディールで時間切れとは・・。しかもオールダウン(私は人の事言えませんが)。
初戦のリズムの掴み方の難しさと時間に追われるレギュレーションの特徴を象徴するかのようなテーブルでした。
ともあれ初プレイのさくやさんは初戦を1位抜け。
まっちゃんさんは両手に花で浮かれてしまったか。

Cテーブル
1位 ヤンファー ⑤6 ⑥7NT 計360
2位 ジャンク  ②6NT         計230
3位 流     ①6       計210
*3rd、4thはパスアウト
「あそこに入らなくて良かった」と誰もが胸をなでおろした優勝候補がひしめき合う死のテーブル。
初戦だからと言ってダウンして隙を見せるようなことは誰もしません。
引き際も良くわきまえていて全員降りるべきところは降りているのも流石。
時間に追われず、最後まで喰らいついたヤンファーがきっちり初戦を制しました。

何となくCテーブルの中から優勝者が出るんじゃないかな~なんて雰囲気が早くも出来上がっていたり。
私は初戦で3位になってしまい、かなり苦しい状況。
しかし大会はまだ始まったばかりです。


2回戦
Aテーブル
1位 まっちゃん ①6down ④7 ⑤6 ⑥6down ⑦8NT 計400
2位 むらた   ②ミゼール ③6 計340 
3位 ヤンファー 計80
多少無理筋でも強引に勝ちに行くまっちゃんさんの性格がモロに出ましたね。
カードゲームには運もつきものですから勢いでどうにかしようとするのは良い作戦だと思います(私はね)。
今回は結果も良かったようですしね。
むらたさんもヤンファーも冷静でしたが時間制に泣いた形かも知れません。

Bテーブル
1位 ジャンク ①6NT ②6 計250 
2位 考える猫 ③6 ④6 計160 
3位 ファ熊 ⑤6down 計-30
1回戦2位のジャンクさんが2回戦を1位通過し好調に走り出しました。
考える猫さんも2度の6ビッドを確実に決めて2位-2位と悪くない成績。
ファ熊さんは序盤好調だった1回戦を1位で通過できなかったのも響き、ちょっとだけ後退です。
カード運も悪かったのかも。

Cテーブル
1位 ノート・ラ ②6down ③6down ④6 ⑥7NT 計190
2位 流 計160
3位 さくや ①6down 計0 
*5thはパスアウト
さくや嬢が1stディールでダイヤのカード1枚をハートと見間違えて立つというハプニングがあり、メンズは大喜び^^
一方私は、序盤先行を狙うもとり憑かれたかのように「1個だけトリックが足らない症候群」から抜け出せず(><)
こういう時は力業でなんとかするしかありません。
他のプレーヤーに好ビッドを決められてしまうとそこで大勢が決してしまうからです。
とにかく小さいビッドでも細かく加点。流さんが慎重すぎるほど慎重なのが幸いしました。
さくや嬢曰く「流ちゃん、男らしくなーい!」。当の本人(流ちゃん)は何故かちょっと嬉しそう。
最後は7NTで何とか1位抜け。優勝争いに首の皮1枚つながった感じです。
さくやさんとも同点。流さんは一歩遅れた感じですね。


1位-1位で抜けたプレーヤーはいなかったので、この時点でのトップは1位-2位のむらたさんと2位-1位のジャンクさん。以下混戦です。
まだまだ勝負はこれからこれから^^



3回戦
Aテーブル
1位 考える猫 ④8 計350
2位 むらた ①7   計210
3位 流 計120
*2nd、3rdはパスアウト
ダイヤモンドの神に愛された女、猫嬢がビッグハンドを決めて1位通過!初タイトルが見えましたね^^
流さんは2戦連続のノービッド(ビッドはしているのかも知れませんが立てなかったという意味で)。
猫さんからも「男らしくナ~イ。」と罵られてました(笑)。
それでもただひたすら我が道をゆく孤高の漢・流氏は結局3位。脱落した感が否めません。
むらたさんは2位を守り、好位置につけます。ここまでほとんどノーミスなんですよね~。

Bテーブル
1位 ヤンファー ①6 ④6NT 計280
2位 ファ熊 ③6        計150
3位 さくや ⑤ミゼールdown         計-160
*2ndはパスアウト
ヤンファーとファ熊さんがともに6を決めて頭ひとつ抜け出したのですが、八十分流の使い手ヤンファーが立て続けに6NTを決めてリード。
NTの読みが強いのも八十分流の特徴です。
さくやさんは時間ギリギリのタイミングで逆転を狙うミゼールの妙手を放ちます。
成功すれば逆転1位抜けでしたので、タイミングとしては申し分なかったのですがハンドにもうひとつ味がほしかったですね。
それでも十分魅せる展開ではありました^^

Cテーブル
1位 ノート・ラ ①6down ②8NT 計320 
2位 まっちゃん ④8down         計-210
3位 ジャンク ③8down           計-230
4ディールの短い勝負ではありましたが、それぞれの思惑が交差した一戦だったと思います。
どうしても序盤先行が上手くいかず主導権が握れなかったのですが、とにかくできるだけがんがんビッドして流れを作らせないようにするしかないと思っていたところで好ハンドが転がってきました。
8NTを決めて大量リード。
時間が半分以上回っていましたが次のディールは勢いに乗ってミゼールをビッド。
達成すれば規定点の500を超えますので2人は当然これを上回るビッドをせざるを得ません。
結局ジャンクさんが8で立ちましたが勿論これは無理筋。
最後もまっちゃんさんが仕掛けてきましたがきっちりシノギました。
やはり大きく先行すると非常に有利だね~。
しかもトップだったジャンクさんが3位になったのも私にとっては大きかった。
初優勝が見えて参りました^^


泣いても笑っても最終戦です。
ここで恒例の「当日は誰も知らなかった途中結果」を発表したいところですが、今回は都合により省略します。
そのまま最終ラウンドの様子をどうぞ^^



4回戦
Aテーブル
1位 むらた ②ミゼール ⑤ミゼール 計540
2位 ジャンク ④ミゼール        計330
3位 さくや ③7down 計-150
*1stはパスアウト
むらたさんがMrミゼールのお株を奪う速攻ミゼールで先制。
初プレイのさくやさんも、大分流れを掴んできたようで大きく立ち勝負に出ましたが惜しくも失敗。
その後は流石ジャンクさん負けじとミゼールをお返し。首位に立ちます。
しかしここからが凄かった。
次ディールではむらたさんがまたもミゼールを決め、規定点の500を超えてゲームセット。
本格派の実力が存分に発揮された1戦でした^^

