上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.02.22 タブラ人狼会
人狼やりたーいと駄々をこねる事数ヶ月。
見かねた知人ののFさんがご自身の主催サークルに招待してくださいました。
思宴会で有志を募り、考える猫さん、さくやさん、まっちゃんさん、ノート・ラの4人で遠征です。
ファ熊さんが一番やりたがっていたのですが、前日から体調不良という事で残念ながら欠席でした。
スカート大会で凹まされたのが効いたのでしょうか。

会場は都内のカラオケのパーティールーム。
3サークルから計22人の参加がありましたがキャパは全然余裕で、部屋もゲームをするにはあまりに豪華で驚きました。
参加費も当初聞いていた金額の半分くらいで済んでしまったみたいで、お得感はピカイチでしたね^^

初対面の方ばかりですので、まずはみんなでご挨拶を兼ねて軽いゲームを遊びます。
【はげたかの餌食】【マンマミーヤ】など笑えるゲームで、喉がなめらかになった頃
いよいよ真打【タブラの狼】の登場です。
タブラの狼
「1ゲーム目」
いきなり一番引きたくないなーと思っていた憑依者・狂人を引いてしまいました。
なめらかになったはずの喉が一気に渇きます。
とりあえず、ディプロの時同様、初心者である旨くどいくらい強調し(実際初心者ですので)、防衛ラインを張りました。
ベテランの方がほとんどで私はとりあえず黙ってオブザーバーを決め込む事に。
さくやさんはもともと人狼出身だそうで、他のベテランの方々と正面きって堂々と戦術論を交わしているし、「初対面の人とあんなに沢山話せてすごいなぁ~」と小心で人見知りの私はただただ憧れの目で眺めてました。
考える猫さんは私以上に初心者だし、まっちゃさんは何かよくわからないのですが、会場入りした瞬間我々から離れ、やけに他人行儀です。彼一流の策略があるのだと思います。

とりあえず占い師はカミングアウトするか否か、という話でゲームは始まりました。
ボディーガードもいる事ですし、した方が良いんじゃないかなー(村人サイドから見れば)と私は思ったのですが反対意見もあり、実際占い師は出てこず。
ここでカミングアウトされたら対抗して騙らなければいけないのかな~自信ないな~とひとり冷や汗をかいておりました。
後で教えてもらってやっと解ったのですが、占い師騙りは人狼の1人に出てもらい、どっちがニセか見分けてからニセを助ける方が自分が狂人だと狼に気づいてもらえるし、自分が騙るよりも良さそうですね。
ゲーム中はそんな事にまで頭は回らず、占い師が出て来るな出て来るなとずーっと念じておりました。
やってみて初めてわかりましたが憑依者・狂人は結構孤独なものなんですね。
それにしてもやけに神経質な狂人ですけど(^^;

数日が経過し、占い師もフリーメーソン・共有者も名乗り出ないまま(偶然ですが初日2日目で喰われていました)だったので業を煮やした霊媒師がカミングアウト。
対抗も出ず、言ってる事もつじつまがあってるし本物っぽい。
この霊媒師が本物だと仮定すると、人狼はまだ3人とも生きているそうなのです。
これは大チャンスではないですか。
しかし、顔がニヤついている初心者は怪しいという理由で、私自身だんだんと疑いを持たれていきます。
(↑当たってますね(^^;)
緊張とワクワク感とが入り混じり、自分で言うのもなんですがかなり挙動不審だったんだろうと思います(><)
投票カードを私以外に票が集まっているところに投げつけ何とか延命。

その後も占い師もフリーメーソン・共有者もいい加減出ておいでよと呼びかけますが、死んでいますので当然出て来られません。
もういくつ寝ると村が滅びるのかなー、と指折り数えてみましたが能力者が最初からいないので、もうほっといても狼陣営の勝ちは決まったようなものでした。
余計な事をするのはよそうと決め、その夜最後の仕事としてしっかりと吊られました。
人間が1人減って収束が早まるし、霊能者の判定も「人間」になるはずなので混乱させるのにも良いかな、と。
予想通り、その2日後に狼陣営が勝利を収めました。
最後まで誰にも気づかれる事なくひっそりと役目を終えた初憑依者・狂人でした。
どのタイミングで狼にアピールすればいいのか良く解らず、というか誰が人狼なのかもよく解りませんでしたね。狼さんたちが上手かったということで!
まっちゃんさんはフリーメーソン・共有者だったそうなのですが、相方さんが早々に喰われ後々になって名乗り出ても信用されなさそうという事でカミングアウトを控えたようです。
確かに村人サイドからすると取り付く島がなかったですもんね。

「2ゲーム目」
今度は無難に村人を引きました。
開始早々即占い師が白確1名をお土産にカミングアウト。
ここで対抗が出なかったのでほぼ本物確定という事になりました。
電光石火のカミングアウトだったので狼陣営も憑依者・狂人も騙るタイミングを逃した感じでした。
う~ん、素晴らしいですねー^^
私も2戦目は大分落ち着いてきて、意味の無いニヤつきも治まってきていたのですが、ここでいきなり落ち着いてしまうとまた疑われるかな~と思い、引き続きニヤついてみました。
しかし誰もそんな細かい芸には気づいてくれず、「アイツ、またニヤついてるゾ!」という事で即疑われます。
まあ例のごとく他に疑われている人に重ねて投票し、難を逃れます。
(↑狼を探すというより、生き残りたいだけになってますね(^^;)

その後はフリーメーソン・共有者が同時カミングアウト。対抗無しで白確定。
占い師がバンバン白確を増やし、タイミングを見計らって霊能者も出現。
すでに人狼の1人は吊っているらしく、非常に順調な流れです。
灰色が残り5人白確定も5人くらいになったところで、さくやさん狼説が飛び出しました。
占ってみたところ黒らしい!
今更占い師がニセだったと考える事もできないので(もしそんな事になっていたら本物の占い師は一体今まで何をしていたの!?という事になりますので(^^;)、満場一致でさくやさんに投票。
残るは1人です。
流石にこの最後の1人もここではさくやさんに投票してます。ん~、何か踏み絵を踏まされる隠れキリシタンのようですな・・・。

しかし8人中グレーゾーンが3人だったので、その3人を順番に吊っていけば勝てるんじゃないの?という事でローラーする事にしました。
グレーゾーンには私もまっちゃんさんも入っていたのですが、ここでまっちゃんさんが白確のプレーヤーに投票するという奇行に!お前もか~!
狂人っぽいという事で後回しにされましたが、結局まっちゃんさんがラストウルフ!
という事で村人サイドの勝利でした^^
またしても何もせずに勝ちを収めてしまいました。昨年から何もせず3連勝です。
まっちゃんさんは3戦連続能力者(人狼-フリーメーソン・共有者-人狼)と役ヅイてますね。

未だに全く仕事ができない私ですが、人狼で味わえる高揚感は他のゲームにはないものだと思いますし、なかなか自前開催も難しい(人集めと会場のキャパ)ので今日は本当に貴重な時間を過ごさせて頂きました。
最後は10人【ニムト】に参加し見事「55」をゲット。
帰りは道すがら、誰とも相談できない・カミングアウトもできない狂人と最後に1人生き残ってしまった人狼に共通する孤独感をまっちゃんさんと共有しあい、そのまま2人で喫茶トランプ。
【ボヘミアン・シュナイダー】【メイト】【41】などを遊び、充実した1日でした。

んー、忘れないうちにまた遊びたいなぁ。
ウチでも機会があれば是非タブラしましょう~^^

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://fukuchigames.blog43.fc2.com/tb.php/246-9ec7eb4c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。