上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
素人だって初心者だって囲碁を打ちたい語りたい!
そんな要望を受け、思宴会メンバーで有志を募り碁会を開きました^^

『農虎会』
日時:2009年6月5日18時~21時
場所:都内某会議室
参加者(敬称略・順不同):犬福、おぎ、「考える猫」、トビやん、ファ熊、ノート・ラ(計6名)
碁会 農虎会2
飲み物もアイスにする人が増えました^^

経験者は私1人であとはほぼ全員入門者でしたが、ルールを1から説明するところからはじめて
あとはひたすら楽しく打ってコツを掴んで頂くという放任っぷり。
ただ私の経験上、碁は入門がすでに大きな壁であり、たとえ九路盤であってもルールを聞いていきなり終局まで打ち切ることはまず無理だと思ったので、今回は九路盤よりもさらに狭い六路盤を沢山用意しました^^

六路盤ではその狭さから黒と白がそれぞれ2つ以上に分かれて活きることはまずありません。
黒の一団vs白の一団というわかりやすい図式に必ずなる事と、すぐに石が接近するので地を囲う、石を取るという2つの重要な概念が理解しやすいという特徴があります。
また1局が2~10分程度(双方が長考してもまぁ15分くらい?)で終わるので、大負けしても取り返しがつかないミスをしても「もう1回!」と言えるのもまた特徴のひとつです。
入門者が九路盤で打つと1局でくたくたになりますもんね(^^;

そんなこんなで

ルールの把握
ポン抜き(アタリの石を取る。)
連続と切断
終局合意
地を数える

と全員がこなせるようになりました。
これで初級者の仲間入りです!

最後は1時間ほどかけてリーグ戦を行いましたが、みんな真剣な表情で盤をにらんでアツい闘いを繰り広げ、結局全対局をこなすことなく時間オーバー。
参加者が偶数だったので私も一応頭数に入りましたが、参加者の中では前回も熱戦を繰り広げたファ熊さんが早くも1勝を上げたようで一歩リードでしょうか。
(コミ無しで黒白交代の二局一対で打っている為、2連勝しないと勝ちにはなりません。白番で勝つのは難しいので1勝するのはなかなか大変なのです。)

おぎさんは将棋の有段者だけあってヨミが深く、私も軽い気持ちで中央でキリあっての空中戦を挑んだら要石を取られて投了させられました(^^;
常に三手先は見てるし、手がありそうなところはしっかりヨンでるし、終局の形まで完全にマスターしましたね。
終局前にきっちり目算もしているし、あっという間に強くなりそうだなぁ。。。。

しかしそのおぎさんに、アブストラクト全般的に初心者の紅一点「考える猫」さんがイケイケの黒番先勝!!
白番でも「勝ったと思ってた」と局後に振り返るほどのパワーを見せましたが、ここはおぎさんがしっかり星を拾い、1勝1敗の引き分け。
いやぁ驚いたわ~。
接近戦では一歩譲っても気づくと地合で押してるんですよね。
相手の石を取ろうと攻撃的な打ち方をするのではなくて、自分の石が取られないように固く打つ女性的な感性が功を奏したのでしょうか。

トビやんはルールは以前勉強したので知っている、というだけあって最初は猫さんに教えながら打つなど余裕がありましたが、勝負師ファ熊さんの前に悔しい敗戦。
とは言え実力はみんなまだまだ互角です。勝負は時の運ですよ。次回に期待。
そういえば今日トビやんとはお手合わせしなかったな。
一局くらい打っておっておきたかった。

犬福さんは唯一人の完全入門者(全く初めて)で、ちょっと不利なスタートでしたがあっという間にみんなに追いついてしまいました。
他の方もそうですが今日は犬福さんが特に素晴らしい上達をされたのではないかと思います^^
人数の関係で私と打った後、トビやんと打って途中終了となってしまいましたが、終局判断ができるようになったようですのでもうどこでも一局打てますね!
次回はもっと強くなっちゃうんじゃないかと思います^^

と、いうわけで参加者全員28級に到達致しました。
(*白江治彦七段・「基礎を固めてレベルアップ」より)
おめでとうございます!

次回はシチョウのスジ(27級)、ゲタ(26級)などを含め、石を取るテクニックなどを勉強できれば、と思います。
石を取るのが上手くなるとまたひとつ碁がオモシロくなるんじゃないかと思いますよ。
まあ逆に石を取られるとホント悔しいんですけどね^^

それでは皆さんお疲れ様でした~
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://fukuchigames.blog43.fc2.com/tb.php/281-ed9ceb84
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。