上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雑記です。

ファ熊さんのお仕事のお手伝いも兼ねて、欧米の面白いカードをみっちり遊ぼうという話がここ最近ちらほらと持ち上がっております。
名前の挙がっているゲームがドイツの【スカート】、ポーランドの【ミゼルカ】、オーストラリア(アメリカ産)の【ファイブハンドレッド】、そしてロシアの【プリファランス】・・・・みんな3人ゲームです。(4人以上でも遊べるものはあります)
4人で面白いゲームというのはカードに限らず世界各国にごまんとあり、何を遊ぼうか迷ってしまうほどですが、これが3人で遊ぶとなると意外と名前が出てこないものです。
上記の他には【トルフ】や【ルーマニアンホイスト】なども遊びましたが・・・他に何かあったかな。
【ミットレール・ヤス】もよく評判を聞きますがまだ遊んでないんですよね。
そんな中、今回名前の挙がっているゲームはトリックテイキングの中でも3人ゲームの最高峰と名高いものばかりです。

で、次に話題に出たのが「どういう順番で遊ぶのが良いか」という事です。
私の意見をここに書きます。
一番とっつき易く、トリックテイキングを知らない人にもすぐに楽しんでもらえそうなのがファイブハンドレッドです。
次がミゼルカ、その次にプリファランス、最後にスカート。
これが一番良い順序だと考えます。

ファイブハンドレッドとミゼルカはどちらも比較的簡単なゲームですので、どちらを先に遊んでも大差はないように思います(ミゼルカは簡単ですが「長い」という問題はあります^^;)
そこからグーンとステップアップして、プリファランスとスカートがあります。
先日そのプリファランスを遊びましたが、私の事前準備がおろそかだったこともあり、非常に煩雑な印象を残してしまいました。
事実スカートがビッディングが難しいゲームであるのに対して、プリファランスは状況の把握が非常に難しいゲームです。
誰が何点持っていて、今現在の暫定1位が誰なのかひと目でわからないという有様です。
しかし、その後よくよく考えて見ると得点の管理と状況把握さえできればそれほど難しいゲームじゃないんじゃないかと思うようになりました。

ビッディングもカード枚数も、そしてカードプレイもほとんどファイブハンドレッドと同じです。
大きく違うのはジョーカー、正ジャック、裏ジャックがない為切札の比率が少なく、且つディクレアラーはタロン(底札)を一旦さらしてから手札に入れなければならないという厳しさもあって、メイク難易度が高い、という事です。
しかしプリファランスも他のビッディングゲーム同様、ハンドをよく吟味し、最も適当なコントラクトを(買えるのならば)買い、粛々と達成する、それが本質だと思います。
無理せず焦らずコツコツと、です!
(用心が過ぎると中途半端なハンドでラスパシをプレイするハメになりますが・・・)

得点についてちょっとまとめてみました。

まず、三層の得点欄についてですが、ゲームファームさんに解説がありますように、「サイド」の点数を基本点として考えるのが良いように思います。

「プール」点はコントラクト達成のボーナスです。
全員のプールがターゲットスコア(10点)に到達する事でゲームが終了します。
とあるプレーヤーの10点をオーバーした分の「プール」は、別のプレーヤーに割り振られますがその見返りとして基本点「サイド」をもらいます。
これをアメリカの援助というそうです。なかなか言い得て妙^^
受け取る「サイド」は与えた「プール」×10点です。
つまり「プール」は基本点の10倍の価値がある、という事になります。

一番わかりづらいのが「ホール」です。
コントラクトを失敗した時に、ダウンしたトリック数×コントラクトのゲームバリュー(達成すればもらえるはずだった「プール」点)分だけつきます。
もちろん多ければ多いほど失点になります。
「ホール」を基本点に還元する方法は以下です。

■全員の「ホール」を足し、10倍する。
■その数値を人数で割り、平均値を出す。
■平均値から自分の「ホール」を10倍した数値を引く

Aさん、Bさん、Cさんで例を挙げます。
「ホール」はAさん5点、Bさん10点、Cさん12点だとしましょう。
全員の「ホール」を合計し10倍したものの平均値は
(5+10+12)×10÷3=270÷3=90

Aさんは90-50=40
Bさんは90-100=-10
Cさんは90-120=-30

AさんとCさんの「ホール」の差は7ですが、基本点の差は70あります。
「ホール」が1増える毎に10点失うと考えていいかと思います。
結構マイナス点が大きいのですよね。

最後に例として6コントラクトを達成した場合と失敗した場合について考えてみます。
Aさんが6コントラクトの達成:ゲームバリュー2
「プール」2を獲得しますので、「サイド」20点を得た計算になりますが、「プレイ宣言」をしたディフェンダーがパートナーノルマの4トリックを取っている場合、ディフェンダーは「サイド」8を得ますのでその差は「サイド」12点です。
逆に1ダウンで失敗した場合、「ホール」2がつきますので-20「サイド」、コンソレーションとパートナーノルマ達成でプレイ宣言をしたディフェンダーに「サイド」12がつきます。
合わせて「サイド」-32点の差をつけられた事になります。
12点の為に32点のリスクを背負うわけですね。
これが7コントラクトの場合、達成時の最低得点28点に対し、失敗(1ダウン)時の最高失点が60点になります。

この事からもビッドは慎重にすべきだという事がよくわかります。
ディクレアラーは不利な上に異常にリスクが高いのです。
タロンを当てにしてひとつ上のコントラクトレベルを求めるより、レベルをひとつ下げて固く達成を見込むくらいが丁度良いのかも知れません。
ディフェンダーが「パス」宣言してくれると助かりますしね。

これら得点の複雑なシステムはプリファランス独特のものであります。
裏を返せばここがプリファランスを最も楽しめる部分だとも言えるのではないでしょうか。
今のところまだ印象論でしかないですが、この得点システムに慣れてしまいさえすれば一生遊べるゲームになりえる予感すらありますので、これを機にみっちりとやり込んでいきたいものです。
お付き合いの程宜しくお願いしまーすm(--)m






 

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://fukuchigames.blog43.fc2.com/tb.php/223-313777ed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。