上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネイティヴに教わる会も3回目になります。
もっとトランプに特化した集まりを!と言う事でまたもトビやんを教授に向かえ、開催いたしました。
ドッペルコップ・シャーフコップ
日時:2009年1月31日(土)18時~21時
場所:都内某喫茶会議スペース
参加者(順不同:敬称略)「考える猫」、トビやん、ファ熊、へべれけ、まっちゃん、yauichi、ノート・ラ

トランプ夜会は18時からでしたので、その前にファ熊さんと私の2人はまっちゃんさんのお宅へお邪魔し、今後の打ち合わせやトランプ夜会用の予習をしました^^

まずは簡単なカードゲームという事で【コロレット】
コロレット
かなり久しぶりに遊びましたが、今回は珍しく各プレーヤーの得点をちゃんと頭の中で計算しながら遊びました(普段は一切やってない^^;)
いかに普段の自分がキングメイクしているかがよくわかりますね。
3位から2位に浮上したいばかりに無意識のうちに1位のアシストをしたり、という事が良くあるんじゃないかと思います。だから狙われるのかな~

1位 まっちゃん 36
2位 ファ熊  32
3位 ノート・ラ   12
(+2点のカードは結構大きいですね。マイナスを気にしすぎて勝負に出るのが遅れました。)

お次はなんと【チグリスユーフラテス】
チグリスユーフラテス
チグユーをファ熊さんと遊ぶ日が来るとは夢にも思っていませんでした(^^;
覚えるまで結構ルールがややこしく、とっつきづらいゲームという印象を持たれる方が多いようですが、一度慣れてしまえばそれほど考える事は多くなく、手番以外でも色々考えていられますし、時間はそんなに長くないのにたっぷり遊んだ感が味わえるという優良ボードです。
3人で遊んだのは初めてですが、結構得点がバシバシ入るんですねぇ。
4人の時だともっと露骨に叩き合うので、簡単に点が入るのにちょっとびっくり。

1位 まっちゃん 14
2位 ノート・ラ  12
3位 ファ熊    10 
(まっちゃん2連勝。調子良いね!)

この後はお食事に美味しい海鮮丼を頂き、ファ熊さんに【ドッペルコップ】を教えたり、【スカート】の練習をしたり。
空いた時間ではドイツのカードつながりで【シュビメン】を遊びました。
シュビメン
ハンド3枚ですしこれはポーカーサイズで遊ぶのが良いかもね!
いや、一番良いのはスカートデッキか。
実は、ファ熊さんとまっちゃんさんには謝らなければならないんですが、ルールを結構間違えてインストしていました(^^;
昨日のルールで大筋問題ないんですが、細部が色々と違いました。
近日中に紹介記事をアップしますのでご参照ください^^
闘いの記録はこちら

1戦目
1位 ノート・ラ  
2位 ファ熊
3位 まっちゃん

2戦目 
1位 ノート・ラ
2位 ファ熊
3位 まっちゃん
(嘘ルールを教えて2連勝なんて私もようやくお2人に肩を並べられるようになりました^^)

その後会場へ移動し待望の喫茶トランプ。
本当は昨年末に1度開催企画が立っていたのですが私の都合で中止になってしまったんですよね。
実に久しぶりの集まりです。
みんなかなりルール忘れてましたね。練習してきた私達でさえシュバインなど忘れていましたからね(^^;
というわけで半分はインスト&練習という形になりましたが、私が入った卓は喧嘩っ早いのが多く、いきなり開戦の狼煙が上がりました。

まずは【スカート】。
スカート
ファ熊・まっちゃん・ノート・ラという先ほどのメンツ。
まっちゃんさんはスカートの面白さが良くわからないと以前言ってましたが、今回のプレイを見る限り結構楽しんで色々な手を打っていたように見えました。

1位 ノート・ラ ②+36 ③+23 ⑨+18   +77
2位 まっちゃん ⑥+30 ⑦-23 ⑧+23  +30
3位 ファ熊 ①-48 ④+20 ⑤-144    -168

