上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手札のマネジメントがものを言う
【ローゼンケーニッヒ】
ローゼンケーニッヒ
とってもパズルライクな2人用ゲームです。
以前、ヤンファーと遊ぶ為に色々な2人用ゲームを買った事がありました。
バトルライン、バベル、ハラリ!、ロストシティー、メディチ家vsストロッツィ家、ローマなどなど・・・。
その時の選からもれたゲームのひとつだったりします(^^;
が、思宴会のみなさんの中から「面白いので是非」というお声を頂き、先日ついに国分寺会にて遊ばせてもらいました。

共用の王冠駒をカードによって移動させ、最終的な移動先に自分の駒をひとつ置く。
駒は1つで1点、2つつながっていれば2×2=4点。
3つだと9点、4つだと16点・・・ととにかく自乗されていくの大きく長くつなげるほど高得点が見込めるというわけです。
一旦つなげられてしまったマスや自分の駒を置いたマスに王冠を移動させる事はできないのですが、裏切りカードという特殊カードが4枚だけあり、これを移動カードと一緒に1枚出すことで相手の駒を自分の駒にする事ができます。
【チグリスユーフラテス】の災害タイルにちょっと似ていますね。
相手の勢力の分断と自国勢力の拡大の両方に大きく役立つカードです。

ゲームの終了条件は、
■どちらのプレーヤーも王冠を移動させる事ができなくなった時。
■配置用の駒がなくなった時
だそうですが、前者のケースにおいてもし裏切りカードを使えば王冠を動かせる、という場合においてはゲーム終了にはなりません。
必ず裏切りカードを使用し、動かなければならないというルールになっています。
数に限りのある貴重な裏切りカードをこのような予期せぬ形で使わされては大損です。
逆に言うと、相手の手札をよーく見て、裏切りカードを使わざるを得ない状況に追い詰めて行く事ができればかなり有利に戦う事ができるでしょう。

手札は5枚まで持てるのですが、常に公開情報として自分の前に表向きにさらしておきます。
相手には自分の手は常に見えていますし、自分も常に相手のカードがわかっているわけです。
もし、手札5枚と裏切りカードをどんな組み合わせで使っても動けない場合、パスしなければなりません。
2人続けてパスしたら、ゲームが終了となるわけです。
では、片方だけが王冠駒を動かし続けられたら?
一方はずっとパスですから、あとはやりたい放題です。
一度しか遊んでいないのでまだ何とも言えませんが、相手を追いつめて動けなくさせる、という考え方もありっちゃありなのではないでしょうか。

そこでカード構成をチェック。
ちゃんと縦横斜め9方向に1,2,3歩の3枚ずつ、計27枚用意されていました。
頑張ってカウンティングできればかなり勝率を高められそうな気がします。
完璧には無理でも、左方向(斜め)に動けるカードが大体あと何枚残っている、などの情報を持っているのと何もわかっていないのとでは雲泥の差ではないでしょうか。

リクエストが良く出るゲームなので、私も遊ばせてもらって今後も戦略を見に付けていこうと思ってます^^
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://fukuchigames.blog43.fc2.com/tb.php/192-7ee02531
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。