上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年5月31日(日)10時~17時まで浅草にてゲームマーケットに出展させて頂きました。
ゲームマーケット・ブース

記事に書いた出展商品の一部で仕入れが間に合わない物があり、ご迷惑をお掛けし申し訳ありませんでした。
また、中国麻将、麻将マット、ダイスカップ(小)に関しては在庫が少なく、あっという間に売り切れてしまい、折角来て下さったのにお売りできなかった方にも申し訳なく思っております。
また午前中は予想以上に忙しく、プレイブースが稼動できなかった事も反省点です。
14時過ぎには落ち着いてきた為、四色牌(十胡)を遊んでもらいましたが、こちらから「台湾で遊ばれている伝統ゲーム」だという説明が無かった為、ルールの改善やゲームを面白くする為のご意見などを頂き、話がかみ合わない事が何度かありましてこれもまた申し訳なく思っております。
しばらく後になって創作ゲームだと思われてのご指摘・ご意見だったのだと気づきました。
今まで考えた事もなかったのですが、言われてみればそう思われる方がいても全く不思議ではないですものね。
こちらの説明不足でした。
この場を借りて(多分見られていないと思いますが^^;)お詫びさせて下さい。
その他、色々気づかぬところで失礼無礼をはたらいていたかも知れませんが、何卒ご容赦下さいませ。

企画から段取り、準備も含め、とにかく凹む事の連続でしたが、皆様のおかげで大盛況に終わりました。
一緒に出展してくれたFuruFuru兄ィ、ファ熊老師、職人まっちゃんに感謝。
姉妹ブースとして何かと協力してくれた常時次人くん、猪月さんに感謝。
前日に宿を提供してくれ、搬入を手伝ってくれた鬚親父さんに感謝。
買い物を引き受けてくれた流氏に感謝。
仕入れに尽力して下さったむらたさんに感謝。
商品を買って下さった皆様に感謝。
一緒に遊んで下さった皆様に感謝。
ブースを覗きに来て下さった皆様に感謝。
そして、ゲームマーケットを準備し、運営して下さったスタッフの皆様に感謝。

本当に感謝感謝の一日でしたよ。
ありがとうございました^^

ちなみに豊富な知識でアジアの伝統ゲームの商品説明をしていたファ熊氏と、巧みな話術で誰とでも仲良くなっていたFuruFuru氏に挟まれてぐったりしていたでくのぼーが私です。
またどこかで見かけたらお声掛け下さい。

ともあれつくづく良い経験をさせて頂いたものだと思っております。

設営準備からお手伝いし、一旦退出後9時からブース準備を始めました。
思っていた広さの半分くらいしかスペースが無く、いきなり陳列が脇にはみ出すというとんでもない状況に陥り、その状況は最後まで続きました。

驚いたのは姉妹サークルクロックワイズさんの【マインアウト】の完成度です。
テストプレイには何度か参加し、かなりオモシロいゲームだとは以前の記事にも書いたと思いますが、コンポーネントの出来栄えも想像以上で、これは間違いなく売れるだろうな~と思いながら見ていました。
ノート・ラ  「後でひとつ買わせて下さいね^^」
常時次人 「沢山あるので是非どうぞ^^」

ゲームマーケット・クロックワイズ
う~ん、かっこいいねぇ。

こちらは私とファ熊さんの伝統ゲーム。
ゲームマーケット・カウンタークロックワイズ

お隣はFuruFuru兄ィの中古ボードゲーム市場。
リストで商品と価格をを見て選んでもらってました。
ゲームマーケット・カウンタークロックワイズ
兄ィ・・・場所が狭くてスイマセン。

10時丁度に開場。
こちらからも開場待ちの長蛇の列が見えていましたが、まずいきなりウチに来る事は無いだろうと、のほほんとしておりましたら、何とまっすぐこちらへやって来る方がいらっしゃるではないですか。
しかも1人じゃないのよ、沢山よ。

