上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも、ノート・ラです。

先日、第2回ファイブハンドレッド大会が行われたのでその活動報告です。

開催日時 : 09年3月14日(土)14時30分~17時
開催場所 : ノート・ラ家
参加者(敬称略・順不同)「考える猫」、さくや、ジャンク、流、ファ熊、まっちゃん、むらた、ヤンファー、ノート・ラ(計9名)
ファイブハンドレッド

2ndシーズンの第2戦です。
また前回チャンプの初防衛戦という事にもなります。
第1回ファイブハンドレッド大会は、8人参加だったので完全ペア戦で優勝はたたみいわし・流ペアでした。
今回は9人参加の個人戦(3人卓×3つを4回戦)ですが、流さんが出場し思宴会史上初の2連覇を目指します。
それほど特殊なルールは取り入れてないと思いますが、思宴会ルールではミゼール250点は8と8の間のコントラクトという事になっていて、ミゼールビッドの制約は特にありません。
オープンミゼールと10NTは520点で同位コントラクト。
パスアウトは1トリック10点のNTゲームで、オープニングリードはディーラーです。

今回は時間の関係上止む無く1ゲーム30分制にしたのですが、このレギュレーションは大きくゲームの性質を変えました。
また順位点が同点の場合は直接対決の結果を参照します。
今回に限った事ではないですが、優勝するにはこれら大会規則をも味方につけなければなりません。

いつも通り、カードでテーブルと組み合わせを決めます。

1、むらた
2、ファ熊
3、ノート・ラ
4、まっちゃん
5、考える猫
6、さくや
7、ヤンファー
8、ジャンク
9、流
各自がそれぞれ全員と1回ずつ当たるようになっていますが、その組み合わせは全てこのカードドローで決まります。

次にプレーヤーの簡単なご紹介です^^
■1.むらた(500歴:??)
トランプ、特にトリック系に強く、【ピッチ】や【エカルテ】のような比較的運要素強めなものを好む(本人談)。
とは言うモノのかなりの使い手と見ています。
これまで私との対戦経験はないのですが、某ブラックレディー大会で準優勝されていたのを目撃しています。

■2.ファ熊(500歴:少々)
最近、トリック系では勝てる気がしないよ、と大会前にこぼしていたのは前日一睡もしてない体力的な不安もあってのことでしょうか。
持ち前の粘り強さと読みの深さに期待がかかります。

■3.ノート・ラ(500歴:それなり)
ノート・ラという名前はこのゲームの別名【ノートラ】から取りました。それだけにこの大会だけは負けるわけにはいかん!という強い気概を持って臨んでいます。
若干力が入り過ぎなのとそれほど強くないのが問題点(^^;)

■4.まっちゃん(500歴:少々)
オーヘル大会優勝の実績からみても上位進出の可能性が非常に高い好プレーヤー。
相手を煙に巻くトリッキーなプレイを得意としていますが、時折自分を煙に巻いています。

■5.考える猫(500歴:少々)
最近昇り調子の猫嬢。
スカートをマスターしたことを考えても今回は十分優勝を狙えるのではないでしょうか。
わからないな~と言いつつ結構わかっている事が多いので油断なりません^^

■6.さくや(500歴:初めて)
今日が500デビュー戦とは言え、ナポ姫ことさくや嬢はカードプレイも上手く油断ならない存在です。
ただ経験不足の為適正ビッドの見分けは難しいのかも。
他に初プレイプレーヤーがいないのも苦しいところ。何とか上位に食い込みたいですね。

■7.ヤンファー(500歴:それなり)
とぼけた顔してこの人のカードプレイは全て計算尽くですのでご注意を。
優勝候補の1人です。ただし、ビッドがあまり上手くないという弱点もあり。
統計を見る限りまっちゃんさんとの対戦成績悪し、流さんとの対戦成績非常に良し。

■8.ジャンク(500歴:それなり)
こちらも優勝候補。
Mrミゼールの異名を持ち(誰も呼んでませんけど)、先行逃げ切りを得意としています。
この人を前に出させると厄介です。
私はよく負かされています(^^;)

■9.流(500歴:少々)
前回の覇者ですが前回大会以降1回も500を遊んでいないらしいです(^^;)
実力は十分ですので、是非史上初の2連覇を成し遂げてほしいところ。
天敵の女帝を上手くかわせるかが鍵?