Bテーブル
1位 まっちゃん ①6 ④ミゼール 計320
2位 流 ③7             計210
3位 ファ熊 ②6           計110
ノーミスの好ゲームだったようです。
ファ熊さんは今大会を通じて幸運にもハートの女神に気に入られていたようで、4回戦でも見事にハートコントラクトを達成していましたが、他のディールで1トリックしか取れないようなハンドだったのは痛かったですね。逆にミゼール勝負を仕掛けても良かったのかも。
流さんは最後の最後で逆転され、「ミゼールビッドの上にミゼールはできないの?」とワケのわからない事を口走ってましたな。2連覇は夢と潰えました。
まっちゃんさんはハンドの良い時も悪い時も果敢に攻めて主導権を他に渡さないようにしているが印象的でした。私と良く似たプレイスタイルだな~と思ったのを覚えています。

Cテーブル
1位 ノート・ラ  計50
2位 ヤンファー ①ミゼールdown  ③6 計-120
3位 考える猫  ②8down ④8down 計-510
始まる前に各々のここまでの成績を確認したところ全員持ち点5の同点!
これはここで1位になった人が優勝だね~とニコニコしながらも、腹の内ではどうやってぶっちめてやろうか・・・と三者三様の思惑をめぐらせていたに違いありません。
猫さんは「アタシここまでほとんどビッドしないで~他の人が落ちてって~それで勝っちゃっただけでまぐれなの~」などと言ってましたが、今こうして記録を見ると普通にビッドしてしっかり達成してるし・・・てゆーか嘘じゃん(あれは一体何の策だったのだろう・・・。)。
肝心のゲームはまず1stでヤンファーが崩れました。
ヤンファーがこういう緊張感のあるゲームとまっちゃんさんに弱いというのは1stシ-ズンを通して立証済み。1回も優勝経験ないしね~むふふ、と他人の失敗を大喜びしていたところなんと2ndもヤンファーがミゼールビッド。
失敗するとそこでゲーム終了なんですけど・・・。その場合1位はどうなるんだ??などと考えていたら猫さんがこのミゼールを嫌いオーバーコールしました。でも失敗。
ヤンファーが粘ってきましたが、結局何もしなかった私が1位抜け!やった~(^0^)/

しかし、(私にとっての)最大のハプニングはこの後すぐに起こりました。
得点計算をしていくと私の他にもう一人持ち点6がいらっしゃるじゃないですか。
そうです。むらたさんはしっかり最終戦を勝ち抜き、脅威の達成率を引っ下げ私の横に並んでいたのです。
「え~と、この場合は直接対決の結果を採用だから・・・・」

この瞬間に第2回ファイブハンドレッド大会の優勝はむらたさんに決まりました!!おめでとうございます!!
冷静沈着な立ち回りで決めるところはしっかり決める堅実なプレイスタイルでがっちりとタイトルをモノにしました。初参加で初タイトルとは素晴らしい。
私の詰めの甘さもここに極まれり、といったところでしょうか。。。来シーズンには雪辱を果たしたいものです。。悔しい~(><)

順位表はこちらです。
優勝 むらた   6p
2位 ノート・ラ  6p
3位 まっちゃん 7p
4位 ヤンファー 7p
5位 ジャンク  8p 
6位 考える猫  8p
7位 流      9p
8位 ファ熊    10p
9位 さくや    10p

接戦でしたね~。
まっちゃんさんは果敢なビッドで強引に上位にねじ込んでいった感じでとても素晴らしいと思いました。
ハンド運に左右されずに闘うにはじっくりか強引かある程度はどちらか極端に行くべきですよね。
ヤンファーはまっちゃんさんと同点だったけどやっぱり負けてるんだね(^^;)相性ってあるよな~。オモシロい^^
ジャンクさんとは平日夜会でよく500を遊ぶ(そしてよく負かされる)因縁の仲ですが、3回戦では直接対決に勝てて嬉しいです。次はペア戦で勝負!
考える猫さんは4回戦で1位になっていれば優勝だったのですが何とも残念ですね。
次回リベンジして下さい!
流さんは2連覇ならず残念でしたが、前期三冠の実力を発揮して今期中に2連覇を達成してください。
残る2つは牌ゲームとドミノです。これ以上失冠しないで下さいね^^(←プレッシャー)
ファ熊さんは睡眠不足が祟ったのでしょうか奮いませんでしたが、決めるところはしっかり決めて良いゲームをしていたと思います。次回大会では私と初優勝を狙っていきましょう^^
さくやさんはやっぱり初プレイというのがツライとこでしたね。
それでもやっぱり勝負どころをついてくるセンスと眼力はスゴイと思いました。500はオモシロいゲームですので今後も是非お付き合い願います^^

というわけで第2回ファイブハンドレッド大会はむらたさんの優勝で幕を閉じました。
みなさん、お疲れさまでした~^^
初タイトルをすんでのところで逃し、私はもうガッカリです。。。(><)
ちなみに来月はオーヘル・ウィザード大会ということでトリックテイクが続くんですが、500よりさらに簡単なゲームですので皆さん是非ご参加下さいね。
前回の覇者はまっちゃんさんですね。思宴会初の連覇は成るでしょうか。
楽しみです。

それでは気になるランキング結果をどうぞ。
【思宴会ランキング2nd】
 
どうも、 ノート・ラです。

先日、第2回ポーカー大会が行われたのでその活動報告です。

開催日時 : 09年2月14日(土)14時45分~16時45分
開催場所 : ノート・ラ家
参加者(敬称略・順不同):「考える猫」、クロノス、さくや、流、まっちゃん、yauichi、ヤンファー(計7名)
テキサスホールデム   テキサスホールデム

今大会が2ndシーズン開幕戦となります。
またランキング1位の座をかけて激しい戦いが繰り広げられる事となりました。
第1戦はポーカー大会、種目は前回同様【テキサスホールデム】です。
【パイガオポーカー】や【ナパーム】、【セブンスタッド】なども候補に挙がりましたが、まだホールデムを遊んだ事がないという方もいらしたしたので決めました。
なんだかんだ面白いですしね。

