上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも、ノート・ラです。

先日第2回カシノゲーム大会が行われたのでその活動報告です。

開催日時:09年8月15日(土)15時~16時半頃
開催場所:ノート・ラ家
参加者(敬称略・順不同)「考える猫」、じょにー、流、ノート・ラ(計4名)
カシノ
今回は参加者が4人といつもより少なめだったので、【ピシュティ】と【カシノ】を1ラウンドずつお試しで回し、みんなの気に入った方で戦う、といういつも以上に適当な方法で決めました。
ピシュティはブラフ要素ありのペア戦。
スイープ(=ピシュティ)の点数が大きく、またカードを裏向きにプレイしてスイープであると宣言することもできるのが特徴です。
カシノはJQKがそれぞれ11・12・13に対応しているロイアルというバリエーション。
こっちは個人戦で、ビルドの技術で点につながるカードを集める他、いろいろな駆け引きが楽しめます。

皆さんの意見を尊重し、種目はカシノ個人戦4ディールということになりました。
本来カシノ系ゲームは○○点先取という形で終了条件が定められていますが、今回は1人1回ずつディーラーをつとめて終わり、というショートコース。
駆け引きを打つには短い気がします。
そのため序盤の先行が後々まで生きてくるかもしれませんね。

プレーヤーのご紹介(ディーラー順)

1、流 
前期レースでは3勝(最多勝)を上げ、王座に1pだけ足らず2位につけた実力派。
しかし今期は未だ未勝利。
現在ランキング6位。
チャンプの座を獲るにはやはりここで一発優勝を狙いたい。

2、「考える猫」
前期レース第3位の実力者。
今期も現在3位。
昨今ではカシノ系ゲームの集まりを主催するなど今大会の優勝候補。
未だ無冠なのは意外。

3、ノート・ラ
「運ゲーのノート・ラ」として一世を風靡している思宴会主催者。
遠まわしに運ゲーでしか勝たせてもらえないと言われているわけだが、カードゲームなんてそのほとんどが所謂運ゲーじゃないか、と自己暗示をかけて戦いに臨む今日この頃。
現在ランキングレース第5位。

4、じょにー
久しぶりの思宴会参戦。今期は初参加。
約1年ぶりだということだが、勘を取り戻すには少し時間がかかるか。
それとも博打打ち特有のうち回しを見せ常連メンバーを煙に巻くのか。
今大会のダークホース的存在。

1回戦
私以外初プレイという事で、その差がもろに出た結果となってしまいました。
流さんは上手くビルドを重ねて行ったのですが、それを下家の考える猫さんに即さらわれ、その下家の私がスイープするという流れでほぼ形が決まってしまいました。
その他にも猫さんの振込みで都合4回のスイープを美味しくいただくノート・ラ。
その被害をモロに受けたのが私の下家のじょにーさん。(捨て札するしかない)
じょにーさんの捨てた札をスイープできれば流さんにも浮かぶ目があったのですが、これが上手くいかない。
結局1枚捨てて、場札は2枚。
2枚のうち価値の高い方を猫さんが躊躇せず取り、私が残りをスイープ。
こんな感じです。

ノート・ラ 10
考える猫  4
じょにー  1
流      0

2回戦
2ndディールも流れは変わらず。
ディーラーが猫さんで下家の私がオープニングプレーヤー。
スイープチャンスも多くグッドポジションです。
ここでも似たような流れでゲームが進みます。
ただ、流氏のビルド活用が明らかに上手くなってきているのがありありとわかるようになり、ゲームとしては深みが出てオモシロくなってきたところです。
ビルドすれば有利なところをしない、ということはそのランクのカードは持っていないんだろうな、という推測が始まるとカシノはより一層楽しくなるのです^^

ノート・ラ 10+7=17
考える猫  4+3=7
じょにー  1+1=2
流      0+1=1

3回戦
ディーラーはノート・ラ、オープニングプレーヤーはじょにーさん。
ここで流氏が追い上げを見せます。
ビルドに次ぐビルドでとにかく枚数を稼ぐ。上手い。
このディールではスイープもあまり出ず、締まった戦いとなりましたが最初から最後まで完全に流氏のコントロール下にあったと言って良いでしょう。
猫さんは相変わらずマイペースに獲れるときに獲る、そいうスタンスでコンスタントに稼いでいます。
一方じょにーさんはまだ波に乗り切れない感じです。
このディールは首位ノート・ラを完封したのが大きいですね。


ノート・ラ 10+7+0=17
考える猫  4+3+2=9
流      0+1+7=8
じょにー   1+1+2=4

4回戦
泣いても笑っても最終ディール。
しかし、まだ差は大差です。
カシノは1ゲームのパイが10点なのですが1位と2位の点差が8点あるので、私としてはスイープにだけ気をつけながら、点札を数枚獲ってしまえば無理せず優勝できる絶好ポジション。
他プレーヤーとしてはともかくスイープチャンスを作りながら、しかも点札は独占するというつまるところ圧倒的大差での大逆転勝利を狙わなくてはならない場面。
ここへきてオープニングプレーヤーとなった流氏が頑張りましたが、点札は見事に割れました。
しかし、スイープは4回発生。
結果は以下のようになりました。

1位 ノート・ラ 10+7+0+3=20
2位 考える猫  4+3+2+3=12
    流      0+1+7+4=12
4位 じょにー   1+1+2+4=8

というわけで、第2回カシノ大会はノート・ラの優勝ということになりました。どもですどもです。
考える猫さんはカシノ系でも色々好みがあるようで、【タブラネット】や【スコポーネ】などルールが簡単(ビルドなどがない)ものが好きなのですね。今度はそっちでも遊びましょう。
流さんはもうちょっと練習していれば・・・という感じでしたでしょうか。
だいぶ上達したみたいなので次回はもっと楽しくなると思います。今回だけは勝たせてもらったという事でご勘弁を。。。
じょにーさん、久しぶりの参加ありがとうございました。
長旅でお疲れのところ突然始まったので戸惑ってしまったかも知れませんが楽しんで頂けたようで何よりです。
またお時間がある時に是非お越しください。

さて、ランキングの結果はどうなっているのでしょうか。
こちらをどうぞ。
【思宴会ランキング2nd】

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://fukuchigames.blog43.fc2.com/tb.php/291-2ac19efa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。