「マインアウト下さい。」
「マインアウトとマジョリティ下さい。」
「マインアウトありますか?」
「マインアウト1つ。」


あ、隣か(^^;
しかし、開場と同時に真っ先に買われていくってかなりの事ですよね。
いやあ良いモノ見せてもらいました。

しばらくぼけ~っと突っ立っていたのですが、5分ほどしてこちらにもぞくぞくお客様が。
麻将牌、ダイスカップ(小)は15分で売り切れ。
闘獣棋が30分で売り切れ。
マットとダイスカップ(大)が45分で売り切れ、ありがたい事に1時間後には大量に仕入れておいた四色牌とトランプ類以外は四人軍棋しか残っていない状態に。
この間かなり忙しく嬉しい悲鳴を上げていましたが、折角来てくれた方に売り切れ商品をお断りするのが非常にツラかったです。
もう少し仕入れられていればなぁ。。。と悔やまれます。
ファ熊さんの商品もバシバシ売れており、FuruFuru兄ィもきっちり商談をまとめていました。

「マインアウト下さい。」
「マインアウト~」
「マインアウト3つ」
「マイン・・・」

コチラまだ売れ続けてますよー(^^;
ノート・ラ 「もしかして売り切っちゃうんじゃないですか?」
常時次人 「予約分以外はもう残り少ないです!」
ノート・ラ 「・・・大至急マインアウト1つ。」

その後、まっちゃんさん到着。
自作闘球盤だけだと思っていたら中古ゲームも持って来たとの事でさらに場所が・・・。
闘球盤はプレイスペースで遊んでもらっていました^^
ゲームマーケット・闘球盤
駒一個研磨するのに40分かかったそうです。職人魂だね^^

午前中でほとんど売り切ってしまった為、午後は中古ゲーム組に場所を譲り早々に撤収。
会場内をぶらぶらと見て回ったり、買い物したりする時間も取れました。

4Fでオークションが始まってからはずいぶん落ち着いたので、ファ熊さんのご協力の下プレイスペースで四色牌を遊びました。
ゲームマーケット・プレイブース
スタンドはファ熊さんが持ってきてくれた【オーケイ】のスタンド。
こんな重いものをわざわざありがとうございました。

16時半まで遊んで撤収。
新しい出会いや懐かしい出会いもあり、有意義な時間を過ごす事ができました。
特に開場してからはあっという間で、反省の多い1日でしたが充実感と心地良い疲れが残り、出展して良かったなぁと思っております。
重ね重ね皆様には感謝です。
お疲れ様でした!^^

*追記
四色牌につきましてはまだいくらか在庫がございます。(ルール付1セット1200円)
またドイツからスカートデッキ、ドッペルコップ専用デッキが入る予定です。
中国麻将関係やダイスカップなど、今後まとまったご要望があれば仕入れる事もあるかも知れませんので、その際はまたどうぞよろしくお願い致します。



スポンサーサイト
【ダックスープ】(2009年5月13日更新)

ノート・ラ  1216→1199 1勝1敗  
ヤンファー 1184→1201  1勝1敗 
本日はAJPCの東京予選でしたが、結果は急な仕事が入り不参加というとんでもない結末に終わりました。
思宴会メンバーでは、第1回ポーカー大会準優勝のファ熊氏が健闘しましたが第7ラウンドで華々しく散ったという報告が入ってきております。
話を聞く限りかなり紙一重の勝負で、本当に惜しかったみたいです。
私からすれば参加できただけでただただ羨ましい限りですが・・・
明日は第2回ポーカー大会優勝の実績を持つやういち氏がエントリーしていますので結果がどうなるか非常に楽しみです^^

というわけで朝からしょぼーんと凹んでおりましたが午前中で仕事が片付いた為、午後は【八十分】の達人である中国人のお友達らを誘って遊びながら指導を受けました。

【八十分】
八十分2
(本日は遊びに夢中で一切写真撮ってませんので過去の画像で代用(^^;)
テクニックの説明をする際に、打(ダー)チーム(親)が点札を取る事を「点を逃がす」と連呼していましたがしばらく遊んでいるうちに体で理解できるようになりました。
リーダーはまず、確実に勝てるカードからリードしていきます。
ショートスートのA(トップカードがつながっていれば一緒に)などからです。
確実に勝てるトップカードが無くなったら勝てる確率が高いものをリードしますので、当然ぺアを出していきます。
ペアも無くなったら切札のロー。
これは対面のパートナーによるブロックを期待してのリードです。
被打(ペイダー)チーム(子)がリードする場合、打チームは2nd、4thポジションに居ることになります。
もし、3rdの被打プレーヤーが中途半端なカードを出そうものなら4thの打プレーヤーに点札を出され、取られてしまいます。
打が取った点札は数えず、点札以外のカード同様テーブル中央に裏向きにして捨てますので、これを「逃がす」と呼んでいるわけです。
逆に被打からすれば点札を「捕まえる」感覚なのでしょうかね。