プレーヤーは7人(私はディーラーという事で不参加)でしたので、1テーブルで2時間制のリミットゲーム(但しヘッズアップではノーリミット)にしました。
1-2-2-4から15分毎に2-4-4-8、3-6-6-12、4-8-8-16と上がっていくストラクチャー。
最後の15分は10-20-20-40としました。
序盤の勝負はチップの動く量を考えると勝敗に直接的な影響はなさそうに思えますが、レートが上がっていくと保有チップ量が精神的な支えそのものになってきますので、ゲームが進むにつれて少しずつでもその支えを増やしていきたいところです。
とは言えテーブル上のチップ総量は変わりませんので、誰かが勝てば誰かが落ち込むという非常にシビアな世界ですね。

まずはカードで席順を決めます。
私(ディーラー)の左隣から時計回りに
1、クロノス
2、さくや
3、ヤンファー
4、「考える猫」
5、流
6、まっちゃん
7、yauichi

ヘッズアップになればオールインレイズもできますが、トンだ場合その後しばらく見てるだけ状態になるのでそれなりにプレッシャーはかかりますね(^^;
チップ200持ちでゲームスタートです。

序盤から色々と見えてきます。
今回はディーラーという立場からじっくり勝負を観戦できたのでこれはこれで非常に面白かったですね^^
「考える猫」さんはホールデム初プレイという事でしたのもうちょっと色々教えたかったのですが時間の都合上ルールだけになりました。
そのせいか、今までに張ったチップが勿体無くてなかなかフォールドできず、最後までついていってショウダウンで大きく負けるという勿体無い病という流行り病にかかってしまったようです。
この気持ちはよくわかるんですよねー。
チェックしてベットされてコールという循環になり非常に苦しそうでした。

序盤好調だったのがクロノスさん。
AAを含む3勝で波に乗ります。あまりに片寄るのでディーラーとグルなのではないかという説も飛び出しましたが真相は未だに闇の中です(笑)。

しかしそんな中でもまっちゃんさん、yauichiさんはダメな時は即降りという非常にタイトなスタイルで手持ちのチップをしっかりキープ。
リミット制のポーカーではかなり強そうな賭け方です。
ただし度が過ぎると勝負に出た時に警戒されてしまい大きく勝ちづらくなるのが難点でしょうか。
特にyauichiベットには全員即降りという病原菌並みの避けられっぷり。
どこで勝負に出るかがポイントですね。

さくやさんは、降りるにしてもとにかくフロップは見てから、という賭け方。
バランスは良いような気がしましが勝てるハンドが来ないので、スーパータイト組と比べてチップの減りが早いです。
「あたしはただ次の3枚が見たいだけなんだよぅ~。」
「見るのにあと2チップかかります。」

ヤンファーは1度大きく勝ってからはハンドに関わらず全部同じ賭け方。
【手本引き】の時と一緒です(^^;
当然すぐに狙われあえなくトビ。最下位決定です。
ゲームが遅れていたので夕飯の支度が気になってしまったのかも知れません。

レートは徐々に上がり、すでにチップが少なくショウダウンにたどり着くまでに息切れしそうなプレーヤーもちらほら・・・
さくやさんがこれに負けたら一大事という背水の陣で見事に勝利をおさめ息を吹き返したものの、我慢の限界に達したのかアグレッシヴなベッティングに切り替えたまっちゃんもこれが裏目に出てトビ、序盤から突っ走った猫さんも途中で降りるときは降りる、と欲望を断ち切ってはいましたが挽回叶わずトビ。

残るは4人。
さくや vs yauichiで大きな勝負がありました。
今まで沈黙を保っていたyauichiさんが動き始めたのでこれは良いハンドなんだろうと思っていたのですが、蓋を開けてみればなんとブラフ。
しかもリバー(最後の1枚)がAだった事でブラフが見事2ペアに化けており、運よく勝利。
この1戦は2人の明暗を分けましたね。
さくやさんはもうチップが残っておらず、その後オールインの連続で粘りましたがトビ。

優勝はyauichi、流、クロノスの3氏に絞られました。
流さんは序盤からかなり巧妙な賭け方をしており、チップ量にもなかなかの蓄えがあります。
また他人のハンドを予測する力も長けており、流石に前期の三冠(非チャンプ)なだけの事はあります。
クロノスさんは序盤好ハンドで飛ばしましたが、その後めぐりが悪いようで
「ディーラーにさっきからサインを送ってるんだけど返事が来ないなぁ」等とマイペースを崩しませんがチップ量ではyauichiさんに後れを取っているので直接対決を制しない事には優勝の目はありません。
逆に言えば、yauichiさんはもう無理に勝負する必要がないわけです。


かくしてyauichiさんは貝になりました。
そりゃそうだよなぁ~
もう残り時間も少ないので10-20-20-40のハイレートでぐるぐる回します。
ほとんど勝負は成立せず、ブラインドべットだけが動いていきます。
ここで動いたのがクロノスさん。
yauichiさんが乗ってきたところ「ここしかない」というタイミングで刺しにいきましたが、わずかに届かず。yauichiさんは対さくや戦に続き際どい勝負を2度制したのが大きいですね。
ここが天王山となりました。

ここで手仕舞いかと思われましたが最後にクロノスvs流で大勝負の一番が。
フロップで8が2枚、ターンも8というボードでクロノスさんがベット。
クロノスさんの手に最後の8があればフォーオヴアカインドで間違いなく勝利。
対する流さんもついてきます。ブラフと見たのかな。
最後は両者オールインというすさまじい結末に。
クロノスさんのハンドはフルハウス。
ボードでスリーオヴアカインドができているのだからこれくらいは当然ですよね。
対する流さんは・・・・なんと8のフォーオヴアカインド!!
あんたが持ってたんかい~
勝負師流さんがクロノスさんのチップを全部受け取りゲーム終了です^^


世界をニ分した2人のチップを数えた結果、第2回ポーカー大会の優勝者はyauichiさんに決まりました。おめでとう~パチパチパチ。
ついに念願の初タイトルを手にしましたね。
おまけに思宴会ランキング暫定首位ですよ^^
今期は総合優勝も狙っちゃいますか~

2位以下の順位はこちら↓

優勝 yauichi  771
2位 流      629 
3位 クロノス    トビ
4位 さくや     トビ 
5位 「考える猫」  トビ
6位 まっちゃん  トビ 
7位 ヤンファー   トビ

流さんは最後の勝負がすごかったですね。今度は私も挑戦したいです。途中もうちょっと強気で行ってもヨカッタのかも知れませんね~。でも素晴らしい結果ですよね。
クロノスさんも惜しかったですね!勝負に行くタイミングと狙いどころが凄く良かったのですが後一歩届きませんでしたなぁ。序盤に私が積み込んであげたのをちゃんと活かさないと(笑)。
さくやさんはあのyauichiさんとの紙一重だった一戦にもし勝っていれば優勝もあったかも知れません。惜しかった(><)!
「考える猫」さんは初プレイにしては上出来の結果だったのではないでしょうか?もし気に入ったようならまた遊びましょう。チップとカードがあればいつでもできますしね。喫茶トランプで立てても良いかも。
まっちゃんさん、今日はカードのめぐりが悪かったかな。まだ2回目ですしまた是非遊びましょう。
3rdシーズンの第3回ポーカー大会までにみんなで練習しても良いかも知れませんしね。

今大会も皆様のおかげで盛会になりました。
ポーカーは見ているだけでも楽しめましたよ~
次回はトリックテイキングの大会ですが奮ってご参加ください^^
お疲れ様&ありがとうございました!

