上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも、ノート・ラです。

先日第2回ドミノ大会が行われたのでその活動報告です。

開催日時:09年6月13日(土)14時~16時頃
開催場所:ノート・ラ家
参加者(敬称略・順不同)「考える猫」、さくや、TAMA、ぢ~ぷ、流、ノート・ラ(計6名)
花と蠍

花と蠍

第2回ドミノ大会では種目を【花と蠍】にしぼって3人卓×2×4Rで回しました。
今回私の準備が悪く、対戦表を事前に作っておかなかった為、組み合わせがかなりテキトーになってしまいました。申し訳ござーせん。
直前になって(というかゲームが始まってからも)あーでもないこーでもないと組み合わせを決めていましたが、なんだかよくわからなくなり、「まあ大体でいいよ」という皆さんの優しいお言葉に甘え、本当に「大体でいいやっ」て感じで強行しました。
でも、結果はきっちり反映されます!

で、オタオタやっていたせいで今度はゲームの得点を記録するのを忘れました。
まあ順位だけわかれば良いのですが、総合順位が同率の場合、総得点数で優劣を決めることができなくなりました。まことに申し訳ござーせん。

そんなこんなでグダグダな立ち上がりでしたが、兎にも角にもプレーヤーNoを決めるべくカードドロー。
こんな感じになりました。

1 TAMA
2 さくや
3 ノート・ラ
4 「考える猫」
5 流
6 ぢ~ぷ

花と蠍はとてもオモシロいですが、結構運要素の強いゲームです。
とりわけ目立つのが「最初にプレイする牌がダブレットだと2点」というルールで、加えて「誰かが20点先取した瞬間にゲーム終了」とし、さらにその場合、「隣のテーブルもそのディールを最後までプレイして強制終了」という事になってます。

スタートプレーヤーはまずはなんでも好きな牌をプレイできるので、ダブレットを持ってさえいればとりあえず2点が保証されます。
さらに28枚のドミノ牌の内、7枚はダブレットが含まれてますので、4枚に1枚はダブレットという事になり、手牌の5枚にダブレットが1枚以上は入っているだろうと期待できるわけです。
つまりスタートプレーヤーはほぼ確実に2点を取れる有利なポジションなわけですが、そうなると自分がスタートプレーヤーの時にダブレットが来なかった場合のダメージがかなり大きいんですよね。
この辺りは全て引き運に左右されます。

1stディールにスタートプレーヤーの下家に座っているプレーヤーは、スタートプレーヤーが最初にダブレットをプレイした場合、そこにダブレットをつなげる事はできないため、かなりの確率で初手ダブレットが出せません。
但し2番目に早くスタートプレーヤーの権利を得ます。

1stディールにスタートプレーヤーの上家に座っているプレーヤー(3人卓です)は、最も不利なように見えますが、スタートプレーヤーがダブレットを出せば、自分もダブレットを出せる可能性が多少あります。
この確率はスタートプレーヤーがダブレットを出せる確率の7分の2程度です。

手牌にダブレットがあり、それを初手でプレイできる確率はを計算してみました。
カタカタカタ・・・・チーン。

スタートプレーヤー・・・・76.3%
2ndプレーヤー・・・・・5.2%
3rdプレーヤー・・・・・21.8%

多分このくらい。多分ね、多分。確かめ算などしないように。
この権利がぐるぐる回っていきます。
スタートプレーヤーを全員が同じ回数だけこなせば何の問題もないのですけどね。
誰かが20点に達した瞬間ゲームセット!ですので、やっぱり1stディールのスタートプレーヤーがかなり有利でしょう。

そして今回誰がスタートプレーヤーになるかは賽ころで決めました!
ますます運要素が強くなっていきますな。。。
もうちょっと考えた方が良かったかなあ(^^;

ではここで簡単なプレーヤー紹介と事前予想を。

■1 TAMA
定例会には初参加になりますでしょうか。
悪の巣窟の主要メンバーですのでつまりは危険人物という事ですね。ドミノ歴長そうです。
計算力、状況判断力非常に高し。あと早口。
最終的には運があるかどうか、が勝敗の分かれ道でしょうか。

