上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.09.16 ユーカー
ジョーカーを初めて使ったとされるゲーム
【ユーカー】
ユーカーパック
ファイブハンドレッドやスペードなどのペアゲームと比べて、遥かに手軽なゲームですが面白さがそれらより劣るかと言ったらそういうわけでもありません。
30分で1ゲームできますし、ちょっとした勝負をしたい時や、ペア・トリックテイキングの入門ゲームとしても適しているように思います。
何となくですが荒くれ者が酒場でバーボンを煽りながら興じている、そんなイメージ。

ルールは色々あるそうですが、とりあえず先日遊んだアメリカンルールを。

使用するカードはたったの24枚(36枚で遊ぶルールもあります。)
ランク:切札 正J>裏J>A>K>Q>10>9>非切札A>K>Q>J>10>9
(正Jとは切札のジャック、裏Jとは切札と同色のジャックを指します。裏ジャックは本来のスートではなく切札の属性を持ちます。例:クラブが切札になった場合、Jは正ジャックでのジャックが裏ジャックです。裏ジャックはスペードでなくクラブとして扱います。)

まずディーラーを決め、左隣から3枚ずつ、次に2枚ずつ、計5枚のカードを配ります。
この5枚でトリックテイキングゲームをし、ペアで3トリック取る事がディールの目的です。
いかにもスピーディーなゲームって感じがしませんか?^^

残った4枚は山札となります。
山札の1番上をオープンし、これを「切札候補カード」とします。
ディーラーの左隣から「切札候補カード」を切札にするかどうかビッドしていきます。
切札にするなら「オーダー」(イギリス式ではアップと言うそうです。)、したくないのであれば「パス」と宣言します。
誰か一人が「オーダー」するとその時点でビッドは終了し、カードプレイに入ります。
「パス」が4人連続で続いた場合、「切札候補カード」は裏向きにされます。ゲームには使用しません。
2巡目のビッドです。
今度は「切札候補カード」以外のスートをひとつ指定します。(「ハート」「スペード」など)
誰かが切札を指定したらビッドは終了です。カードプレイに移ります。
もし2巡目もパスが続いた場合は配り直しになりますが、配り直すなんて面倒くさい!という気が短いプレーヤーがいる場合は、ディーラーは2巡目のビッドをパスできない「スティック・ザ・ディーラー」というルールを採用すると良いでしょう。

切札を指定したプレーヤーをメーカーと呼びます。
「切札候補カード」が1巡目で切札に指定されている場合、カードプレイの前にディーラーは「切札候補カード」を手札に加え、代わりに不要なカードを1枚裏向きにして山札の上に捨てます。
交換ができるのはメーカーでなくディーラーですのご注意を。
また、ここでハンドに自信があるのようなら「1人プレイ」宣言をする事ができます。
1人プレイ宣言をした場合、パートナーはハンドをフェイスダウンしそのディールはゲームに参加しません。
1人プレイ宣言はメーカーに限らず、誰でもできます。

カードプレイは通常のマストフォローの規則に従います。
フォローできなければ何を出しても構いません。

得点は以下
メーカー側が3~4トリック・・・・1点
メーカー側が5トリック・・・・・・・2点
非メーカー側が3~5トリック・・・2点(メーカーを負かす事をユーカーと言うそうです)

1人プレイがあった場合、1人で5トリック取った場合のみ4点入ります。
それ以外は上記と同様の点数です。

アメリカンルールでは10点先取、イギリスのトーナメントルールでは21点先取を2ゲーム行うそうです。

ルールは以上です。
実際に遊んでみればその単純さと中毒性が良くわかると思います。

まず、メーカーになるかならないかの判断基準ですが、もしハンドに切札候補カードと同スートのカードが3枚以上あれば出てしまって良いのではないかと思います。
どうでしょうか?私はそんな感じで結構軽く決めてしまってますが(^^;
異論反論お待ちしてます。

切札は裏ジャックを合わせると全部で7枚です。
切札候補カードを除けば残りは6枚、山札の残りに1枚も入っていなかったとしても一人平均1.5枚ですから、各ペア3枚ずつが平均値ですね。
自分が3枚持っている場合、他の3人が平均1枚ずつ持つと考えると
自ぺア4枚、相手ペア2枚です。
ディーラーが相手側の場合でも4対3で戦えるので理論上いけるのではないか、というのが私の持論です。

自分が切札2枚の時でも状況に応じて宣言しても良いかも知れませんが、ディーラーに切札が1枚入ること、その「切札候補カード」のランク、またオープニングリードと自分のポジション、自分の2枚の切札の強さなどなどよくよく考慮して判断すべきところです。
ディーラーが自分かパートナーの時は良いかも知れませんね。
もし、切札が全く違うスートになった場合絶対に勝てない、という状況だとしてもメーカー相手の場合は
5トリック全部取られない限り1点負けなのに対し、自分がメーカーになってユーカーされると2点負けですから、そこも良く考えてみる必要があると思います。
メーカーが1人プレイ宣言してきた場合はマーチ(5トリック全部勝つ)と言っているのと同義です(他に1人プレイのメリットが何もない)ので、なんとしてでも1トリックは勝つようにプレイしましょう。

私は下戸ですが好きな酒を片手にチップをジャラジャラさせながら遊ぶのがふさわしいゲームな気がします。
時間も短いし、大会種目にも良いかもなぁ。。。検討しよう^^そうしよう。






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://fukuchigames.blog43.fc2.com/tb.php/73-35fa9881
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。