*)初回ではありますが、ランキングレースははじまっておりますので下のリンク先をご確認ください。
今期の予定
2月・第2回ポーカー大会
3月・第2回ファイブハンドレッド大会
4月・第2回オーへル・ウィザード大会
5月・第2回牌ゲーム大会
6月・第2回ドミノ大会
7月・第2回ギャンブルゲーム大会
8月・第2回カシノ大会
9月・第2回2人ゲーム大会
10月・第2回ラミー大会

【思宴会ランキング2nd】

どうも、ノート・ラです。

先日、第1回500ラミー大会が行われたのでその活動報告です。

開催日時 : 09年1月10日(土)14時30分~16時30分
開催場所 : ノート・ラ家
参加者(敬称略・順不同):考える猫、クロノス、ジャンク、流、ファ熊、まっちゃん、みんなの多摩川、ヤンファー、ノート・ラ(9名)
第1回500ラミー大会   500ラミー(ファイブハンドレッドラミー)   

今大会をもって1stシーズンが終了します。
計8回の大会と臨時大会1回(来シーズンから定例に昇格)の9大会の総合ランキングが算出され、栄えある第1期思宴会王者が誕生するわけです。
とは言ってもここまでの結果で総合優勝の目は暫定1位の流さんと暫定2位のヤンファーのいずれかに絞られておりますので、その他の参加者の方々はそれぞれ上位進出を狙う格好となっております。
そういった意味でも今大会の結果は注目に値するところですね。

そんな中行われるシーズン最後の大会はラミー大会です。
種目は【500ラミー】。
上がりにボーナスが無いという新感覚ラミーで、面白いというより摩訶不思議といった形容がマッチするゲームであります。最近はそんなゲームばっかり好んで遊んでいるような気もしますね(^^;
とにかくプレーヤー同士が牽制しあわないと、あっという間にキングメーカーが誕生してしまします。
初プレイの方もいらしたのでインスト後30分ほどの練習を挟んで、大会は開始されました。

まずはいつもの様にカードドローでプレーヤーNoを決めます。
4人だとハンド(配牌)や引き運の悪さでどうにもならない状況が生まれたり、待っている時間が長くてダレたりする事もあるゲームなのですが、今回は参加者が丁度9名でしたので、3人卓×3つ×4ラウンドの総当り戦を組む事ができました。

A みんなの多摩川
2 まっちゃん
3 ジャンク
4 流
5 クロノス
6 「考える猫」
7 ファ熊
8 ノート・ラ
9 ヤンファー

総当り戦とは言え、同卓するメンツの組み合わせと席順は全てこのNoが決まった瞬間に確定します。
すでに勝負は始まっているといって良いでしょう。
今シーズン最後の戦いですので各プレーヤーの状況、これまでの戦歴などを洗い直してみたいと思います。

A:みんなの多摩川(暫定14位)
過去の参加 1回 
総合ポイント 4p 
平均獲得p  4.0
2回目の参加ですので気構える事無くのびのびと楽しめそうですね^^
500ラミーは初プレイ

2:まっちゃん(暫定3位)
過去の参加 4回
総合ポイント 21p
平均獲得p  5.25
首位との差はありますが堂々の暫定3位です。
同じ国分寺組のファ熊さん、猫さんらが追ってきていますのでこのまま3位入賞を狙いたいとところ。

3:ジャンク(暫定9位)
過去の参加 2回
総合ポイント 12p
平均獲得p  6.0
2回しか出場しないとは言えすでに1タイトルを獲得。
今大会も優勝候補の1人ですね。
仮に優勝したとすれば総合5位圏内は堅いのではないでしょうか^^

4:流(暫定1位)
過去の参加 6回
総合ポイント 31p
平均獲得p  5.17
3大会連続優勝という離れ業をやってのけ今期優勝は間違いないと目されていたプレーヤーですが、種目によって大きく波がある事が発覚(笑)。
それでも優勝に最も近い男です。2位以上で総合優勝が確定します^^
4つ目のタイトルを獲って華々しいラストを飾りたいところですね。

5:クロノス(暫定12位)
過去の参加 2回
総合ポイント 9p
平均獲得p  4.5
新春ラミー大会と聞いて雀鬼クロノス氏が駆けつけてくれました。
(あまりの寒風に途中で帰ろうとしたらしいですが)。
到着時には凍えてテンションだだ落ちでしたが、間違いなく優勝候補筆頭です。

6:「考える猫」(暫定6位)
過去の参加 4回
総合ポイント 18p
平均獲得p  4.5
ここまで無冠ながらひたひたと着実に上位を追ってきた猫さんですが、今大会では初Vを狙い、同時に国分寺首位も獲得したいところですね。
今回猫さんをはじめ国分寺組は全員初プレイです。

7:ファ熊(暫定7位)
過去の参加 4回
総合ポイント 14p
平均獲得p  3.5
オーヘルの最下位が響いていますがそれ以外は上位につけているファ熊先生。
最近ファ熊さんの「後半の追い上げ力」には個人的に注目しています。
今大会では初Vを狙いたいところ。

8:ノート・ラ(暫定14位)
過去の参加 1回(前代表と合わせると6回)
総合ポイント 4p(前代表と合わせると23p)
平均獲得p  4.0(前代表と合わせると3.83) 
とにかく1回優勝したい・・・・。

9:ヤンファー(暫定2位)
過去の参加 6回
総合ポイント 30p
平均獲得p  5.0
無冠で平均獲得p5.0(6回中4回が準優勝)という良くわからない強さで現在2位。しかも首位と1点差。
流氏との直接対決を数度制しているだけあって逆転の可能性もあり。
ただ、問題は500ラミーが苦手ゲームだといういう事なのですが。。。