30分ほどの練習を終え、いよいよ本番の始まり始まり。
まずは1回戦の模様をお伝えします。


1回戦
Aテーブル
1位 むらた ②6down ④ミゼール 計270
2位 ファ熊 ①6            計240
3位 ノート・ラ ⑤ミゼールdown ⑥7down ⑦6down 計-390
*3rdはパスアウト
練習中から弱気だったファ熊さんが1stディールから一変、いきなり6を決めました。
弱気な人はこういう立ち上がりをまずしません。やられた~(><)さすが勝負師。
その後は4thのむらたさんのミゼール達成に焦って私が自滅していくというパターン。
時間制だと先行逃げ切りは有利かも。。。。

Bテーブル
1位 さくや    計90
2位 考える猫 ②6down 計-60
3位 まっちゃん ①7down ③7NTdown  計-320
なんとわずか3ディールで時間切れとは・・。しかもオールダウン(私は人の事言えませんが)。
初戦のリズムの掴み方の難しさと時間に追われるレギュレーションの特徴を象徴するかのようなテーブルでした。
ともあれ初プレイのさくやさんは初戦を1位抜け。
まっちゃんさんは両手に花で浮かれてしまったか。

Cテーブル
1位 ヤンファー ⑤6 ⑥7NT 計360
2位 ジャンク  ②6NT         計230
3位 流     ①6       計210
*3rd、4thはパスアウト
「あそこに入らなくて良かった」と誰もが胸をなでおろした優勝候補がひしめき合う死のテーブル。
初戦だからと言ってダウンして隙を見せるようなことは誰もしません。
引き際も良くわきまえていて全員降りるべきところは降りているのも流石。
時間に追われず、最後まで喰らいついたヤンファーがきっちり初戦を制しました。

何となくCテーブルの中から優勝者が出るんじゃないかな~なんて雰囲気が早くも出来上がっていたり。
私は初戦で3位になってしまい、かなり苦しい状況。
しかし大会はまだ始まったばかりです。


2回戦
Aテーブル
1位 まっちゃん ①6down ④7 ⑤6 ⑥6down ⑦8NT 計400
2位 むらた   ②ミゼール ③6 計340 
3位 ヤンファー 計80
多少無理筋でも強引に勝ちに行くまっちゃんさんの性格がモロに出ましたね。
カードゲームには運もつきものですから勢いでどうにかしようとするのは良い作戦だと思います(私はね)。
今回は結果も良かったようですしね。
むらたさんもヤンファーも冷静でしたが時間制に泣いた形かも知れません。

Bテーブル
1位 ジャンク ①6NT ②6 計250 
2位 考える猫 ③6 ④6 計160 
3位 ファ熊 ⑤6down 計-30
1回戦2位のジャンクさんが2回戦を1位通過し好調に走り出しました。
考える猫さんも2度の6ビッドを確実に決めて2位-2位と悪くない成績。
ファ熊さんは序盤好調だった1回戦を1位で通過できなかったのも響き、ちょっとだけ後退です。
カード運も悪かったのかも。

Cテーブル
1位 ノート・ラ ②6down ③6down ④6 ⑥7NT 計190
2位 流 計160
3位 さくや ①6down 計0 
*5thはパスアウト
さくや嬢が1stディールでダイヤのカード1枚をハートと見間違えて立つというハプニングがあり、メンズは大喜び^^
一方私は、序盤先行を狙うもとり憑かれたかのように「1個だけトリックが足らない症候群」から抜け出せず(><)
こういう時は力業でなんとかするしかありません。
他のプレーヤーに好ビッドを決められてしまうとそこで大勢が決してしまうからです。
とにかく小さいビッドでも細かく加点。流さんが慎重すぎるほど慎重なのが幸いしました。
さくや嬢曰く「流ちゃん、男らしくなーい!」。当の本人(流ちゃん)は何故かちょっと嬉しそう。
最後は7NTで何とか1位抜け。優勝争いに首の皮1枚つながった感じです。
さくやさんとも同点。流さんは一歩遅れた感じですね。


1位-1位で抜けたプレーヤーはいなかったので、この時点でのトップは1位-2位のむらたさんと2位-1位のジャンクさん。以下混戦です。
まだまだ勝負はこれからこれから^^



