上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.09.03 ヘックメック
ダイスを転がし虫集め!
【ヘックメック】
ヘックメック
先日ライヤーズダイス大会に参加してからこっち、ダイスゲームがアツいふくち家です。
ヘックメックも手軽で面白いダイスゲームですよね。

手番にはまず8個の賽ころを転がし、そのうち1種の目をキープします。
目は普通の賽ころと違い、1~5の目と虫マークが刻印されています。
6はありません。
キープした目以外は振りなおしてもいいですし、そこで止めてもOKです。
止めた場合その時点でキープしていた目の合計値がタイル獲得用のポイントとなります。
ただし、必ず虫マークを1つ以上キープしている事が前提です。

止めずに振りなおした場合、今までにキープした目を再度キープする事はできません。
つまり1投目で5を1つキープし、2投目で5が4つ出たとしてもその5はキープする事はできないのです。
もし、1つもキープする事ができなかったらバーストです。
今までキープした目も全て水泡に帰ります。
つまり1手番での連投は最高で6回までという事になります。

この6回の中で(6回振る必要は全くない)いかに大きい数字を作るかがこのゲームの大きな目的です。
作った数字が大きければ大きいほどより得点の高いタイルをもらえるからです。
取ったタイルはどんどん重ねていきます。
作った数字が上回ってさえいれば他人のタイルを奪う事もできます。
ただし奪えるタイルは1番上のタイルのみ。
高得点タイルの上に低得点タイルがあればとりあえずのガードにはなります。

ちなみにタイルの数字はMAX36、MIN21。
最低でも21以上の数字を作らないと手番の失敗とみなされてしまいます。
手番が失敗した場合、罰点としてタイルを1枚場に戻します。
そして1枚増えたタイルの変わりに最も数字の大きい場タイルを裏返します。
裏返ったタイルはそのゲームではもう使用しません。
こうして確実に場のタイルは減っていき、1枚も無くなったらゲーム終了・・・・とここまでが普通のルール。

非常にシンプルでわかりやすく、運の要素も強めで子供でも楽しめる作りになっています。
もうちょっとエキサイトしたい、ときの思宴会での遊び方(主にヤンファーとの2人対戦ですが)。

■チップのやり取り
やっぱり賽ころはギャンブルとして楽しめる最高の道具だと思います。
ヘックメックも例外ではありません。
チップでなく別のもの(笑)でも良いでしょうけど・・。
得点差×?チップという形でルールを決めると楽しいですよ。

■他のゲームとの連動
チップを持ち越すという意味です。
他のゲームで稼いだチップが賽ころゲームで全て消える、なんてなかなか盛り上がるシチュエーションですよね^^その逆もまた然りで盛り返した時の興奮は計り知れないものでしょう。

■出降りルール
手番が来たらチップを1枚ポットにおさめます。
勝負の途中で「これは勝てないな」と感じたら、手番で賽ころを振らずフォールドすることができます。
その場合、降りたプレーヤーは脱落したとみなされ、残ったプレーヤーで勝負が続けられます。
通常のゲーム終了条件を満たすか、最後の1人を残し全員が降りたところで終了。
勝利者1人がポットを総取りします。   
かなり過激なルールです。何回も繰り返すとのるかそるかの判断がテクニックになってきて楽しいです。
この場合、手番のパスのルールは認められません。
1チップ支払って賽ころを振るか、降りるかの2択です。
4~5人いると勝てないなーと思う状況でも残り2人になったりすれば賽の目次第では逆転も十分あり得ます。相手のタイルをひたすら奪い、ミス(不運な目)を待つわけです。
勿論、逆転の為にはそれなりに偏った(当然ながら良い方向に)目を出さなければなりませんが・・・。

今月のドミノ大会に続き、来月はギャンブルゲーム大会にしようかと画策中。。。。^^
ヘックメック、チンチロ、丁半、ロイヤルカジノ、スペキュレーション、コテッチョなどなど盛り上がりそうなラインナップを考え中です。
どうでしょうかねー?ギャンブル大会。。。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://fukuchigames.blog43.fc2.com/tb.php/61-f302cf16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。