・・・・と、それぞれの思惑が交錯する新年ラミー大会。
今回は500点先取ではなく100点先取で、3卓中2卓が終わったら残りの3卓目はそのディールを以って終了というタブラネットの時と同じレギュレーションを用いました。
(これだと100ラミーですね^^)
この作用で大きくゲームの色が変わりますね。
そこを敏感に察知できた人が展開を有利なものにしていたような気がします。

さてさて泣いても笑っても今シーズン最後の1戦です。
それでは1回戦の模様をお伝え致します。


1回戦
Aテーブル
1位 ジャンク 53→200
2位 多摩川  8→116
3位 まっちゃん 62→79
なんと2ndディールではジャンクさんが147点を叩き出し1位通過。
絵札独り占め状態だったんでしょうねぇ。
国分寺組のお2人は30分ほど練習したとは言え、この日初プレイでしたから初戦は厳しかったのかな。

Bテーブル
1位 「考える猫」 36→76→135
2位 クロノス   -65→-2→42
3位 流      -67→-13→13
スコアから察するに、1stディールで天和レベルの早上がりがあったのでしょうね(^^;
優勝候補2人を蹴散らして猫さんが1位通過!お見事~
流さんは最悪のスタートを切ってしまいましたね。
クロノスさんに総合優勝阻止宣言されてましたし(笑)前途多難ですな。

Cテーブル
1位 ファ熊   30→84→136
2位 ノート・ラ  4→89→65
3位 ヤンファー 16→55→9
ファ熊さんがなんと驚異の「早上がり作戦」にでました。
メルドは出来次第オープンしている模様!
上がりボーナスの無いこのゲームでその作戦は危ないぜ~と内心思っていましたが、これが見事にハマり3rdディールではしっかりマイナス点を取らされました。
流さんに続きヤンファーも3位!これはオモシロイ^^
後半に強いイメージのあるファ熊さんですが初戦から好調なのも注目ポイントです。


1回戦では、流・ヤンファー両氏が3位と手痛いスタートとなり、注目を集めました。
2回戦はどうなるでしょうか??


2回戦
Aテーブル
1位 多摩川 60→50→120
2位 ファ熊  -24→22→117
3位 流   42→66→78
これは流さんとしてはアイヤ~な結果になりましたね。
1回戦のファ熊さんのプレイスタイルから察するに今回もスピード重視のプレイスタイルを貫いたのでしょう。
3rdディールの伸びがスゴイですね。あと一歩及ばずでしたが(^^;
多摩川さんがコンスタントに加点し1位。ファ熊さんと並んでここまで3pですね。
流さんは6pになってしまいました。
優勝は厳しくなりましたがヤンファーにだけは勝ちたいところ。

Bテーブル
1位 ノート・ラ  42→170
2位 クロノス  59→55
3位 まっちゃん -46→-95
この卓では私が結構好調でした。
まず1stディールではまずまっちゃんさんを早上がりで落とし、2ndディールは絵札持ち持ちになってしまい捨てるに捨てられなくなった2人を尻目に捨て札を全部かっさらい、美味しく得点させて頂きました。
しかしこのゲームはタブラネット以上にプレーヤーによって大きく色が変わりますね。
加点重視・失点回避重視・妨害重視・乱戦速攻派・堅実長期戦派など色々見えてきて、相手によって自分もスタイルを変えないと勝ち続けるのは難しいですなあ。

Cテーブル
1位 「考える猫」 43→138
2位 ヤンファー  86→136
3位 ジャンク   25→126 
このスコアから察するにノ-ガードで打ちあったようです。 
お三方とも強いプレーヤーですが、騙し・落としいれなどの戦術を用いない正統派なのでどんな闘いだったのか何となくイメージがわきますね^^
で、打ち負けたのがジャンクさんですか。
「両手に花だ~、わーい」なんて言ってるとこういう目に遭うんですね^^気をつけましょう。


2回戦も流さんは3位、ヤンファーは2位と1歩リードしましたが総合優勝の行方はまだまだわかりません。
「考える猫」さんは1位→1位と絶好調。次も1位なら優勝はほぼ確定でしょう。
猫さんのプレイスタイルを見てましたが、メルドを出すタイミングが遅くもなく早くもないバランス重視型という印象を受けましたね。
さてさて3回戦はどうなったでしょう??


3回戦
Aテーブル
1位 クロノス  180
2位 多摩川   77
3位 ヤンファー  40
なんと1ディールで決着がついてしまったようです。
全員プラス点ですから早上がりというよりノ-ガードで得点の取り合いになったんでしょう。
ここまで得点に開きがあるという事は、多摩川さんかヤンファーが早上がり狙いで絵札などをどんどん捨てたところクロノスさんに討ってとられた形でしょうか?
なんにせよあっという間の勝負でしたので、詳しくはわからず、です(^^;
しかしヤンファーの3位はニュースです。
1位と2位を分け合ったクロノスさん、多摩川さんにとってもこの1戦は分岐点になりそうですね。

Bテーブル
1位 ファ熊    -10→57→145 
2位 まっちゃん  15→-29→86
3位 「考える猫」  99→81→56
ここまで2連勝の猫さんがなんと1stディールで99点!あと1点取っていれば!
その後はまさかまさかの大逆転劇。
2ndディールではファ熊さんの真骨頂早上がり戦術が炸裂。
3rdディールではすでに勝敗が決した他卓の皆さんがタイのドライドリアンを食べて盛り上がっているのに猫さん、ファ熊さんが乗っかってしまったのが運の尽き。
その隙に乗じてまっちゃんさんがあれよあれよとメルドを作り、115点を稼ぎ出しました。

Cテーブル
1位 流     51→105
2位 ジャンク  27→100
3位 ノート・ラ  -31→-35
流さんがここで1位通過。俄然面白くなってまいりました。
しかし地力の差がもろに出たような1戦だったなぁ・・・2ディールともマイナスで良いトコ全くなし。
戦術やプレイスタイルの相性というものが確実に存在しますね、このゲームの3人プレイは。
ジャンクさんは1位→3位→2位、私は2位→1位→3位ですからこれで並びました。


3回戦まで終了し、残すところあと1戦です。
当日は公開されなかったここまでの順位成績を見てみましょう^^

1位 ファ熊    4p
2位 「考える猫」 5p
2位 クロノス   5p
2位 多摩川    5p
5位 ジャンク   6p
5位 ノート・ラ   6p
7位 まっちゃん  7p
7位 流       7p
9位 ヤンファー  8p