もちろんどこかでソロイストにならなければ勝てません。
飛び出したのはファ熊さんでしたがクラブ・ソロを落としました。
その後私に良いハンドが巡ってきたので2つ達成し、リード。
4th5thはファ熊さんが巻き返しをはかりに来ましたが5thのグランドを落としたのが致命的でしたね。
ここまで静観を決め込んでいた勝負師まっちゃんが6thで動く。ハート・ソロ達成。
これを達成し気を良くしたまっちゃんさん7thでヌル。これを落とすも8thでまたもヌル宣言し決めました。お見事。
流石に追いつかれそうで焦りましたがが最後は最安値ビッド18でダイヤ・ソロを決め、逃げ切りました^^
その後は、隣卓との兼ね合いで少し時間が余った為最後に1ディールだけ練習ゲームをしたのですが、私のところにはハートとクラブのローカードしかないというすんごいアンバランスハンドが配られました。
これは他の2人もスゴイ事になってるだろうなー(^^;と思いつつもミドル・ハンドの私がファ熊さんにビッド。
18、20、22,23,24・・・・全く引く気配が無い。
本当は23で落とせればヌル・スカートで確実に勝ちにいけたのですが、流石にそんな甘い話は通りませんでした。
ヌル・ハンド狙いで35まで吊り上げましたがファ熊さんは降りず。
ヌル・ウベルトという手ももありましたが、ファ熊さんの狙いも気になったのでここで譲りました。
結局まっちゃんさんもパスだったので、35でファ熊さんが落札。宣言はスペード・ソロ・ハンド・シュワルツでした。
シュナイダーでもオーバービッドにはならなかったはずですが、どうにも自信があったようです。
結果は最後の1ディールで失敗!惜しい~
しかし最終戦に相応しい実にオモシロイ一戦でした。またやりましょう!

お次はドッペル組と交代して「考える猫」、ファ熊、まっちゃん、ノート・ラの4人で
【ドッペルコップ】
ドッペルコップ・シャーフコップ
ドッペルコップはカード総数48枚に対して半分の24枚は切札というのが特徴のトリックテイキング。
また【ナポレオン】や【ジフリ】のようにパートナーが誰なのかがわからないのもまた特徴のひとつです。
しかしナポレオンなどは副官だけが自分のパートナーが誰か初めから解っており、その優位性を生かすというプレイ指針がありますが、ドッペルコップは「ある特定のカードを持っている人同士がペア」というルールなので、その指針が誰にもなく誰を信じていいのか良く解りません。
なので通常どちらかがそのカードを早い段階で使い、もう一人に存在をアピールして優位性を築くのが定石なのだと思いますが、何故か今回は誰と誰がペアなのか当てるのが異様に楽しくなってしまい、「あ、私とペアの方ですか?」「今、振込みましたね?」「オレのパートナーは誰なんだよ・・・」「誰かが勘違いをしている!」と名言が出るわ出るわ。
通常ゲームの最中にこんなに会話したらダメです!がこれぞ思宴会ですね。

ファ熊さん曰く「これ最後まで隠し通せるんじゃない?」(←そういうゲームではありません。)
まっちゃんさん曰く「きっと私とペアですよ、ぐへへ」(←ブラフ。)
「考える猫」さん曰く「さっきはこんなゲームじゃなかったのに・・・」(←申し訳ない。)
そして何故か私とまっちゃんさんがペアになっていることが多い!
ノート・ラ曰く「また残念なお知らせだ・・・・。」

結果はこちら

1位 「考える猫」①+2 ②0 ③-4 ④+3 ⑤w0    +1
1位 ファ熊   ①+2 ②0 ③-4 ④+3 ⑤w0    +1
3位 まっちゃん ①-2 ②0 ③+4 ④-3 ⑤w0    -1 
3位 ノート・ラ ①-2 ②0  ③+4 ④-3 ⑤w0    -1

しかし楽しい時間は過ぎるのが本当に早いですね。
3時間の予約でしたが、みんな「えっ?もう終わり?」と驚いていました。
勝負事の後でお腹が空いたのでファ熊さんおススメの料理屋へ。
ラム鍋
ラム肉に舌鼓を打って談笑。今回も良い夜会となりました。
ルールを忘れないよう、近いうちにまた企画しますので宜しくお願いします^^
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://fukuchigames.blog43.fc2.com/tb.php/231-c9b0be94
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。