上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.06.10 交易王
設備投資のタイミングが肝心。いち早くトレンドを売り抜けろ!
【交易王】
交易王
市場需要を察知し、トレンドにあわせた商品を船に積み込み、出荷して稼ぐゲーム。
ルールが簡単で色々なアプローチで得点でき、他のプレーヤーとの絡みもあるので割と好きなゲームです。
やっぱり手軽で悩ましいって良いですよ。
ルールを複雑にしたり、設定やキャラクターの能力を充実させればそれはそれなりに面白いものができるんでしょうけど、それって何か当たり前な気がするんですよねー。
家ではヤンファーともよく遊びます。

場に手札を出した時に、出したカードと同じ色の積荷駒を船に積んでいたプレーヤーが得点します。
場にすでに同色のカードがあればその分も得点できますし、自分が出したカードで他人に得点させてしまうこともあります。
またこの得点はお金でもあるのですが(最終的にお金を沢山持っていた人が勝ち)、得点力を上げるために設備投資ができます。

1、船。商品駒を積む船を買い、得点力を上げます。
2、港湾労働者。商品を1つ多く積み替えられます。
3、交易許可証。収入(得点)のたびに2金追加で収入を得られます。
4、商館。手札を毎ターン1枚増やせます。

どれも魅力的なのですが、いずれにせよ直接の勝利条件に結びつく「お金」を払って買わなければなりません。しかも結構高いのです。
お金を得るための設備をお金を払って買うのでタイミングを間違えると、むしろ買わないほうが良かった、なんて事もありますよー。
私も色々な組み合わせを試しましたが、これが最強の組み合わせ!というものはまだ発見できませんね。
まあ、そんなものが発見されてしまったら最後、もう遊べないですけど・・・。

個人的には湾岸労働者が好きで一気に駒を2つ取替え(同じ色に)、その色のカードを出して大量収入、という作戦をよくやるのですが、相手の出荷にまったく合わせられなくなるのであまり勝てません。
交易許可証も地味に強いですね。カード1枚を駒1個に合わせて出荷しても通常1金の収入が3金になるわけですから、相手のトレンドに合わせて駒を組み換え、自分だけ儲かるように細かく出荷していくとグングン差が広がります。
船4隻で同色駒をほぼ独占、なんて作戦も見たことがあります。
商館は手札を溜め込む作戦に良く使われます。
手札を溜め込む作戦は個人的にはあまり好きではないのですが、実際かなり強いと思います。
同色なら6枚までいっぺんにカードを出すことができるからです。
上手くやれば1回の出荷で自分だけ10金以上稼ぐことも可能ですねー。
しかも山札が無くなったらゲーム終了なので、リードを作れたかな、と思ったらあっという間に手仕舞いに持ち込む作戦も狙えます。

でもまあどれが一番効率的かよりも、どのスタイルが自分に一番合っていて一番楽しめるか、だと思います。出荷して稼いで投資してまた稼ぐ・・・大航海時代のロマンです。

先日は「誰も何も買わない」という面白い一戦を見学しました。
しかも所持金をオープンにして遊んでいるので誰が1位か一目瞭然。
ゲームが終わらないように粘る2人と、早く終わらせようとする1位の1人の攻防がアツかったですね。

簡単だし、手軽に持ち運べるから今後思宴会定番にもなるかも。
みんなの反応が楽しみです^^これが気に入ったら【サンファン】も出そうかな。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://fukuchigames.blog43.fc2.com/tb.php/10-2072eac4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。