上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
28(土)日は夜からファ熊さん宅にお邪魔し、2人で色々と遊びました。
まずは最近ファ熊さんが気になっているという【ピシュティ】。
ピシュティ
トルコのカシノ系ゲームなのですが、私もファ熊さんも遊んだ事がなく、ゲームファームさんのルールを参考にしながら練習ラウンドを数回プレイ。
http://www.gamefarm.jp/modules/gamerule/page.php?game=pishti.html
Jのピシュティを認めるか認めないか、山札の一番下のカードを表向きにするかしないかなどで色々話し合いが行われましたが、最終的にはJのピシュティは認めず山札の1番下のカードは表にしない、というルールに落ち着きました。
これはかなり良いゲームですね。
Jがワイルドなところなどタブラネットに良く似ておりますが、2人ないし4人用とうたっているあたり、不条理さを楽しむゲームではなさそうです。
得点計算はクリベッジボードを使っても良いのですが、トルコ式の記述方法があるそうなのでやってみました。
ピシュティ得点表
この得点表も紹介記事によって細部に違いがありますが、こちらは一応パガット式。
結果はご覧の通りです。

ファ熊   154
ノート・ラ  130

次はフィッシングゲームつながりという事で【休閑垂釣】を。
休閑垂釣(シュウシエンチュイデャオ)

xiuxian chuidiao・シウシエンチュイデャオと発音するそうですが、舌を噛み切ってしまいそうなので「きゅうかんすいちょう」と読む事にしたいと思います。
足して14になるカードを釣っていき、その後1枚多く補充したハンドから1枚を選び場に捨てる、これだけを繰り返す単純なゲームです。
足して14にするというシステムがなかなか良いのですが、最終的には必ず釣りきれなかった絵札が場にたっぷりと余ります。
うすうす気づいてはいたけどシステムとしてこれはまずいでしょう、という事で今度は絵札はKは3か13、Qが2か12、Jが1か11として使える事にしよう、と決めました。
今度は絵札が重宝するので9や10などのミドルカードを捨てる事になるのですが、絵札の力がかなり強く、何も釣れない手番がほとんどなくなってしまいました。
一応を優先的に釣る、など考えるところはあるにはありますが、大味になった感は否めません。
そこで今度は絵札は抜いて40枚のデッキで遊んでみる事にしました。
これはなかなかイケるかも知れません。
もう少し改良を加えて新ゲームとしてみんなで遊べたら良いですね^^
実験に夢中になって得点をひかえるのを忘れました(^^;)

次は、パーラット氏の創作ゲーム【ジャッコ】です。
ジャッコ
この人の考えるゲームは本当に締まってますね!
ルールを読んだ段階では相当なガチゲームではないかとの印象を持っていたので、これはとりあえずファ熊さんと遊ぶしかない、と思い、今まで出し控えていた一品です。
しかし、実際に遊んでみるとそこそこ運の要素も含んでおり、技術の差が幾分先行するでしょうが、全く上手に歯が立たないというほどのガチ度でもありませんでした。
ゲームの重さとしてはこちらもパーラットの創作ですが【ダックスープ】と良い勝負かも知れません。
トリックテイキングでない分、ジャッコの方がとっつき易いかも。
ルールはゲームファームさんを参照しました。
http://www.gamefarm.jp/modules/gamerule/page.php?game=jacko.html