3回戦
Aテーブル
1位 考える猫 ④8 計350
2位 むらた ①7   計210
3位 流 計120
*2nd、3rdはパスアウト
ダイヤモンドの神に愛された女、猫嬢がビッグハンドを決めて1位通過!初タイトルが見えましたね^^
流さんは2戦連続のノービッド(ビッドはしているのかも知れませんが立てなかったという意味で)。
猫さんからも「男らしくナ~イ。」と罵られてました(笑)。
それでもただひたすら我が道をゆく孤高の漢・流氏は結局3位。脱落した感が否めません。
むらたさんは2位を守り、好位置につけます。ここまでほとんどノーミスなんですよね~。

Bテーブル
1位 ヤンファー ①6 ④6NT 計280
2位 ファ熊 ③6        計150
3位 さくや ⑤ミゼールdown         計-160
*2ndはパスアウト
ヤンファーとファ熊さんがともに6を決めて頭ひとつ抜け出したのですが、八十分流の使い手ヤンファーが立て続けに6NTを決めてリード。
NTの読みが強いのも八十分流の特徴です。
さくやさんは時間ギリギリのタイミングで逆転を狙うミゼールの妙手を放ちます。
成功すれば逆転1位抜けでしたので、タイミングとしては申し分なかったのですがハンドにもうひとつ味がほしかったですね。
それでも十分魅せる展開ではありました^^

Cテーブル
1位 ノート・ラ ①6down ②8NT 計320 
2位 まっちゃん ④8down         計-210
3位 ジャンク ③8down           計-230
4ディールの短い勝負ではありましたが、それぞれの思惑が交差した一戦だったと思います。
どうしても序盤先行が上手くいかず主導権が握れなかったのですが、とにかくできるだけがんがんビッドして流れを作らせないようにするしかないと思っていたところで好ハンドが転がってきました。
8NTを決めて大量リード。
時間が半分以上回っていましたが次のディールは勢いに乗ってミゼールをビッド。
達成すれば規定点の500を超えますので2人は当然これを上回るビッドをせざるを得ません。
結局ジャンクさんが8で立ちましたが勿論これは無理筋。
最後もまっちゃんさんが仕掛けてきましたがきっちりシノギました。
やはり大きく先行すると非常に有利だね~。
しかもトップだったジャンクさんが3位になったのも私にとっては大きかった。
初優勝が見えて参りました^^


泣いても笑っても最終戦です。
ここで恒例の「当日は誰も知らなかった途中結果」を発表したいところですが、今回は都合により省略します。
そのまま最終ラウンドの様子をどうぞ^^



4回戦
Aテーブル
1位 むらた ②ミゼール ⑤ミゼール 計540
2位 ジャンク ④ミゼール        計330
3位 さくや ③7down 計-150
*1stはパスアウト
むらたさんがMrミゼールのお株を奪う速攻ミゼールで先制。
初プレイのさくやさんも、大分流れを掴んできたようで大きく立ち勝負に出ましたが惜しくも失敗。
その後は流石ジャンクさん負けじとミゼールをお返し。首位に立ちます。
しかしここからが凄かった。
次ディールではむらたさんがまたもミゼールを決め、規定点の500を超えてゲームセット。
本格派の実力が存分に発揮された1戦でした^^

Bテーブル
1位 まっちゃん ①6 ④ミゼール 計320
2位 流 ③7             計210
3位 ファ熊 ②6           計110
ノーミスの好ゲームだったようです。
ファ熊さんは今大会を通じて幸運にもハートの女神に気に入られていたようで、4回戦でも見事にハートコントラクトを達成していましたが、他のディールで1トリックしか取れないようなハンドだったのは痛かったですね。逆にミゼール勝負を仕掛けても良かったのかも。
流さんは最後の最後で逆転され、「ミゼールビッドの上にミゼールはできないの?」とワケのわからない事を口走ってましたな。2連覇は夢と潰えました。
まっちゃんさんはハンドの良い時も悪い時も果敢に攻めて主導権を他に渡さないようにしているが印象的でした。私と良く似たプレイスタイルだな~と思ったのを覚えています。

