上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国でも大人気の花札ゲーム
【ゴー・ストップ(花闘)】
ゴーストップ
韓国の花札「花闘」を使ったゲームです。
詳しくはファ熊さんの著書【アジアゲーム読本】に書かれておりますので、そちらを参照下さい^^

簡単に説明しますと、手番にできることは場札に手札を合わせ、さらに山札から1枚めくり合う花があれば合わせて取る・・・これを繰り返し出来役を競います。
2人の場合は7点、3人の場合は3点を取った時点で上がり(ゲーム終了)の権利を得ますが、まだ点が取れると思ったら「ゴー」宣言をしてゲームを続けることができます。そのまま上がりたいときは「ストップ」です。
さらにもう1点が取れた場合、「ゴー」のボーナスが1点入ります。
しかし、逆に「ゴー」宣言をして自分が追加点を取る前に別のプレーヤーが上がり点に達してしまった場合、「パガジ」といって「ゴー」宣言していたプレーヤーは倍付けで支払わなければなりません。
「ゴー」をするか否かは相手の点数が上がり点に達するかどうかの見極めである、と言えます。

ゲームの流れは【アジアゲーム読本】を是非買って読んでみて下さい。
ゴーストップだけでなく他にも花闘のゲームは天九牌を使ったゲームの紹介など詳しく書かれておりとても参考になりますよ~。

出来役に関して

五光(オーガン) 15点
四光(サーガン)  4点
三光(サムガン)  3点
雨三光(ピーサムガン) 2点
タネ札(ヨルクゥ)は5枚目から1枚1点 7枚で得点2倍
短冊札(ティー)短冊札は5枚目から1枚1点
紅短(ホンダン)3点
青短(チョンダン)3点
草短(チョダン)3点
五鳥(コドリ)「2・4・8月の鳥が描かれた札3枚」を集めると5点
カス札(ピー)は10枚目から1枚1点

その他一般規定が色々ございます。
いずれゴーストップ大会を開催しますので、事前にルールを知りたい方は参考文献である「アジアゲーム読本第1集」をお買い求めになるか、私かファ熊さんに向けて質問コメントをどうぞ。

「アジアゲーム読本」はグランペールさんから絶賛発売中です。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://fukuchigames.blog43.fc2.com/tb.php/27-fbfa4a22
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。