上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも、ふくちです。

先日第1回ギャンブルゲーム大会が行われたのでその活動報告です。

開催日時 : 08年10月11日(土)14時~16時
開催場所 : ふくち家
参加者(敬称略・順不同):「考える猫」、クロノス、ジャンク、たたみいわし、流、まっちゃん、ふくち

種目は【ロイヤルカジノ】 【スぺキュレーション】
ロイヤルカジノ スペキュレーション
終了時のチップ総数で優勝者が決まります。

まずはロイヤルカジノでチップを増やしていきます。
このゲームは2~6人用ゲームなのですが、今回は無理矢理7人で遊びました。
その分キツキツ感は若干ありますが気になるほどではなかったです。
賽ころが足りなくなるので追加はしましたけど。
その際、付属の賽ころより大きい賽を7つ増やして(付属の賽は2つ抜く)、全員に1個ずつ配り、その大きい賽(デカ賽と呼ばれていました)で得点を得た場合、プラス点もマイナス点も2倍になるという思宴会特殊ルールを採用しました。
誰かが500点に達したラウンドで終了です。

スタートプレーヤーは私に決まり、その右隣のクロノスさんが初期ボードを決めゲームスタート。
手番の周り順は
ふくち→「考える猫」さん→ジャンクさん→流さん→まっちゃんさん→たたみいわしさん→クロノスさん。
まず私がいきなりアシストを決め、後手番を潤してしまいました。。。

基本賽ころ運のゲームですが、どれを残すかというダイスゲームによくある決断を迫られます。
加えてデカ賽はやっぱり大きいプラス点を取る時の為に残しておきたいという欲望にも左右されますね。
今日の大会は悪い人がたくさん(いつもか^^;)居るので口車に乗らないように注意です。
序盤ツイていたのはクロノスさん、たたみいわしさん、ジャンクさんの3人だったように思います。
逆にイマイチ乗り切れないのが「考える猫」さん、流さん、ふくち。
まっちゃんさんは1投でフルハウスを出すなど大技を繰り出しましたが、それほど伸びていく様子無く順位中盤の位置づけ。

数ラウンド終えたあたりでクロノスさんがはっきり頭ひとつ抜け出しました。
それを追うのが、デカ賽フィニッシュを連続で決めて波に乗るたたみいわしさん。
ジャンクさんは途中デカ賽で-80点を取らされたのが響き後退。
前2人-後5人状態です。
クロノスさんが460点を取り、そろそろ終盤というところで私が100点列をデカ賽で完成させ6位から一気に3位に浮上。ここまでの不運を取り戻せて満足です。

ボードは当然マイナス列を残して嫌な振り合いになり、「出ろ出ろ出ろ」は「出るな出るな出るな」に変わります。
犠牲になる回数が多かったのは流さんと流さん、あと流さんでしょうか。ご愁傷様でーす。
結局クロノスさんが500点を取り、ロイヤルカジノ部門1位通過かと思われたのですが、そのボードの最後で2列一挙完成という離れ業でたたみいわしさんが540点に。

「結果発表」

1位 たたみいわし 540
2位 クロノス    500
3位 ふくち     380
4位 ジャンク    320
5位 まっちゃん  260
6位 「考える猫」  270
7位 流さん     170

この点数+300がそのまま2戦目の持ちチップになります。
現在ペナント1位の流さんが絶不調でしたね。
たたみいわしさんもペナント上位につけているのでこれはもしかすると政権交代もあるのか??

さてさて第2戦目はみんな大好きスペキュレーションです。
スペキュレーションはプレーヤー間でチップの取り合いになり、途中の追加チップは一切ありません。
思宴会ではスペインの地方札(48枚入り)を使って遊ぶ事が多いです。
今回も使いました。絵札も数札もイラストの雰囲気がなかなか良いのですよね。

一部の強い要望により、ゲーム前に席替えを行いました。
手番の回り順は
「考える猫」さん→ジャンクさん→ふくち→流さん→まっちゃんさん→たたみいわしさん→クロノスさん、の順です。ディーラーが1巡したら終了。