■2 さくや
前回の思宴会で遊んだのが花と蠍デビュー戦でしょうか。
現在ランキングトップなのでここでさらに弾みをつけたいですね。
優勝すればもう上位入賞はカタイ感じ^^
まあ、運があるかどうかが勝敗の分かれ道でしょうかね。

■3 ノート・ラ
最近「運ゲーのノート・ラ」などと呼ばれておりますが、確かに今回は狙えそうな気がしますね。
レギュレーションがぐちゃぐちゃなのも良い方向に作用するんじゃないかと見てます。
最近は「出せる牌を右から順に出すべきか、左から順に出すべきか。それが問題だ」という文学的格言を生み出したりもしています。

■4 「考える猫」
思宴会のドミノの女王(自称)。
なかよし村ドミノ大会で上位進出の経験有だそうです。でも種目が違うんだよね残念ながら(><)
ランキングはさくや女史、むらた氏に次いで現在3位。さくやさんを直接叩けば暫定首位が見えそうです。
勝負運が発揮できるかどうかが決め手ですかね。

■5 流
第1回ドミノ大会の覇者。つまり優勝候補筆頭ですね。
思宴会初の連覇を狙います。
天敵は女性陣でしょうか。なぜだか槍玉にあげられる事が多いし・・・。
結局のところ運があるかどうかが重要になってくるでしょう。

■6 ぢ~ぷ
賽ころの出目や引き運で勝負が決まっちゃうゲームより、じっくり戦略型が好みだそうです。
ということは今回ちょっとばかしキツイかな。
いやいや、花と蠍は運だけじゃない!
両端の目のどっちを残すか考えたり、下家の残り牌が何か予測したり、戦略も色々ありますので、やっぱり上位進出しそうな予感。
まあ最後の最後は運があるかどうかで決まるような気もします。


今回も例によってプレーヤーとして参加しているためあんまり周囲の状況は見てません・・・。
1回戦の結果はこんな感じでした。

1回戦 
Aテーブル
TAMA→さくや→ノート・ラの順で着席。
誰がスタートプレーヤーだったか記録してなかったなあ。記録奉行もご立腹です。
点数もつけてなかったし。
ただ印象的にひどかったのがノート・ラという人のプレイで、なぜかわざわざ蠍の目を作ってマイナスを喰らったりしていました。
またランキング首位のさくやさんは序盤から相当運に見放されており、唯一の出せる牌が蠍トライアングルだったり、蠍牌そのものだったりとにかくアタッてました。
聞くところに依ると「負のゴッドハンド」という通り名を持っているそうです。うわーお。
ただ序盤だったのが不幸中の幸い。
0点以下まで計算するゲームだったらマイナス15点くらいまでいってたかも知れませんしね。
まあなんの慰めにもなってませんが(^^;
その点順調だったのがTAMA氏。抜け目ナイねえ。
ちゃくちゃくと得点を重ね、初参加初優勝へ向けて一歩前進しました。

1位 TAMA
2位 ノート・ラ
3位 さくや

Bテーブル
「考える猫」→流→ぢ~ぷの順に着席。
注目は流氏の栄光の二連覇に向けてのロケットスタートがあるかどうか。
ポイントは苦手としている?ドミノの女王とどのように戦うか、でしょう。
しかし今回女王は絶不調のご様子。
その上間違って蠍牌を出してしまい、「あ、やっぱヤメヤメ~」などと言って一度出した牌を引っ込めるという横暴プレイ(というか反則なんですが・・・(^^;)も発動!
ジェントルメンな流氏、ぢ~ぷ氏は黙認してあげてたようです。
さすが、優しいねー^^
流氏が20点を先取し1歩リード。
これは二連覇が見えてきたか・・・?

