上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
犬の生活からチャンプへの道のり
【ノックアウトホイスト】
ノックアウトホイスト
3~7人で遊ぶサバイバルシステムのトリックテイキングゲームです。
1ディール7枚のハンドでスタートし、ディール中1トリックでも取れれば生き残れるのですが、ひとつもトリックが取れなければ「ノックアウト」され脱落です。
2ディール目はハンドが6枚になり、以下ディールが進むごとに5枚、4枚・・・と減っていきます。
オーヘルやウィザードの逆パターンですね。
ハンドとポジションに左右される部分が大きいですが、全てのカードを配りきるわけではないので勝ち残るには読みと少しの技術、そして強運が必要です。

アンティを勝者が独り占めするゲームなので、ギャンブル性もかなり強く盛り上がります。
ディールが進むごとに運の要素は強くなるので、高確率で1勝できるハンド(切札のAやKがある場合など)が回ってきたらできるだけ多く勝てるようにカードプレイしていき(切札を狩りながらできるだけ長くリード権を保つ、切札が切れたらハンドのロングスートのハイカードからリードする、など)一人でも脱落者を増やす工夫が必要です。
場合によってはかなり早い段階でノックアウトされ、暇になってしまうんじゃないの~と思われるかも知れませんが、最終ディールを待たずして決着がつくことがほとんどなので、待ち時間を持て余したりする事もありません(プレイ人数が少ない分【カンビオ】より待たないと思います)。

それでも「いきなりノックアウトされてはやってられん!」という気の短い方の為に救済措置も用意されております。
一番最初に脱落したプレーヤーに限り、次ディールは1枚だけハンドをもらいプレーに参加する事ができます。
これが「犬の生活」です。おこぼれをもらってしぶとくチャンスを待つわけです。
この1枚のハンドはマストフォローの原則を無視していつでも使う事ができます。
使いたくない時は「パス」すればOK。
この1枚でトリックを取れれば次ディールは勝ち残りプレーヤー同様のハンドをもらえます。
完全復活ですね^^
もしこの1枚が切札であれば、切札が出尽くすのを待って使えば良いわけですし、出尽くさなくても自分がリーダーの右隣のポジションに来た時はかなりのチャンスと言えます(カードプレイは時計回り)。
残念ながら切札が配られなくてもハイカードが来ればまだ望みはあります。
ミドルカードだって諦める事はありません。実際にミドルカードで1トリックを拾い、チャンプに返り咲いたプレーヤーを何度か見たことがあります。
切札以外のローカードが来てしまったら・・・・・うん。

ちなみに第1ディールでひとりが7トリック全て勝った場合、第2ディールはそのプレーヤー以外全員が「犬の生活」を送ります。
ぜひこの状況を見てみたいものです^^

「犬の生活」という言葉が一見惨めなように見えますが、実はこの「1枚をいつ使うかのドキドキ感」がこのゲームの一番の醍醐味であるとも言え、プレイ終了までに「犬の生活」を味わえないと逆に物足りなくなるという不可解な現象が必ず発生するほどです。
さらにギャンブル性を高めたければ、一定の時間やディール数でレートを上げていくストラクチャーを用意することで、最後まで誰が勝つかわからず楽しめますよ。

教訓は「勝ち残っても決して油断することなかれ。」
そして「犬のひと噛みにはご用心。」ですね。


スポンサーサイト
2008.06.05 ニムト
運か戦略か?
不思議ゲーム【ニムト】
ニムト


手札を上手く出してマイナス札の牛を集めないように工夫するゲームです。

場に4列のカード置き場があります。
最初に山札を4枚めくり、場札にします。これがカード置き場です。
カードは1~104までの数字が1枚ずつ入っています。

例えば


56
78
99

こんな感じでカード置き場ができるわけです。
仮に5人で遊んでいるとします。カードはせ~ので一斉に出します。
5人はそれぞれ17・34・66・79・100と出したとしましょう。
出されたカードは、カード置き場の4枚のカードのうち自分が出したカードより小さい数字で最も近い数字の右横につきます。
(カードは一枚ずつ小さいものから処理。)
ですので場はこのようになります。

5・1734
56・66
78・79
99・100

これを繰り返し、カードを右につなげていって6枚目を置いた人がその列の1~5枚目を引き取らされます。
引き取ったカードにはそれぞれ牛の首の絵が描かれており、その首の数だけ失点となります。

上のゲームを続けてみます。
5人は1・68・70・72・73と出しました。
処理は小さい数からですが1を置ける列がありません。
その場合1を出したプレーヤーは好きな列を引き取り、1をその代わりに置く事ができます。
つまり最も失点の低い列自主的に引き取ることで大量失点を防げるわけです。
今回は78と79の2枚を引き取ることにしました。

すると残りはこうなります。

5・1734
56・66・68707273
78・79
99・100

73は6枚目になってしまったので失点です。その列の1~5枚目を引き取らされ以下の図になります。

5・1734
73
78・79
99・100

手札がなくなるまで10ラウンドこれを繰り返し1ゲームの失点を比べます。
さらにゲームを繰り返し、誰かが66点をオーバーしたら終了。
その時1番失点の少ない人が勝ちです^^

はじめは何をどの様に出せばいいのか全くわからず戸惑うのですが、ある程度の人数がいればそれでも盛り上がること間違いなし!ですし、だんだん慣れてくると、場の4枚よりも小さいカードを出すプレーヤーの次につけるようなカード、を予測して出したりするのが楽しくなってきます。
読みあいで興奮するゲームですね^^
その為には気の利いた会話も必要になってくるかも知れません。

東急ハンズなどでも買えますし、何より安くて盛り上がるのが良いですね。
ドツボにはまると全く抜け出せずあっと言う間に負けることも良くありますのでお気をつけて。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。