上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08.13 花と蠍
砂漠を行くキャラバン。蠍には気をつけて。
【花と蠍(flower&scorpion)】
花と蠍(ドミノ)
先日シヴさん、たたみいわしさんと遊んだのですが、どうもルールをいくつか間違えてインストしてしまっていたので改めて正しいルールをご紹介しますね。
色々なサイトで紹介がされておりますが思宴会ではゲームファームさんのルールを参照しています。

用意するもの
ドミノ(W6)
緑と赤のサイコロ2個ずつ
チップ(碁石等でも可)

人数 2~4人の個人戦

緑賽赤賽を表しています。花はプラス点、蠍はマイナス点です。
まず適当な方法で親を決めます。
親は「キャラバン隊長」となり、得点の分配とゲーム開始前のダイストスを行います。
(親はディールごとに時計回りに交代)

ダイスをふって、出た目と同じドミノ牌がそれぞれ花牌・蠍牌ということになります。
例えば緑が、赤はだとしましょう。
のドミノは花ですし、のダブレットは蠍です。

プレーヤーはそれぞれ手牌としてドミノをとります。
2~3人のときは6枚ずつ
4人のときは5枚ずつとります。残った牌はオアシスと呼び、脇に避けて置きます。

キャラバン隊長から順に1枚ずつドミノを出します。
通常のドミノの遊び方と同じようにダブレットは縦に出します。
但し十字分岐はしません。なので必ず2方向に伸びていく事になります。

次のプレーヤーは当然、場に出ている数字を受ける形でドミノをつなぎます。
(通常のドミノ同様です。)
出せない場合はオアシスから1枚引きます。
出せるまで引きます。オアシスが無くなってしまったらもう引く事はできません。
パスして次の人に手番が移ります。
また、出せるのに出さずにパスしたりはできません!必ず出せるものを出すのが基本ルールです。

得失点の入り方
★最初にプレイしたドミノがダブルなら2点

★両端の数字を同じ数字にしたプレーヤーには得点が入ります。
■両端がシングルの場合(=デュアル)2点
■片側がダブルの場合(=プルーラル)3点
(端のダブルの目は合計したりはしません。)

★花賽の目と同じドミノをプレイする(=スモールフラワー)と1点
★場のドミノの両端の目を花賽と同じ数字にした場合(=ラージフラワー)
■両方シングルなら2点
■片方ダブルなら3点
■両方ダブルなら4点

★蠍牌の目と同じドミノをプレイする(=スモールスコーピオン)と-1点
★場のドミノの両端をの目を蠍賽と同じ数字にした場合(ラージスコーピオン)
■両方シングルなら-2点
■片方ダブルなら-3点
■両方ダブルなら-4点
(失点は持ち点をマイナスにはしません。持ち点0点の時はそれ以上の失点を受けることはないのです。)
賽の目によってはこれらの役が複合する場合もあります。
その場合相殺してください。

★ゲーム終了時の得点
以下の1~4の優先順位で1人だけが2点を得ます。

■1 手札を全て捨てきった人
■2 花賽と同じ目のドミノを持っている人
■3 蠍賽と同じ目のドミノを持っている人
■4 最も小さいダブルを持っている人

合計で20点に達したプレーヤーが勝ちです。
誰かが20点に達したらゲーム途中でも終了します。


このゲームの特徴は3人以上でも遊べる個人戦形式である事と、役の形成の為、サイコロを使うというところにあります。
カンテットのような計算はいりませんが、使われていない牌を考えて牌を出すくらいの事は考えたほうが盛り上がると思います。
通常のドローゲーム同様、手札を使い切れば得点が入りますので、花役やデュアル、プルーラルを目指しながら手牌を減らしていきましょう。
また、出せなくなってしまった場合、オアシスからその数字を引いても、すぐに出す必要があるためその人がその数字を持っている事はもうあり得ないという事です。
誰かがオアシスを引き始めたら、その人はその数字をこのディール中は絶対に手にする事がないのです。これはプレーの大きなヒントになりますよね~

また手札を出し切る為に、どういう順番で出すべきか、手札を良く見て考えましょう^^
(多い数字を先に使うのが良いと私は思います)
くれぐれも蠍に刺されないようにお気をつけ下さいまし^^


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://fukuchigames.blog43.fc2.com/tb.php/47-cc4bf04f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。