上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.09.11 どぼん
どぼん返しで誘い出せ!最終的には我慢のゲーム!?
【どぼん】
普通のトランプ52枚を使用します。3~5人が適正人数かと思われます。
まず適当な方法でディーラーを決めます。次ディールのディーラーは全ディールの敗者が行います。
時計回りに1枚ずつ4枚のカードを配ります。これが手札です。
ゲームの目的はこの手札を誰よりも早く出し切って無くす事です。
残った札は山札として場の真ん中に置きます。
全員が手札を良く確認したら、ディーラーが山札の1番上のカードを表向きにめくります。
そのカードと同じランクのカードを持っているプレーヤーはそのカードを重ねて捨てる事ができます。
あえて捨てずに持っていても構いません。
もし、同時に2人以上のプレーヤーがカードを捨てた場合、下になっているカードが先に出されたと見なしますが、両方のカードが捨て札として成立します。
捨て札は一箇所に重ねて置き、山にしていきます。

このカードを捨てたプレーヤーの左隣から時計回りにゲームがスタートします。
以降手番には
■同ランクないし同スートのカードを捨てる。
■山札の1番上のカードを1枚補充する。
のいずれかを行わなければなりません。捨てられるカードがあっても捨てずに補充する事ができます。捨てられるカードが無い場合必ず補充します。捨てたうえに補充する事はできません。

ただし
■同ランクのカードはいつでも出すことができる。
というルールがあり、自分の手番外でも同ランクのカードはいつでも捨て札できます。
この概念から当然、同ランクのカードは1度に何枚出しても良いことになります。

またカードには以下の特殊な効果があります。
■A スキップ 左隣のプレーヤーの手番を飛ばします。2枚同時に出せば更にそこから一人飛ばします。
■2 ドロツー 左隣のプレーヤーは手番のはじめに2枚のカード補充を強制されます。2を複数枚出した場合、2×枚数のカード補充を強制します。ドロツーを出されたら、ドロツーで流す事ができます。この場合累積4枚の補充義務が左隣にうつります。

■8 スートチェンジ 捨て札のスートを指定できます。次のプレーヤーはそのスートのカードを出すか8を出す必要があります。

■J リバース 手番の周り順が逆転します。奇数枚出ている時には反時計回りに、偶数枚出ている時は時計回りになります。

ウノと似てますね^^
しかし最終的な上がり方が、他のどのゲームとも違って特徴的です。
上がり宣言を「どぼん」といいます。
どぼんの方法は3つあります。
■ 手札が残り1枚の時、捨て札の1番上のカードが同ランクであれば「どぼん」と発声し手札を捨てる。(同スートではどぼんできない)

■ 手札が2枚の時、その2枚のカードの数字を足しても引いても掛けても割ってもいいので、捨て札の1番上のカードと同じランクにできる場合、「どぼん」と発声し手札を捨てる。
J=11 Q=12 K=13です。
例えば、捨て札がQの時、手札が3と4だったり10と2だったりすればどぼんできます。

■ 手札が3枚以上の時、そのカード全てを足して捨て札のカードと同じランクになる場合、「どぼん」と発声し手札を捨てる。

どぼんはいつでも行う事ができます。
例えば手番が回ってきた時に手札が4で捨て札が6だったとします。
補充カードが2だった場合、その時点で即どぼん可能です。(これを引きどぼんと言います)
ただし、自分が捨てた札にどぼんして上がる事はできません
なので、必ず誰か他のプレーヤーの捨て札を待ってどぼんする事になり、このゲームではどぼんした人とされた人がはっきり存在する事になります。逆に言えばカードを捨てなければ絶対負ける事はないのです。しかし、それを防ぐ為に
■ 手札が10枚を超えてはならない
というルールがあります。10枚目を補充したプレーヤーは必ずその手番で1枚以上のカードを出さなければなりません。出せない場合、「バースト」といって勝者不在負けとなります。

基本的にはどぼんしたという事は手札を全部捨てきった事になるので勝利条件を満たしたと言えます。
しかしもうひとつ面白いルールがあって、どぼんすればその場ですぐ勝利が確定するというわけでもないのです。
どぼんされた側の手札が上記のルールに則ってどぼんした人のランク(=捨て札のランク)と同じにできる場合、「どぼん返し」といって倍付けの逆転勝ちが確定します。
つまりAさんの捨て札8にBさんが4・4でどぼんした場合、Aさんの手札が2・4だったり2・10だったり4・Qだったりすればどぼん返しが成立します。どぼん返しをさらに返す方法はありません。
また、どぼん返しができない場合はどぼんしたプレーヤーが勝ちます。

どぼんが発生するまでディールは続きます。
山札がなくなった場合、捨て札をシャッフルして山札にします。
私達は1ディール100で遊んでいましたが、山札が無くなった時点で掛け金は倍になりました。
このルールが実に恐ろしくゲーム巧者が揃った卓では簡単に桁が変わります。
誰もやすやすとどぼんされたりしないからです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://fukuchigames.blog43.fc2.com/tb.php/67-e3457386
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。