Cテーブル
1位 ノート・ラ  計50
2位 ヤンファー ①ミゼールdown  ③6 計-120
3位 考える猫  ②8down ④8down 計-510
始まる前に各々のここまでの成績を確認したところ全員持ち点5の同点!
これはここで1位になった人が優勝だね~とニコニコしながらも、腹の内ではどうやってぶっちめてやろうか・・・と三者三様の思惑をめぐらせていたに違いありません。
猫さんは「アタシここまでほとんどビッドしないで~他の人が落ちてって~それで勝っちゃっただけでまぐれなの~」などと言ってましたが、今こうして記録を見ると普通にビッドしてしっかり達成してるし・・・てゆーか嘘じゃん(あれは一体何の策だったのだろう・・・。)。
肝心のゲームはまず1stでヤンファーが崩れました。
ヤンファーがこういう緊張感のあるゲームとまっちゃんさんに弱いというのは1stシ-ズンを通して立証済み。1回も優勝経験ないしね~むふふ、と他人の失敗を大喜びしていたところなんと2ndもヤンファーがミゼールビッド。
失敗するとそこでゲーム終了なんですけど・・・。その場合1位はどうなるんだ??などと考えていたら猫さんがこのミゼールを嫌いオーバーコールしました。でも失敗。
ヤンファーが粘ってきましたが、結局何もしなかった私が1位抜け!やった~(^0^)/

しかし、(私にとっての)最大のハプニングはこの後すぐに起こりました。
得点計算をしていくと私の他にもう一人持ち点6がいらっしゃるじゃないですか。
そうです。むらたさんはしっかり最終戦を勝ち抜き、脅威の達成率を引っ下げ私の横に並んでいたのです。
「え~と、この場合は直接対決の結果を採用だから・・・・」

この瞬間に第2回ファイブハンドレッド大会の優勝はむらたさんに決まりました!!おめでとうございます!!
冷静沈着な立ち回りで決めるところはしっかり決める堅実なプレイスタイルでがっちりとタイトルをモノにしました。初参加で初タイトルとは素晴らしい。
私の詰めの甘さもここに極まれり、といったところでしょうか。。。来シーズンには雪辱を果たしたいものです。。悔しい~(><)

順位表はこちらです。
優勝 むらた   6p
2位 ノート・ラ  6p
3位 まっちゃん 7p
4位 ヤンファー 7p
5位 ジャンク  8p 
6位 考える猫  8p
7位 流      9p
8位 ファ熊    10p
9位 さくや    10p

接戦でしたね~。
まっちゃんさんは果敢なビッドで強引に上位にねじ込んでいった感じでとても素晴らしいと思いました。
ハンド運に左右されずに闘うにはじっくりか強引かある程度はどちらか極端に行くべきですよね。
ヤンファーはまっちゃんさんと同点だったけどやっぱり負けてるんだね(^^;)相性ってあるよな~。オモシロい^^
ジャンクさんとは平日夜会でよく500を遊ぶ(そしてよく負かされる)因縁の仲ですが、3回戦では直接対決に勝てて嬉しいです。次はペア戦で勝負!
考える猫さんは4回戦で1位になっていれば優勝だったのですが何とも残念ですね。
次回リベンジして下さい!
流さんは2連覇ならず残念でしたが、前期三冠の実力を発揮して今期中に2連覇を達成してください。
残る2つは牌ゲームとドミノです。これ以上失冠しないで下さいね^^(←プレッシャー)
ファ熊さんは睡眠不足が祟ったのでしょうか奮いませんでしたが、決めるところはしっかり決めて良いゲームをしていたと思います。次回大会では私と初優勝を狙っていきましょう^^
さくやさんはやっぱり初プレイというのがツライとこでしたね。
それでもやっぱり勝負どころをついてくるセンスと眼力はスゴイと思いました。500はオモシロいゲームですので今後も是非お付き合い願います^^

というわけで第2回ファイブハンドレッド大会はむらたさんの優勝で幕を閉じました。
みなさん、お疲れさまでした~^^
初タイトルをすんでのところで逃し、私はもうガッカリです。。。(><)
ちなみに来月はオーヘル・ウィザード大会ということでトリックテイクが続くんですが、500よりさらに簡単なゲームですので皆さん是非ご参加下さいね。
前回の覇者はまっちゃんさんですね。思宴会初の連覇は成るでしょうか。
楽しみです。

それでは気になるランキング結果をどうぞ。
【思宴会ランキング2nd】
 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://fukuchigames.blog43.fc2.com/tb.php/251-2fd4cb0b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。