上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.08.26 インコグニト
ばれるか、ばれないか、スパイサスペンス!

【インコグニト】
RIMG0052_convert_20100826232628.jpg


 初回一発目のネタを悩んだ末、
新しいゲームの話が良いと思い、これにしました。
 思宴会メンバーでもあるさくやさんが、
私がいつもお世話になっている、「江戸川ボードゲームの会」の時に持ってきてくれました。

プレイヤーは一色を担当し、「容姿」「正体」「任務」の三枚の真実カードをランダムに持ち、自分の手持ちの4つのコマを動かしながら、パートナーを推理し、任務を遂行していきます。
「正体」のカードにはフィルボトム卿、バブル大佐、マダム・ザザ、Xの4人のスパイの名前が書かれ、プレイヤーは其々のスパイを担当することになります。フィルボトム卿とバブル大佐マダム・ザザとXはお互いにパートナーとなります。
無論のことですが、真実カードは非公開情報なため、だれがだれなのか全く分からないようになっています。つまり、お互いのパートナーを相手よりいち早く見つけ出さないといけないということがこのゲームにおいては重要になっていきます。
プレイヤーは、自分の番の時に「警告の印」というアイテムを振り、出た目の色によって駒を動かしていきます、この駒は各プレイヤーにそれぞれ4個ありますが、そのうち3個はダミーとなっています。
其々デブ、ヤセ、チビ、ノッポと非常に見た目もユーモラスです。
動かしたマスに相手のコマがあったら、相手に「正体」、「容姿」の情報カードを見せるよう要求できます。要求されたプレイヤーは自分の持っている情報カードから三枚選び、要求された相手にのみ見せます。ただし、その時に必ず一枚は本当のことを入れなければいけません。
また、ボードには大使コマ(黒いヤツですね)が存在し、これと自分のコマが会うと好きなプレイヤーに情報カードを見せてもらうことができます。
このようにして、パートナーを確認し、任務達成することが出来たときにパートナーに握手を要求、がっちり握手が出来、指令達成を確認出来たら、そこで勝利となります。
 

このゲームは、私が好きなアレックス・ランドルフがゲームデザインに関わっていたので、物すごーく気になっていましたが、遊んでみたら予想以上に面白かったです。
推理系の名作「クルー」しかり、推理系のゲームでは推理が当たった時点で完結してしまうものが大半なんですが、
【インコグニト】が秀逸なのは、勝利目的にはさらにその先があり、「パートナーに任務を伝え、いち早く遂行しなければいけない」ということがあるからです。
実はその任務の内容ですが、二人が持つ「任務」カードの組み合わせを知ることによって、始めて内容が分かるようになっているので、なので、それをどの様に伝えるかが大きな課題になってきます。
カード要求をされたときに、情報カードといっしょに真実カードを相手に渡すことが出来るので、その時に「任務」を伝えることが出来るのですが。はたしてそれが上手くスムーズに出来るかどうかにプレイヤーの腕が要求されていきます。「警告の印」が上手く誘導してくれるかどうかにもかかっているのでそこの運も重要になってきますし。
また、強引なやりかたですが、駒の動かし方などで「あ、この人パートナーっぽい。」と思ったら、全員の正体が全く分からなくても、その時点で任務や正体などの真実の情報を教えてしまうというショートカットもできるわけです。ただし、パートナーが間違っていることも大いにありますが。
カードの出し方や相手との会話とかでも推理し敵を間違った方向に誘導し、敵パートナーの失敗を引き起こさせる作戦もできそうですしね。
慣れると、会話や駒の誘導方法で色々な高等テクニックもありそうな気がします。凄く自由度が高い。
 ルールが大まかな所があるので、キッチリとしたシステムを好む人には受け入れられない所があるかもしれませんが、むしろこの大まかさが、このゲームの自由度の高さに一役買っているような気がします。

また、ボードがヴェネツィアをモチーフにしたデザインや視覚的にも楽しい駒と「警告の印」もポイント高し。ランドルフのボードデザインはトゥイクストしかり、立体的で本当に素晴らしいと思います。
時間もインストを含め2時間ぐらいはかかってしまうし、遊んでいる最中は皆、カニを食べているぐらい黙りこくってしまいますが、おススメのゲームですよ。
思宴会メンバーに会ったら、やってみたいし、色々なテクニックも教えてもらえるかもしれませんね。

追記(2010.09.20)

 上の写真は新版ですが、旧版を遊ぶことが出来たので、写真を載せます。

RIMG0240_convert_20100919005103.jpg

 デザインのほかにもルールにも新版の相違点があります。
大きいのはスタート時の処理で、次の二点。

☆4枚の封筒が入っており、真実、指令カードを1枚ずつその中に入れて配ります。

☆スタートプレイヤー決定カードがあり、そのカードを4枚の封筒の内、一枚にランダムに入れます。
封筒にそのカードが入っていた人が、スタートプレイヤーとなります。

 カードを配るとき手間がかかるのと、封筒の中身をうっかり見てしまう可能性がある。という欠点がありますが、
指令を行っているという雰囲気がでますよ~。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://fukuchigames.blog43.fc2.com/tb.php/298-aa15a0bb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。