後半戦に定評のあるファ熊さんが暫定1位です。これは断然優位か!?
5位以下のプレーヤーの優勝の目は既に消えているのですが、最終戦を終えてポイントが同点だった場合直接対決の勝者が上位に来ますので、ジャンクさんに限り優勝の可能性が極わずかに残されています。
ジャンクさんが最終戦1位、同卓クロノスさんが2位、同卓ファ熊さんが3位、隣卓で猫さんが3位、多摩川さんが2位、私が1位という結果になった場合ジャンクさんが優勝。
その他にも超レアケースがあり、盛り上がるのかも知れませんが計算が面倒なので正直やめてほしいです。
最終戦Bテーブルは流さんとヤンファーの直接対決が残っているのが面白いですね^^
まっちゃんさんがどう絡むのか見ものです。一応最下位(脱出)争いも残ってますし(^^;
ファ熊さんは1位を取れば自力優勝が確定。
クロノスさんは自身が1位を取り、猫さんが2位以下の場合優勝。
猫さんは自身が1位を取り、ファ熊さんが3位の場合優勝。
多摩川さんは自身が1位を取り、ファ熊さんとクロノスさんが2位以下の場合(つまりジャンクさんが1位の場合)優勝。
・・・だと思います。(間違ってたらゴメン)

4回戦
Aテーブル
1位 ノート・ラ   48→201
2位 「考える猫」 97→145
3位 多摩川    32→84
優勝の可能性のある2人を叩き、今シーズンの最終戦を勝利で飾りご満悦です。
やっぱりこのゲームは相性があるんだと思いますよ~
お2人は協調型というか「自分も加点するけど貴方にもそれなりに良いカード回しますよ」というプレイスタイル。
一方私は「自分だけ加点したいからできるだけ良いカードは回さない」というプレイスタイル(笑)。
その代わり協調型に比べ、カードの循環がすこぶる悪いです。
私のような人間が2人いると多分勝つのは協調型ではないかと・・・(^^;
ちなみに某M氏は「自分の事よりまず相手の邪魔をする」というプレイスタイルです(笑)。

Bテーブル
1位 ヤンファー  3→99→153
2位 まっちゃん  51→54→111
3位 流       64→88→80
最後の最後までもつれ込みましたが、この1戦でようやく全てが決まりました。
無冠の女帝に軍配が上がったようです。
意地と意地がぶつかり合った直接対決でしたが、流さんまたしても玉砕。
せめて2位だったらねぇ・・・
ヤンファーは苦手の長考派2人を相手に切れずによく闘ったと思います。
1stディールで大分離されているし、精神的にまたひとつ手強くなった印象(^^;
まっちゃんさんもあと一息でしたが惜しかったです。

Cテーブル
1位 クロノス  27→152
2位 ジャンク  13→102
3位 ファ熊   81→-27
優勝決定戦でした。
結果はご覧の通り、雀鬼クロノス氏が初のタイトルを手にしました。流石ですね^^
ファ熊さんはスパートがかけられずに失速!あと一歩のところでしたが・・・
1stディールで飛ばし、勝利は目前だっただけに残念ですね。
ジャンクさんがもしここで1位だったら準優勝だったようです(猫さんが優勝)。
さらにさらにジャンクさんが1位、ファ熊さんが2位だった場合、猫さんと三者三つ巴になり総得点で争うことになっていたと思います。
そうすると・・・・なんとジャンクさんの単独優勝が!(←結局計算している)
そういう事もあるんですねー。まあ無かったんですけど。


・・・というわけで第1回500ラミー大会は終了しました。
今シーズン最後大会、そして新春1発目のラミー大会の覇者はクロノスさんです!おもでとうございます~パチパチパチ
「ラミーで負けるわけにはいきませぬ」という決め台詞もあり、盛り上がりました。
第2回までにはみんなで腕を磨き、チャンプの座から引きずり降ろしてやりましょう~

以下順位はこちらです。

優勝 クロノス 6p
2位  ファ熊  7p
3位  ノート・ラ 7p
4位  「考える猫」 7p
5位  ジャンク 8p
6位  みんなの多摩川 8p
7位  ヤンファー 9p
8位  まっちゃん 10p
9位  流      10p

物凄い接戦でしたね。
最終戦で優勝争いをしていたはずの多摩川さんと最下位争いをしていたヤンファーが順位1つしか違わないわけですから・・・(^^;
ファ熊さんもあと一歩でしたが惜しかったですね~。今回はプレーも結果もスタートダッシュスタイルでしたね^^
惜しかったと言えば「考える猫」さんは3回戦の1stディールの99点!
あそこであとたった1点取っていれば文句なく単独優勝が決まっていたのですが・・・
勝負の世界とはわからないものですね(^^;
ジャンクさんは最後の最後まで重要なポジションにいたようです。私も集計して初めて気づいたのですが・・・(^^;来シーズンのご活躍を楽しみにしています!
多摩川さんは最終戦で2位に入っていればファ熊、ノート・ラと三つ巴で準優勝も狙えたかも。
すさまじい接戦でした。またきっと遊びにきてください!
ヤンファーは今回は残念でしたが、おめでとう~^^
逆に流さんは残念でした。でも通期では立派な成績です。来シーズンでは総合優勝を狙ってください!
まっちゃんさんも結果は残念でしたがドリアン戦術には笑かしてもらいました。来期も是非宜しくです^^

そんなこんなの思宴会レース1sシーズンでしたが皆様いかがでしたでしょうか?
来月は第2回ポーカー大会という事で【ホールデム】をやろうと思います。
またランキングもしのぎを削りあって楽しみましょう~^^

気になるランキングの最終結果はこちら!
【思宴会ランキング】




 
どうも、ノート・ラです。

先日、第1回ダックスープ大会が行われたのでその活動報告です。

開催日時 : 08年12月13日(土)14時30分~16時30分
開催場所 : ノート・ラ家
参加者(敬称略・順不同):流、ファ熊、へべれけ、まっちゃん、yauichi、劉朗、ヤンファー、ノート・ラ
ダックスープ
2人用カードゲームには【ジンラミー】や【メイト】のような名作がありますが、このダックスープも負けず劣らず面白いゲームです。
ジンラミーよりも技術の入る余地が大きく、メイトよりもカード運がある分気楽に楽しめます。
私のお気に入りゲームのひとつです。
とは言え、2人ゲームの大会なんて開催して人が集まるのだろうか・・・といささか不安が先行していたのも事実。
こうして多くの方に参加して頂き、盛会になり感無量であります。
ゲームに対しても概ね好評で次のランキングレースでも2人用ゲームは取り入れたいな、と思っております。
どうぞよろしくお付き合い下さいませm(--)m

