上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08.14 アグリ
最終ディールは全部ドラフト!脅威のハーツ系トリックテイク
【アグリ】
アグリ
はじめて目にした時、ずいぶん変わった名前だなーと思ってましたが、uglyという意味だそうで。
ハーツやブラックレディの様にマイナスカードが設定されており、それを取らないようにするトリックテイキングです。実はまだ1回しか遊んでません。でもかなり深いゲームっぽく長く楽しめそうな予感があります。

52枚のトランプを使います。
3人で遊ぶ場合は2を取り除き、ディールします。1人17枚を配りきります。
4人の場合は13枚ずつ配りきりです。
ディーラーの左隣りのプレーヤーがオープニングリーダーです。
オープニングリーダーは切札を自由に決めます(ノートランプにする事もできるそうです!)。
その後、各プレーヤーは手札を左隣(下家)に何枚か渡さなければなりません。

★渡す枚数は以下
■3人プレイ時・・・1ディール目1枚、2ディール目3枚(・・・と2枚ずつ増える)・・・9ディール目17枚(全部)
■4人プレイ時・・・1ディール目1枚、2ディール目3枚(・・・と2枚ずつ増える)・・・7ディール目13枚(全部)

3人では9ディールを1ゲーム、4人では7ディールを1ゲームとし、最終ディールではハンドを確認後そっくりそのまま下家に回します。
よーく覚えておくのが勝つコツなのでしょうが・・・覚え切れせん(^^:)
重要なカードだけでも把握しておくようにしましょう。

通常のマストフォローの規則に則ってカードプレイします。
1トリック取るごとに1点です。
★マイナスカードは以下
 J = -1点
 J = -2点
 J = -3点
 J = -4点
赤が危ないと覚えましょう。
丑三つ時に遊んだ所為かどのカードがマイナス何点か覚えられず苦労しました(^^;

★更に2枚の特殊カードがゲームを面白くします。

7 = アグリカード
アグリカードは取ってしまうとJのマイナス点が2倍になります!
例えばJと7を取ってしまうと、あとは上手く回避できたとしても-8点です。
こいつは危険ですよ~^^
但し、アグリカードを取ってJを1枚を取らずに済んだ場合、トリックのプラスポイントは2倍になります。
5トリック取っていれば5×2=10点ゲットです。
ハイリスク・ハイリターンなカードですな。

7 = チャームカード
もしアグリカードを取り、Jを抱え込んでしまったとしても、このチャームカードを取ればアグリカードのマイナス×2の効果は打ち消されます!素晴らしいですね^^
しかも、チャームカードを取り、Jを1枚を取らずに済んだ場合、トリックの点数は4倍になります。
大盤振る舞いです。積極的に取りに行きたいカードですね。
しかしチャームカードを取ると、当然他のプレーヤーが結託してJを取らせようとしてきますのでお気をつけ下さい^^

規定ディール3人なら9回、4人なら7回を遊んで得点の最も高い人が勝利となります。

このゲームのポイントですが、まず切札を決められる時は勝負をかけるときだと思います。
そういう意味では4人で7ディールって明らかにアンフェアな気がするんですよね。
(1人だけ1回しかオープニングリーダーになれない人が出てきます。)
では3人が適正かというとこれまた微妙な問題がひとつ。
最後の何ディールかはほぼ手札全交換です。
残すカードも大抵は負けられるローカードとか切札のJ以下のガードになるんじゃないかと思われます。そうすると3人プレイでは誰が何を持っているかほぼわかっちゃうんですよ。
自分が渡したカード(左隣)と渡されたカード(自分)以外のハイカードは右隣が持ってますから。
それを楽しむゲームなのだと思いますし、事実私は覚えられないけど楽しいゲームだと感じているのですが、人によっては思いっきり記憶力とカードプレイの差が出るのがイヤだ!って思ってしまうかも知れませんね~(^^;)実際私は中盤までかなりボコボコにされました(下手の横好きなんですよね)。

カードプレイも複雑でハーツ系の技術を駆使し、取らないように取らないようにしていけば良いってもんでもないんですよね。1トリック取ると1点だから・・・^^
17トリックもあればもう諦めてワーッと勝ちに行って、1人で13トリックくらい取る事もできますよね。
みんな基本的には負けたがってるわけですから。
そうするとアグリとチャームとJ全部取っても+3点です。
残りの4トリックを2人で分けても2点ずつだから1点リード・・・このさじ加減が難しい(そして面白い)。
まあチャームを取れなかった日には大変な事になりますが・・・(^^;)

それから、1位のプレーヤーがが大幅にリードすると必ず他から狙われます。
ブラックレディなどと一緒でそういうカードプレイができるゲームです。
当然1位は2位を落としにかかりますから最下位でも狙われない分最後まで逆転のチャンスが残っている事もあるでしょう。このバランスがなかなか見事で面白いんですよ。

ちょっと長いのとちょっと重いのが難点かも知れませんが、その場合
3人で3ディール(3枚,7枚,11枚交換)
4人で4ディール(3枚、5枚、7枚、9枚交換)
などに設定し、【リトルアグリ】として遊んでみてはいかがでしょう^^

最後のほうはもうぐっちゃぐちゃになるのが笑えますよー。
リトルアグリは次回大会種目候補です。よろしくね。






 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://fukuchigames.blog43.fc2.com/tb.php/49-46b1c9eb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。