上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
止められない止まらない!イスラエル発祥の人気ゲーム。
【ラミーキューブ】
ラミーキューブ
トルコの伝統ゲーム【オーケイ】から派生してできたというラミーキューブ。
現在は世界三大ファミリーゲームと言われていたりしますね。
(【オーケイ】ついては世界遊戯博物館を参照)
世界三大ファミリーゲームの残りの2つが何なのかはっきりしないのは、世界ファミリーゲーム七不思議のひとつではないでしょうか。
残りの2つ気になりますねー。ところでみなさんの3大ファミリーゲームは?
ファミリーゲームというからにはやっぱり2人だけでなく3人以上で遊べるゲームでしょうか。
麻雀はファミリーゲームと呼べるのか・・・議論は尽きなさそうです^^

ラミーキューブは名前の通りキューブで遊ぶラミーでして、手札のキューブでラン(3枚以上の同色シークエンス)かグループ(全て異なる色の同ランク3枚以上)を作り、場に公開し、もっとも早く手札を無くしたプレーヤーの勝ちです。
このゲームの特徴は、場に出されたランやグループを好きなように組み替えて自分の手札を足して出すために使えるという事です。
このルールが画期的。
負けたときに残った手札はマイナス点になりますが、マイナス回避の為にどんどん場に手札を出してしまうとそれを利用して他のプレーヤーが先に上がってしまう可能性も高くなるので、そのバランスが重要です。
先日試しに一気出しに挑戦してみましたが、やはり相当引き運が良くない限りこの作戦は通用しないようです(やる前からうすうすわかってはいましたが^^)。
出すべきものは出す、隠すべきものは隠す、その辺りもひとつの駆け引きになってくると思います。

ちなみに私はつい最近までグループに同色キューブが混在してはならないというルールを知らず、やりたい放題組み替えてました。
どうりで簡単に上がれると思った・・・・。

ヤンファーの好きなゲームのひとつなので思宴会でも今後活躍するゲームだと思われます。
考えすぎて頭を抱えてしまうけど、何度やってもついつい「もう一回!」と言ってしまいますね。負けた時は特に。
タイトル戦にするにもふさわしいゲーム性ですし、メンバーのみんなが気に入れば定番になっていく気がしますよー。
だんだんとタイトル戦にしたいゲームのイメージがわいてきて嬉しい限りです。

思宴会では公式ルール通り1手1分に設定しようかな。
考えようと思えばいくらでも考えてしまいますもんね^^
ストップウォッチがない場合、何で測るのが良いですかね。みなさんどうされてるんでしょう?


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://fukuchigames.blog43.fc2.com/tb.php/13-0614bc6b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。