上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.02.02 シュビメン
クニツィアジレンマの源流か
【シュビメン】
シュビメン
トランプを使ったドイツのゲームです。
シンプルですが奥深く悩ましい展開が楽しめる良いゲームです^^
先日3人で遊んだのですが、若干ルールを間違えてインストしてしまい、訂正の意味もこめてルールからアップしておこうと思います。

トランプ1組 A・K~7までの32枚を使用。
また各プレーヤーにチップやトークンのようなものを3つずつ配ります。
これがプレーヤーのライフになります。
【ノックアウト・ホイスト】や【コテッチョ】【カンビオ】系統の負け抜けゲームです。

プレイ人数 2~8人

ゲーム内容
手番に3枚のハンドのうち1枚を場札と交換し、ハンドの点数を高めたり、役を作ったりするゲームです。
カードにはそれぞれ得点があります。

A = 11
絵札 = 10
それ以外のカード =数字どおり


カードカットなどでディーラーを決めます。
ディーラーは各プレーヤーに時計回りに3枚ずつカードを配り、自分にだけエクストラ・ハンドとして3枚余計に配ります。
ディーラーはまず自分のハンドを確認し、そのハンドでゲームをしたければエクストラ・ハンドを場札としてさらします。
ハンドが気に入らなければ、ハンドを場札にしてエクストラ・ハンドを手札にします。
この時エクストラ・ハンドを見てからどっちを使うか選ぶ事はできません。
最初に見たハンドを使うか使わないか、選択してからエクストラ・ハンドをオープンしてください。

プレイはディーラーの左隣のプレーヤーから時計回りに手番を回します。
手番にできる事は2つ
■手札の1枚を場札の1枚と交換
■パス
手札の交換の結果以下の役ができていれば必ず公開し、その時点でディールを終了します。
全員が連続してパスした場合、場札を捨て札とし、山から3枚起こして場札とします。

★ファイア Aのスリーカード
★サーティーワン 同スートのAと10点カード2枚(絵札と10)
最初に配られたハンドが役であった場合でも即公開し、ディールを終わります。

プレーヤーは手番の終わりに「クローズ」の宣言をする事ができます。
クローズはディールを終了するという宣言であり、クローズ宣言者以外のプレーヤーは時計回りにそれぞれあと1回ずつ手番を消化してディールは終了します。

得点計算
3枚のハンドのうち、同じスートの得点を合計し、もっとも多いスートの点数を採用します。
但しスリーカードができた場合ランクに関わらず30.5点となります。
ファイアは32点(最高得点)
サーティーワンはそのまま31点です。

例)
Aさん 
Bさん 
Cさん J
Dさん 101010
Eさん 

この場合まずAさんは3枚全てハートなので7+8+9で=24点ですが
Bさんはスートがバラバラで得点は11・11・10ですから最も高いスートを採用し11点となります。
CさんとDさんはスリーカードですから30.5点。
EさんもAと同様24点です。
もっとも点数が少なかった人がライフをひとつ失います。
この場合Bさんです。
仮にBさんがいなかった場合どうなるでしょうか。

スリーカード同士の強弱はランクの優劣に依って決めます。
A>K>Q>J>10>9>8>7
それ以外で同点の場合、ドイツ式のスート優劣に依って強弱を決めます。

上記の例でBさんがいなかったとすると得点順位は以下になります。
1位 Cさん 30.5点(J)
2位 Dさん 30.5点(10) 
3位 Eさん 24点
4位 Aさん 24点

従ってAさんがライフ1つ失うことになります。
もしスートも点数も同じプレーヤーが最下位だった場合2人ともがライフを1つ失います
また、ファイアでディールが終了した場合、ファイア宣言者以外の全員がライフを1つ失います

ライフが0になってもプレイできます。この状態を「シュビメン」と言うそうです。
「シュビメン」状態で負けるとゲームから脱落します。
ディーラーを時計回りに移してディールを繰り返し、最後の1人が勝者となります。

クニツィア・ポーカー【ボナンザ】の様に相手の顔色を伺いながらハンドメイクするゲームですが、【ジン・ラミー】の様に自分の都合の良いところで手仕舞いにできるのがミソです。
3人以上プレーヤーがいる場合には最下位にさえならなければ良いので、自分より下に何人かいると確信が持てれば、たとえ自分がトップでなくてもミドルポジションでクローズを仕掛ける事ができます。
逆に自分のハンドがクズだった場合、ひたすらに隠さなければなりません。
この駆け引きには心理戦も絡んでオモシロクなります。

私が好きなゲームにはシンプルで悩ましく、深みがあり且つ手軽なものが多いですが、このゲームもまさにその範疇にズバッと入って来ています。
ルール自体は簡単で誰にでもできますが、熟練者はそれなりの技を見せることができるでしょうし、かといって初心者が絶対に勝てないというわけでもなく、勝てるようになるまでにそれほど長い時間を要しません。
負けぬけ式というのはちょっと立てづらい要素ではありますが、かなり面白いゲームですので一度は試してみてほしいです^^

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://fukuchigames.blog43.fc2.com/tb.php/232-e1b3a6e5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。