上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.10.07 ヤニブ
絶対に手札がなくならないイスラエル・ラミー
【ヤニブ】
ヤニブ
こちらも国分寺会で草場さんと遊んでハマったゲームです。
手札を捨ててから1枚拾うので完全に手札を捨て切る、メルドを完成させるという事はできない不思議な感覚のゲームなのですが、シンプルながら色々な駆け引きがありアツくさせられます。

通常のトランプにジョーカー2枚を含めて使用します。
人数が6人以上になれば2パック(108枚)。
5人増えるごとに1パックずつ増やせば何人ででも遊べるというところが素晴らしいですね。

ルールも簡単です。
まず手札を1人5枚ずつ配り、先に捨ててから山札か捨て札の1番上から1枚補充。
(スターターは山札を1枚オープンし捨て札を作っておく。)
捨て札は山にするより、下家の前に重ねていく方がわかりやすいです。
捨て方は以下
1枚・・・シングル
2枚・・・ペア
3枚・・・3枚の同スートシークエンスかスリーカード
4枚・・・4枚の同スートシークエンスかフォーカード
5枚・・・5枚の同スートシークエンス(若しくは2パック使用時のファイブカード・スートは何でも良い)
ジョーカーはシークエンスにはワイルドとして何でも使えますがペアやスリーカードなどには使えません。

これを繰り返し、手札の合計値が5以下になったらヤニブ宣言できます。
ちなみにカードランクは
A=1
2~10=数字どおり
絵札=10
ジョーカー=0


誰かがヤニブ宣言をしたら即ゲームを止め、点数計算をします。
■自分がヤニブ宣言し、合計数値が誰よりも小さい場合
ヤニブ成功です。
自分の点数は0点になります(点数は少ない方が良い)
■自分がヤニブ宣言をしたが、他に自分より合計数値が小さいか同点のプレーヤーがいる場合
ヤニブ失敗です。
自分の合計値にペナルティ30点を足した点数を取らされます。
■他プレーヤーがヤニブした場合
手札の合計値が点数になります。
他プレーヤーのヤニブを失敗させたとしても自分の点数に影響はありません。

これを繰り返し、誰かが101点を超えたらゲーム終了。
その時点で最も点数が低い人が勝ちです。
(もともとのルールでは201点を超えると終了だそうですが長すぎるのでハーフゲームで遊んでいるそうです。)

点数の累計が丁度50点、100点になるとその得点が半分になるという面白いルールもあります。
50点ぴったりになれば25点、100点ぴったりになれば50点に点数が半減するわけです。
特に100点が50点になるのは大きいですね^^
大逆転のチャンスです・・・・が、うっかり101点に到達してしまうとそこでゲーム終了ですのでご注意を。
実際にそんな事が狙ってできるのかと思いましたが、できない事ではないようですね!
結構みなさんピタリ賞を決めてました。1人で2回!なんてツワモノも。
私は1回もできませんでしたけど・・・・・。

しかし、このルールがゲームを面白くしている事は間違いないと思います。
例えば、現状66点のところ、4点でヤニブ宣言し失敗すれば34点がつきますから、100点ピタリ賞で50点に点数を下げられます。
4点でヤニブというのは実際成功率は微妙なところです。
他に手札1枚のプレーヤーがいたりするとかなり危ない気配が漂うので、あえてヤニブしないという戦術も考えられるのですが、この場合、わざと失敗する事を期待してヤニブしにいくわけです。
このゲームでは累計点数を下げる方法はこのピタリ賞しかないのでどうしても狙いにいきたくなってしまし、各プレーヤーのそれぞれの思惑が絡み合って盛り上がります。
絵札は全て10点なので、まず40点や90点を狙い、次ディールで絵札を1枚持った状態で誰かのヤニブ待ちなんて作戦もアリかも知れません。
確率で言えば一番割が良いのではないでしょうか。
そろそろヤニブされるかな、という段階で手札を全て捨て、絵札を山から引いてくれば良いんです(笑)。
まぁ運です、ハイ(^^;。
それでもある程度期待できる戦術ではあると思うんですけどねー。
そのタイミングで上家が絵札を捨ててくれる確率も含めれば、なかなかの成功率だと思います。

ヤニブ宣言のシステムは、ジンラミーのノックに似ていますが、大きく違う点は、ヤニブ宣言は手番の頭にアクションをしていない状態で宣言しなければならないという事です。
つまり、手番で捨ててカードを減らし、そのままヤニブすることができないのです。
1周待たなければなりません。
その間に全プレーヤーの手札が変わるわけで、ヤニブ成功率も大きく変動します。
このルールのおかげで、上述の「それそろヤニブされるかな~」という不安感(時に期待感)が場に流れ、戦術のベースにすらなっているのが興味深いですね。

自分でアガリ(ヤニブ)を目指さなくても良い、という不思議なゲームですが遊んでいると時間を忘れます。
大人数でワイワイ遊びたい時に最適^^
詳しくは「夢中になる!トランプの本」にも掲載されておりますのでそちらをご参照下さい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://fukuchigames.blog43.fc2.com/tb.php/95-4a9c97e4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。