1位 流
2位 ぢ~ぷ
3位 「考える猫」


2回戦
Aテーブル
TAMA→考える猫→ぢ~ぷの順に着席。
点数をつけてなかったので忘れてしまいましたが3人とも20点リーチ状態で最終局面を迎えたテーブルはここでしたでしょうか?
ほんのわずかな差でも1位と3位では大違いですから、勝った方にも負けた方にも非常に重要な1戦だったんじゃないかと思います。。
そう考えるとやっぱり親になったプレーヤーは有利ですよね。
当初コミ出しのハンディも考えたのですが、まだ研究不足で適正な点数が算出されてないのです。
さてさてゲームの方ですが、注目は1回戦1位のTAMA氏が2回戦も1位通過するかどうか、です。
逆に1位猫さん、2位ぢ~ぷさん、3位TAMAさんだと全員横並びになるのですが・・・。
結果はこちら。

1位 ぢ~ぷ
2位 TAMA
3位 「考える猫」
ぢ~ぷさんが2位→1位とつけてTAMAさんと並びました。
猫さんはこのあと1位→1位でももう優勝は厳しいかもー。

Bテーブル
さくや→ノート・ラ→流の順で着席。
このメンツになった場合にまず試みることは二虎共食の計。
さくや女史に流氏を叩くようけしかけます。
流氏にはその逆をけしかけます。
二頭の虎を闘わせ、漁夫の利を得る作戦ですよ。ふっふっふ。
まあ結果として大抵は流氏が一方的に叩かれるのですけどね。流氏は虎って言うか子羊っぽいし。
しかし今日の流氏は踏ん張った。二連覇がかかっているからでしょうか。
さくやさんは初戦からのツキの無さをいまだ引きずっている様子。
一方、計略の効果がちょっと狙いとは違ってたけど、漁夫の利作戦が概ね成功しまずまず戦果を上げた私が1位。
今更だけどダブレットはトライアングルポイントやスクエアポイント用に隠し持った方が良いね!
終盤、花賽3・3のディールで3と3の場に3-3ダブレットを出す6点プレイでさくやさんもスコアを伸ばしましたが及ばず。

1位 ノート・ラ
2位 流
3位 さくや

ここまでで男性陣4人が3点で1位タイ。
女性陣2人が6点で5位タイ。
ちょっと珍しい展開になってきました。


3回戦
Aテーブル
TAMA→ノート・ラ→流の順で着席。
現在全員1位同士という不気味なテーブル。
ここでの1位と3位には雲泥の差があります。
最も重要な一戦と言っても過言ではないでしょう。一手を大事に。判断は慎重に。

ノート・ラ 「う~ん。。。あれがあーなってこうなるから・・・ここは・・・これだァ!!」
流     「それ、蠍だよ。」
ノート・ラ 「あっ、しまった!!今日4回目だ~。」(←バカ)

しかし運ゲーのノート・ラの異名は伊達じゃないという事がわかりました。
この大事な一局でここぞとばかりに強運を発揮。
あれよあれよと言う間に加点しそのまま1位通過。
二連覇を狙う流氏は親番の初手ダブレットの2点以外得点全く無しという快挙を達成。

1位 ノート・ラ
2位 TAMA 
3位 流
運ゲーのノート・ラ初優勝は目の前です。
二連覇の夢が遠のきしょぼくれる流氏。
TAMAさんも4回戦の結果次第ではまだまだ優勝の目があります。


Bテーブル
考える猫→さくや→ぢ~ぷの順で着席。
3回戦はこちらBテーブルが時間切れ卓になったのですが、最終局面でさくやさんが粘りの長考。
色々なパターンを試行錯誤してました。
どういう順番で出しても結果は同じだったようなのですが、勝ちスジがあったとすればたどり着いていたでしょうね。うーむ、素晴らしい。
ぢ~ぷさんはここで1位抜けできれば、隣で他の1位タイ3人が潰しあいをしてますので非常に有利。
とは言えここで3位→3位の女性陣2人を叩くのは勇気要りますよねえ。
やりづらそう~^^
とか思っていたのですが・・・

1位 ぢ~ぷ
2位 さくや
3位 「考える猫」
おおっ、勝負の世界に情けは無用ですね。
鬼となったぢ~ぷ氏が優勝に王手をかけました!
女王は別の記録を更新中です^^


