上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
虎視眈々と昇格を狙う
【キングオーキングス】
キングオーキングス
全く聞いた事も見た事もないゲームでしたがファ熊さんの「秋葉原で100円で買った」という響きに惹かれ遊んでみました。
ルール解説書を読んでみたところ、どうも【チャイニーズチェッカー】に似た感じ。
ただし相手の駒を飛び越して捕獲するのではなく、重なる事で自分の駒のレベルを上げるというものです。
駒の重ね方は【海賊組合】に似ています。
自分の駒同士を重ねる事はできません。
重なった2つの駒は上にある駒(重ねた駒)の色の属性になります。

4人がそれぞれ1色を受け持ち、自分の駒12個を自陣12マスにひとつずつ並べます。
駒はゲームを通して例外なく斜めにしか進めません。
1手番にひと駒ずつ動かし(斜めに一歩)中央のステージへと駒を進めます。
そのまま進んで敵陣に入る事はできません。その代わり、ステージ上の敵駒の上には自分の駒を重ねる事ができます。自陣は安全地帯、ステージは戦場というわけです。
重なった2つの駒は「プリンス」となり、斜めに2歩進めるようになります。

さらに「プリンス」の上に駒を重ねるか、「プリンス」が他の駒の上に重なるかして3段になった場合、
その駒は「キング」となり、盤上から取り除かれ「キング」を作った人の得点になります。
「キング」をより多く作ったプレーヤーが勝ちとなります。
獅子王の逆でそれこそ全くテーマの無いゲームです。
(ちなみに「プリンス」と「プリンス」を重ね4段にする事はできません!)

ファ熊さんが「2人でもできるかな」と言うので、まあいつも通りルールをでっちあげ、2人で遊んでみました。
赤青と緑黄をそれぞれが担当して手番を交互に。
2人だと序盤は例えば、黄色をわざと赤に重ねさせて次に自分の手番で青を重ねる、といったような手番順を利用した得点がありましたが、それもちょっと考えれば見えるスジなので微妙なプレイ感でした。
やはりこれは4人ゲームでしょうねえ。
4人ならわざと自駒を死地にさらす作戦すら取れそうです。
もし下家がこれに重ねたら、その次のプレーヤーがそこに重ねキングを作ってしまうような場所にわざと駒を進めるわけです。
問題は世の中には面白い4人ゲームが星の数ほどあり、4人集まってゲームで遊ぶ、という機会にわざわざこれを出す機会が今後あるのか、ということですが・・・。

ゲーム合宿でも開いてみて、遊びに遊んで消耗しきってさて寝るかというタイミングでサッと出し、「遊びながら寝る」というくらいのポジショニングだと思われます、このゲーム。
(実際そういうタイミングで出てきました。)
しかし、どこで売っているのかなぁ。気になります。
100円で売っているなら絶対「買い」なゲームですよ。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://fukuchigames.blog43.fc2.com/tb.php/88-3b7d483b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。