時計は朝の4時を回っていましたので、九路盤で碁を一局打って就寝。
翌日は9時半ごろからダラダラと起き始めました。
天九牌などを遊ぶ予定と聞いていましたが参加者は5人(1人多い)なので、私はNHK杯の決勝でも観ながらのんびりさせてもらおうかしら、などと考えておりますと、ここでファ熊さんに一通のメールが着信。
なんとお鬚処blogのひげダイスさんから、調布たづくりゲーム会で【手本引き】が立つのでみんなで遊びに来ませんか?とのお誘い。
手本引きが遊べるなんて機会は滅多にありませんし、クローズ会に誘われるというのは非常に光栄なお話。
お邪魔しない手はありません。みんなで車で押しかける事に。
まずはまっちゃんさんが到着したので、「考える猫」さんが来るまで何か遊んで待とう、という事で
【禽将棋】を指しました。
禽将棋(とりしょうぎ)
駒の動かし方がよくわからないので、あんちょこを見ながら指していきます。
当然読みもへったくれもないのですが、ノート・ラ将棋に守り無しの格言?通りガンガン攻めていきます。
そして全て玉砕(^^;
日本将棋と比べて使い勝手の悪い特殊な駒ばかり揃っており、初期配置の段階ではとにかく窮屈です。
その分、取った駒を張ってなんぼのゲームという気がします。
その為、しばらくは陣形云々には拘らず、ひたすら駒得を目指すのが有効な戦術だと気づきましたが時既に遅し。
禽将棋3
全く自分からは仕掛けてこないまっちゃんにとにかく駒を取られまくる。
「やっぱり将棋は自分から仕掛けちゃダメですよ、へっへっへ。」とご満悦。ぐぐっ(><)
最終的には下図の状態で詰み。
禽将棋2
まっちゃんさんの言う通り、熊鷹の駒がめちゃくちゃ強い!
コイツを活かせなかったのは痛かったですね。でも面白かった。また指しましょう!

猫さんが到着したのでたづくり会へ。
TAMAさんは現地集合という事になりました。
開場は非常にきれいで広い会議スペース。
私達を含めて16人ほどの参加者がいらっしゃいました。
よそ様のサークルでしかもクローズ会ということですので、写真をパシャパシャやるのは控えましたが、まっちゃんさんとTAMAさんは【アクワイア】、ファ熊さんは【ノイ】や【サメ警報】、私は【ドミニオン】、【コロレット】などを楽しく遊びました。
考える猫さんはクニツィアの新作らしきゾンビゲームを遊んでいたようです。
名前を聞いておけばよかったな(^^;

さてさて、メインディッシュはやっぱりこちらの
【手本引き】
手本引き
(念の為書いておきますが一切賭けてませんよ(^^;)
16人が4チームに分かれ一人親10回分の勝負をし、最も稼いだ人が優勝。
私は一度遊んだ事があるので、最初に親をやってくれと言われ早くもドキドキです。
しかし、逆にみんなが肝を掴むまでに親を抜けられたのがラッキーだったのかも知れません。
KYな事に飛び入り参加で優勝してしまい、賞品のダイスタワーまで頂いてしまいました。
みんなに拍手で称えられ、写真を撮ってもらったりしているとまっちゃんさんがいつの間にか横に。

「チップ1枚差で2位でしたよ。。。」
目が笑ってない!この人きっと何か仕出かすぞとその時直感しました。

みんなまだ遊び足りないという事でファ熊さん宅へ戻ることに。
お菓子を食べたりお茶を飲んだり談笑しながらも、全員水面下では「次はこれを遊ぼう」と自分のやりたいゲームを出すタイミングを計っています。
ファ熊さんは伝統ゲーム、まっちゃんさんはドイツゲーム、TAMAさんはいくつかレトロなゲームを持ってきてました。
私の主張はいつもの事ながらトランプ。
こういうときは大体中立的立場にいる猫さんの意見を求めることになります。
私は言葉巧みにドミノの話題を引き出し、TAMAさんもそれに乗っかって最初のゲームは
【チキンフット】に決定^^
チキンフット
ほぼ全員初プレイだったので結果は記録せず様子見プレイ。
TAMAさん曰く、足し算をしなくていいから初心者にもおススメのゲームだそうです。
足し算をするゲームってどんなの?と猫さんが食いついてきたので、そのまま
【カンテット】で遊びました。
カンテット
ファ熊・猫ペアとTAMA・ノート・ラペアの対戦。
まっちゃんはゲームを抜け信用金庫を開設。
要はチップ配り係ですが、配り間違いをしそうになる度、不信用金庫呼ばわりされていました。
ゲームは途中まで接戦だったのですが、TAMAさんの手牌がどうにもならないヒドさな上にファ熊さんが面白いようにマッギンを決めていくので徐々に離されていきます。
気づくとすでに勝利点32点に届いていたのですが、すでに次ディールが始まってしまっていたので、続ける事に。
ファ熊「こっから先は消化試合だからね。もう勝負ついてるんだからね。」
しかし、ゲームとは面白いものでここでTAMA・ノート・ラペアが爆発。
途中でプレイできずに4ドローしたファ熊さんの残り手牌も合わせ、50点近くまで加点。
大逆転劇です。
ノート・ラ「まあ、50対36で大差ですけど、それでも勝ちを主張されるのでしたら譲りますよ^^」
ファ熊「ぐっ(嫌なヤツ!)」