例によってレギュレーションに悩み当日朝まで何も決まっていないという状態でしたが、結局トーナメント戦を止めてランダム4回戦という形にしました。
まずはいつも通りカードでプレーヤーNoを決めます。

A ファ熊
2 ノート・ラ
3 まっちゃん
4 劉朗
5 yauichi
6 へべれけ
7 ヤンファー
8 流

参加者が偶数人数だったので、休み無しでぐるぐる回す事になりました。
対戦表は予め作成しておいたので、Noが決まると同時に4回戦全ての相手が決まります。
今回は初参加者もいらっしゃいますので、ここで参加者の簡単な紹介をしてみます。

A:ファ熊
アジア系のゲームに造詣が深く、ギャンブルゲームを得意とする。
ダックスープは初プレイなのだが心理作戦、陽動戦術で上位進出を狙う。

2;ノート・ラ
ゲーム農園からダックスープを掘り起こし収穫してきた張本人。
下手の横好き君というあだ名が付きそうな位好きなゲームが弱いので今回も不安。

3:まっちゃん
ダックスープは1度練習済み。
オーヘル大会で優勝の経験あり。
じっくり系が好きそうな事もあり上位進出に期待がかかる。

4:劉朗
ダックスープは初プレイ。
チャンギ、象棋、囲碁などアブストラクトからドミノ、トランプなどなど何でも幅広くこなすゲーム好き。
トランプ歴の長さはおそらくメンバーでも1番。

5:yauichi
隠れスター★プレーヤー。数々の伝説と異名を持つ。
ダックスープは数回練習済み。
確実に一歩一歩実力をつけてきている好プレーヤー。三国一の爆発力あり。ただし持久力に難。

6:へべれけ
ダックスープは1度練習済み。
何をやらせても強い。トリック系も例外ではなく今回も本命の1人。

7:ヤンファー
私の知る限りでは最強の鴨湯使い。
ノート・ラ相手に11勝0敗の記録を持つ無冠の女王。優勝候補筆頭と思われる。

8:流
ダックスープは初プレイ。
現在ランキングトップ。500大会優勝などトリック系の実力もあるのだが初見なのがツライか。
今回はダークホース的存在。

・・・とまあこんな感じです。

ダックスープは「クワック」のゲームと言い換えてもいいくらい、クワックの重要性が高いゲームだと思います。
http://www.gamefarm.jp/modules/gamerule/page.php?game=ducksoup.html
クワックというのはリードに対して同ランクのカードを出すと勝てるというルールです。
しかし、逆にリスクも高くてクワックしたカードと同ランクのカードを相手が持っていると「クワック・クワック」といって逆にやられてしまいます。
しかししかし、「クワック・クワック」にさらに同ランクのカードをぶつけると「ダックスープ」といって確実にトリックを取れる、というルールがあり、この駆け引きがゲームを面白くさせています。
【UNO】のドロ2返しみたいですね。
ただドロ2と大きく違うところは、相手が同ランクのカードを持っているかどうかが確率の計算や相手のカードプレイ、自分のハンド、そしてカウンティングによってある程度予測できるという点です。
ここに駆け引きとプレーヤーの性格が如実に現れます。

それでは1回戦の結果をお伝えします^^

1回戦
ファ熊   × -111
流     ○ +111
ファ熊さんは、ブラフ系の駆け引きでダックスープを引き出していたようでした。
しかし、それを大差でねじ伏せた流さんは流石。このまま首位独走できるか・・?
 
ノート・ラ  × -44
ヤンファー ○ +44
私は初戦から最も当たりたくないなーと思っていたヤンファーといきなり対戦。
そして案の定完敗。
まあ点差が少なくて良かった(←情けなさ過ぎる気もしますが・・)

まっちゃん × -46 
へべれけ  ○ +46
まっちゃんさんとへべれけさんの試合は観ていませんが、以前対戦した時の印象ではまっちゃんさんはトリッキーなカードの残し方をして相手を惑わすのを得意としていた様に記憶しています。
それに対しへべれけさんは正統派トリックテイキングプレーヤーという印象で、カウンティングや読みに裏打ちされた強さを持っていました。結果は上記の通り。
 
劉朗    ○ +13
yauichi  ×  -13
初プレイの劉朗さんがyauichiさんを破ったのは見事の一言に尽きます!
yauichiさんは先行逃げ切りタイプな(気がする)のでこの初戦負けは結構響くかも?

当然のことながらこれで1勝組と1敗組とに明暗が分かれました。
とは言えまだまだこれからです。

2回戦
ファ熊   × -99/-210
ノート・ラ ○ +99/+55
実は私は結構ファ熊さんとは結構相性が良かったりします。
練習の時も本番で当たった時の事を考えてあえて手の内は見せずにおりました(←相手が勝負師なのでこのくらいは当然ですよね?)。これで1勝1敗だー。
勝負師ファ熊さんは2敗ですがこのまま終わるとはちょっと思えないですね。

まっちゃん ○ +77/+31
流      × -77/+34
ここも実力者同士の注目の対決。
2人とも長考型なので一番遅く終わるんだろうなと思ってましたが案の定でした。
わずかな経験の差が出たのかな。

劉朗    × -90/-77
ヤンファー ○ +90/+133
1勝同士のぶつかり合いでしたがヤンファーの勢いは劉朗さんを持ってしても止められませんでした。
次の犠牲者は誰だ!?
劉朗さんがこれでリズムを崩さなければ良いですが。。。

yauichi   × -143/ー156 
へべれけ  ○ +143/+189
この試合は観てませんが「餌に食いつきすぎだよ」というへべれけさんの声が聞こえたので、おそらくyauichiさんが餌に食いついて鴨湯にされたんでしょう。
へべれけさんは2勝。

これで半分を消化しました。
2勝2人、1勝1敗4人、2敗2人です。まだどうなるかわかりません。
とは言え2勝の2人は直接対決が無いと組み合わせで決まっているので、次で誰かが必ず止めなければなりませんよー。

3回戦
ファ熊    ○ +139/-71
まっちゃん ×  -139/-108
「1枚足りない!」という声が聞こえました(笑)。
ダックスープではカード補充を忘れるという事が覚え始めの頃にはよくあるのですが、どうやらそれとは違って手札がどこかで少牌したようです。(クワック・クワックの時でしょうか?)
それが関係したのかしていないのかわかりませんが、ファ熊さんのダックスープ初勝利は上記の通りの大勝利。
勝ち点が同じ場合は得失点で上位が決まりますのでこの1戦は大きいかも。