序盤にスチールカードがバンバン飛び出し、「ハイカードも結局かなり危険じゃん」という事で、ポットを取りに行くより中間取引かな、というムードになりました。
スペキュレーションを遊ぶと毎回必ずそうなのですが、序盤で強烈なスチールが出るかでないかでハイカードが売りなのか買いなのかのムードが決まりますね。
ムードで確率は変動しないので市場の流れにこっそり逆らうのが儲ける秘訣だと私は思ってますが、自分だけが儲かればそれで良いのでこの事は秘密にして誰にも言わない事にしてます。
でもまあ最終的には自分に配られたカードに良いカードが来ないと苦しいのですが・・・(^^;

自分の伏せカードをジョーカーだと言って売る詐欺まがいの取引も横行しました。これもオイシイ定番ですね。
私もやりましたが1回本当にジョ-カーだったので呆然としました。
ちなみに売値は12。
しかし何よりこのゲームで1番ショッキングな出来事は、ラウンド終了間近に大金を出して買ったオープンカードを、買った直後に即スチールされる事です。
これがあるとしばらく意識があっちの世界に飛んでしまい、話す気力もなくなります。
これを私は「直後スチール」と名づけました。
今回も私を含め数名が「直後スチール」され、あっちの世界からゲームが進んでいくのをポケ~っとただ眺めるのみ。な状態に陥りましたが、「考える猫」さんだけは「売って売って~」と再び買い戻そうとしてました(^^;たくましすぎます。

今回は大会だったから、という事もあるかも知れませんがみなさんかなりカラい取引をされていたのが印象的でした。
カラい取引というのは良く言えばシビア、悪く言えばガメツイということです。
代表的な例と致しましては
■上家から50で買ったカードを場の状況が全く何も変わっていないのにそのまま55で売ろうとするM氏。38ガメツポイント差し上げます。
■売れないとわかっている値段でもとりあえず競りを始めるN氏。適正価格で売る気は全くなし。60ガメツ差し上げます。
■180!と暴利値付けをした後「いやいや90くらいの価値しかないよ」と言われ「じゃあ175」などと自分の売りたい値をただ言ってるだけのK氏(しかも超笑顔)。500ガメツ差し上げます。

みなさんの色々な戦術が入り乱れ、最高に盛り上がりました。
スタート時点の所持チップが各自違うので博打をしなければならなかった人、守りにいかなければならなかった人などもいましたが、また今度フラットな状態でも遊びましょう。

「結果発表」
チップは1戦目からの通算。()内はスペキュレーションによる増減。

1位 たたみいわし 936(+96)
2位 ふくち     890(+210)
3位 「考える猫」  767(+197)
4位 まっちゃん   616(+56)
5位 ジャンク    597(-23)
6位 クロノス    512(-288)
7位 流       222(-248) 

と、いうわけで第1回ギャンブルゲーム大会優勝者はたたみいわしさんです!おめでとうございます!
1戦目のリードを堅実に守る冷静な打ち回しでした。
私も今日はダイス運もカードの引き運も好調で優勝をひそかに狙っておりましたが惜しくも及ばず。
ロイヤルカジノで好調だったクロノスさんはスペキュレーションでのスチールが痛かったですね。
ジャンクさんは配られたカードにハイカードが無いという引き運の悪さに泣いた格好だったのではないでしょうか。相場を読む能力が凄く高いなあと隣で感心しておりました。
国分寺組のお二人は個性爆発で上位進出しましたね~。
やっぱりスペキュレーションはお二人の様に取引にどんどん絡むのが吉なのかも知れませんね(全く取引しない戦術で勝つ人も見たことありますけど・・・^^;)。
暫定首位の流さんにとっては完全に厄日でした。
でもまあ、それでこそギャンブルですからね。
いずれ来る第2回大会でリベンジしてください~。

ロイヤルカジノとスペキュレーションのチップの価値をできるだけ等価に近づけたいと思ってはいましたが何も準備しないままぶっつけ本番でのぞんだ為、ちょっと進行はドキドキでしたがとりあえず何とかなって良かったです^^
ロイヤルカジノのトップとドベのチップ差が370、スぺキュレーションでは498ですので第2戦に逆転の目を残すという悪くないバランスが(偶然にも)取れていたんじゃないかと思います。

さてさてこれでペナントの結果がどう移り変わったでしょうか。
ここまで快進撃を続けてきた流さんを誰か抜くことはできるのでしょうか。
結果はこちらです^^
【思宴会ランキング】



 



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://fukuchigames.blog43.fc2.com/tb.php/99-c0ae509f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。