ここで私がトランプリクエスト。
【ラフ&ライダウン】というゲームを出しましたが不評。
実際微妙なゲームでしたな(^^;)
まああえて紹介はしません(笑)

残り時間もあとわずか。
いい加減ドイツゲーム立てさせろ!と痺れを切らしたまっちゃんさんが結構強引に
【メンバーズオンリー】を出したので、付き合うことに。
メンバーズオンリー
ルールの説明を受けている段階では、どんなゲームなのかさっぱりわかりませんでしたが2~3ラウンドほど遊んでみてようやくわかってきました。
こういうゲームは練習で数ラウンド遊んでみて理解できたら最初からやり直す方がわかりやすいのかもなぁ。
最近ルールが全然頭に入ってきませんのよ。我が身の衰えを感じます(><)
まっちゃんの十八番、「新ルール後出し」も今や全員が警戒するようになっていますが(笑)今回は特別ヒドイのは出てきませんでした。逆にがっかりです。

このゲームはできるだけ他の誰かと利害を一致させ、協力体制を布いて得点を重ねるゲームっぽいです。
逆に終始我が道を行くでは勝てませんし、みんなと上手くやっていく事が肝要ですよね。
しかし途中で気づいたのですがどうにも、私のビッドをずっと妨害し続けている人がいます。
「他プレーヤーと協力しなくちゃいけないからパンデミックは好きじゃない」と豪語する男、まっちゃんです。
手本引きの借りをここで返そうという事でしょうか。(返し方を間違っているんじゃ・・・)
いつもは長考するくせに何故か私を妨害する一手だけはノータイム(笑)。

ファ熊 「まっちゃんさん今日はスゴイですねえ。もう完全にノート・ラさんの頭を革靴で踏みつけて地面におでこ擦り付けてますね(笑)」
ノート・ラ 「しかも私、手札の関係上、どうしてもまっちゃんさんをアシストしちゃうんですよ。踏まれた上にその革靴を笑顔で舐めてる気分です(笑)」

貧乏神に取り憑かれ、スタートから最下位を独走!
その後も執拗に革靴プレイが続きます(笑)。
(とまあ文章だけ読むとまっちゃんさんがすごい嫌な人の様に見えてしまいますが、実際には決してそんな事はなくゲーム中は常に笑いに包まれた楽しいムードです^^)

結果
1位 ファ熊 24p 
2位 まっちゃん 19p
3位 TAMA 17p
4位 考える猫 15p
5位 ノート・ラ 12p
これだけこっぴどくやられたのに楽しかったな~。
これはものすごく良いゲームかも。もう売ってないのは残念なり。
また遊びたいので持ち込み宜しくです^^

気づけば21時を過ぎていましたので、みんなで韓国料理屋へ移動。
(花闘ママの店ではないのですが、ここもかなり良いお店!)
焼肉を食べながら2時間近く声が枯れるほど大騒ぎし、2日間の締めとしました。
ファ熊さんとまっちゃんさんはその後も2人でドイツゲームをしていたらしいですが・・・(^^;)

お疲れ様でした!
今週は喫茶トランプと平日夜会を予定していますので、参加される皆様はそれぞれよろしくお願いします~
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://fukuchigames.blog43.fc2.com/tb.php/255-583429c3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。