ノート・ラ × -87/-32
yauichi  ○ +87/-69
実は私はyauichiさんとも相性が良いと思っていたのですが、今日はきっちりカタにはめられました(><)。
後でへべれけさんに聞いた話ですが、yauichiくんは巧妙にクワックの罠を仕掛けてくるよね~、だそうです。(←つまり見破って回避したというお話。)
私はその罠にうまうまと乗せられ3~4回鴨湯にされました。クワッ!! 
参りました~

劉朗    × -86/-163
へべれけ ○ +86/+275
へべれけさんが3勝を挙げました。
やっぱり強いなぁ・・・って最終戦の相手は私ですか・・・
劉朗さんは先ほどのヤンファーにリズムを狂わされましたでしょうか。
悪い流れになってしまったようです。

ヤンファー ○ +22/+155 
流      × -22/+12
ランキング暫定1位と2位の因縁の対決。
とは言え流さんは今日初プレイだし分が悪い。
それでも点差はそんなになく好勝負だった模様。3勝が2人になりました。


ここまでの順位を発表します。
当日は公開されなかったデータです。

1位 へべれけ 3勝 +275
2位 ヤンファー 3勝 +155
3位 流    1勝2敗 +12
4位 ノート・ラ 1勝2敗 -32
5位 yauichi 1勝2敗 -69
6位 ファ熊  1勝2敗 -71
7位 まっちゃん 1勝2敗 -108
8位 劉朗   1勝2敗 -163


なんと3勝2人以下全員1勝2敗になってしまいました~。
まあそんなに実力に差が無いって事なんでしょうね。
いや、でもやっぱり大会はそうこなっくっちゃ。
下位争いが盛り上がること盛り上がること。
次が最終戦ですが上位の直接対決がないので、優勝はすでにへべれけさんか、ヤンファーのどちらかに決まっております。
さてさて、どうなりますでしょうか^^

4回戦
ファ熊   ○ +104/+33
劉朗    × -104/-267
アブストラクトプレーヤーのガチンコ対決が実現しましたが、この対決を制したのはファ熊さんでした。
うーむ、一戦一戦着実に力をつけてきていますな。。。
当たったのが序盤だった私はラッキーだったのかな(^^;
全試合消化すれば劉朗さんも上位に食い込んだかも知れませんが時間の都合上4戦で終わってしまい残念でした。
全試合やるとなると脳が破裂する恐れもありますのでご了承下さい(^^;

ノート・ラ ○ +32/+2
へべれけ × -32/+241
ここで勝たないと最下位も見えてくる為、死に物狂いでカウンティングしました(笑)。
ここ一回となればそれなりに集中力が発揮できるものだという事がわかり、収穫のある一戦でした。
もちろん勝てたのはカード運もありますけどね・・・。
これでへべれけさんは3勝1敗。ヤンファーは勝てばその時点で優勝を決める事になります。
どうなるでしょうか・・?

まっちゃん ○ +80/-28
ヤンファー × -80/+75
なんとなんとここでまっちゃんがヤンファーに土をつけました。快挙です。
へべれけさんには負けてますが、流さんには勝ってますし、ファ熊さんとの一戦をものにできていれば十分優勝の目があったのですよね。 
勝負事に関心なしが信条のヤンファーですが、結構悔しそうにしてましたよ^^

yauichi × -184/-253
流    ○ +184/+196
yauichiさんはガソリンが切れてしまったのでしょうか。
この2人の間にも相性があるような気がしてなりませんね。。。。
流さんはこの得点で上位進出が決定的なものとなりました。
ヤンファーが負けたことも含めて、ランキングレースの観点からするとこの1戦は非常に大きな意味があるように思えます。


さてさてこれで無事全試合を消化いたしました。
総当たり戦ではなかったですし、凡ミス、うっかりなどなど悔いの残る方も多いと思います。
しかし負けて悔しいからこそゲームは面白いとも言えるのではないでしょうか。
とくに大会形式にしている理由もそこにあります。
次回大会でも楽しく競い合い、刺激しあえればと思っております。

それでは結果発表~
第1回ダックスーップ大会の優勝者はへべれけさんでした!おめでとうございます~^^!
実力がはっきり頭ひとつ抜きん出ていたと思います。
ヤンファーとの直接対決も見たかったのですけどね~。機会があれば是非是非。

2位以下の順位はこちら

優勝 へべれけ 3勝1敗 +241
2位 ヤンファー 3勝1敗 +75
3位 流      2勝2敗 +196
4位 ファ熊    2勝2敗 +33
5位 ノート・ラ  2勝2敗 +2
6位 まっちゃん 2勝2敗 -28
7位 yauichi   1勝3敗 -253
8位 劉朗    1勝3敗 -267


返す返すも頂上決戦が観たかった!
鬼の強さを誇っていたヤンファーも集中力が持続しないという弱点が露呈しましたね。
今度はそこを突こうっと(^^;
流さんは着実に3位につけました。お見事。
来月の最終戦の前に少し凹んでいてくれたら面白かったのになー^^なんてね。
ファ熊さんは尻上がりに調子を上げてきましたが、この手のゲームは大抵みんな疲れてへばってくるところ巻き返すなんてスゴイ精神力です。これも驚きました。
まっちゃんさんも優勝の目はあったのですが、ポイントポイントで涙を呑みましたね。
次回リベンジしましょう。私も悔しいので!
yauichiさんには直接対決でいいようにやられてしまった印象が強く、結果は下位でしたが実力差は全く無いと思います。次回リベンジさせろ~
劉朗さんは今回は残念な結果でしたが、対戦相手の問題もあったかも??
毎月こんな事やってますので、また是非参加して頂いて優勝を狙って頂きたいと思います。


冒頭でも触れましたが、2人ゲーム大会というのは非常にデリケートな問題を内包していまして、勝ち負けがはっきり個人の責任に覆いかぶさってくる(実際はそうでもない部分もあるのですが)気がする為負けが込むと意気消沈してしまったり、そのゲームや集まり自体が嫌になってしまうんじゃないか・・・など色々考えたのですが、決行してよかったと今では思っています。
これも皆さんのタフな遊び心の賜物です。
ありがとうございました。

さて来月はいよいよ第1期ランキングレースの最終節です。
種目は500ラミー(ラミー大会)ですよ^^
奮ってご参加下さいませ。

その前に現在のランキングを見てみましょう~^^
【思宴会ランキング】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。