ここで当日は明かされなかった3回戦までの暫定順位を発表。

1位  ぢ~ぷ 4点
    ノート・ラ 4点
3位  TAMA 5点
4位  流    6点
5位  さくや  8点
6位  「考える猫」 9点

優勝の可能性は男性陣上位4人に絞られていたようです。
4回戦の組み合わせを考えると、まず流さんは私を3位に抑えて自分が1位を取り、隣卓でぢ~ぷさんが3位、TAMAさんが2位になった場合のみ4人が同点優勝、という非常にレアなケースでのみ優勝に絡みます。この場合は4人でプレーオフかな。決めてなかったけど(^^;
私とぢ~ぷさんは自分が4回戦1位を取り、相手が2位以下であれば単独優勝。
TAMAさんは自分が4回戦1位を取り、ぢ~ぷさんを3位に抑え、かつ隣で私が3位であれば単独優勝。
ややこしいですが、ぢ~ぷ・ノート・ラに分がありますね。
どちらが勝っても初優勝です。
さてさて結果はいかに。。。


4回戦
Aテーブル
TAMA→さくや→ぢ~ぷの順に着席。
泣いても笑っても最終戦、AテーブルはTAMAさんとぢ~ぷさんの上位直接対決です。
特にTAMAさんはぢ~ぷさんに勝たないと優勝は絶対にないので踏ん張りどころ。
ところがここで気を吐いたのがさくやさん。
序盤のツキの無さを払拭しての1位通過。ゴール直前でエンジンがかかりましたね!
問題は2位争いですがぢ~ぷさんに軍配が上がった模様。
TAMAさんはここで力尽きました。残念。

1位 さくや
2位 ぢ~ぷ
3位 TAMA


Bテーブル
ノート・ラ→「考える猫」→流の順で着席。
同時進行なので隣卓の結果など知る由もありませんでしたが、結果としてここで1位さえ取っていれば文句無く初優勝が転がり込んでくるはずだったんですねー。
もちろん狙ってましたよ。必死でした。

ノート・ラ  「うーむ、考えに考え抜いた結果、次の一手は・・・・これだッ!!」
考える猫 「それ蠍じゃない?」
ノート・ラ  「あっ、しまった!!今日5回目だ~」(←大バカ)

運に頼りきったたプレイングスタイルが通用するのもさすがにここまで。
せめて2位を取ってさえいれば良かったのですが、ここまでオール・ドベというこっちも思宴会史上初なんじゃないのという不名誉な記録に王手をかけていた女王がついに本気を出しました。

1位 流
2位 考える猫
3位 ノート・ラ
ぎゃあぁぁ~、また詰めの甘さを最大限に発揮してしまった・・・・。
流氏も惜しかったなぁ・・・二連覇まであと一息だったのですけどねー。
しかし本気になった女王はやっぱり強かった。。。。


・・・・というわけで第2回ドミノ大会はぢ~ぷさんの優勝です。おめでとう~パチパチパチ^^
初参加から2大会目にして早くも優勝です。素晴らしい。
やっぱり運要素強いとは言え考えるところは考えないと勝てないのよね。

順位表はこちら。

優勝  ぢ~ぷ
2位   流
     ノート・ラ
4位  TAMA
5位  さくや
6位  「考える猫」

流さん、いやあ惜しかったねえ。二連覇。でもなんからしいと言えばらしい結果ですよね。
でもまだ総合順位とか色々あるし頑張ってください。
TAMAさんも非常に惜しかったですよね。花と蠍に限らず今後色々なドミノで楽しく勝負していきましょう。
さくやさんは徐々にペースを上げてましたね。3回戦の深ヨミや執念が4回戦の勝利につながったんじゃないでしょうか。続けてもう1回やったら優勝しそうな勢いでした。
考える猫さん、今日は非常にツイてませんでしたね。まあそういう日もありますよ、女王だけど。
組み合わせとか色々おかしかったし仕方ないッス、女王だけど。


いつも以上にグダグダな大会でしたが皆さんお付き合い頂きありがとうございました。
おかげさまで笑いの耐えない楽しい大会となりました。
そしてやっぱり花と蠍は楽しいですね~^^
今度は四人でペア戦にしてシビアな勝負をしてみても面白いかも知れません。
ともあれみなさんお疲れ様でしたー。

気になるランキングの結果はこちら。
【思宴会ランキング2nd】
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://fukuchigames.blog43.fc2.com/tb.php/282-e01c1065
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。