また、ローカルルール「トラック」について教えてもらいました。
連続する2つ以上のランクのペアカードによるリードです。

例)

をいっぺんにリードする事ができます。
これに勝つには7・8以上のトラックか、切札のトラックが必要です。
確率的にはほとんどフォロアーは勝てませんので、この例では10点がほぼ確実に取れることになります。
また、トラックが出された場合、同スートに1組でもペアがあれば優先的にフォローしなければなりません。
大ジョーカーを2枚持っている場合などに切札のトラックをリードされると大変な事になります(^^;

これ以外にも3デッキで遊んでいることなど中国のトランプ状況について色々と話を聞くことができました。
私はてっきり遊びすぎて飽きてしまう為、難易度を上げようと3デッキや「トラック」「炒地皮」などのルールが追加されているものとばかり思っていましたがどうもそういう事ではなく、やり込んでいくうちに実力の差がはっきりしてくるので誰でも勝ち目があるように爆発的運要素を追加しているみたいですね。
確かに「トラック」はかなり強力で、配牌によってはプレイを大きく間違えなければ私でも勝てるチャンスが往々にしてありました。
なるほどなるほど^^


色々勉強になり楽しかったのですがAJPCに参加できなかった虚しさはまだ完全には埋まりません(><)
というわけで夕食後はヤンファーと【ダックスープ】。
今日ばかりは競技色を強めに勝負を楽しみたかったので、レーティング戦を始めてみる事にしました。
【ダックッスープ】
ダックスープ
結構久しぶりな気がしますが、それはヤンファーも同じ事。
(突然始まった)レーティング戦の初戦ということで少しも緩める事はできません。
ゲームが長くなるのもナンなので、ディーラー1回ずつ計2ディールの合計点数で勝敗を決める事にしました。

1st 
私がディーラーなので打ち出しはヤンファーから。
早速ロングスートのローから堅実にリード。
ヤンファーお得意の「ワンスート狩り」が始まります。
ノートランプゲームでは当然このようなプレイが有効ですが、ダックスープには「クワック」という打開手段があり、しかも決まるとかなりの破壊力があり一気に立場が逆転するのがオモシロいところです。
ヤンファーは上手い事相手のショートスートを攻めながらも、簡単にクワックはさせないというテクニックを持っており(自分の手札とカウンティング、相手がプレイしたカードなどの情報から相手の残りハンドを推測している)、その上やっとクワックできるゾ!と勇んで食いつくとあっけなくカウンターを喰らって序盤で立ち直れないほどのダメージを負う事もしばしば。
当然こっちが3枚持っているランクをリードしてきたりもしません。

今日はどうやって切り崩そうかなーと思っていたらいきなり「2」のリード。
他に出せるものが無かったのかな?という印象の打ち出しでした。
私は1枚だけ「2」を持っておりちょっと迷いましたが、思い切ってクワックしたところ成功^^
これが功を奏し、主導権を奪います。
その後はハンドにも恵まれ、ダックステージを9-7リードで終えて、折り返しました。
スープステージではこちらにAが3枚来ているものの、ヤンファーがKを4枚全て持っているという難しい状況。
ここは結局9-9の同点に終わり、1stディールは

ノート・ラ  81
ヤンファー 63

となりました。
ハンドからしてもう少し差を広げられたような気もしましたが、ひどいカウンティングミスがあり終盤で追い上げられたのが痛かった(><)


2nd
ダックステージが苦手な私は序盤であっという間に主導権を奪われ、何とか1点勝ちを積み重ねるもクワックの2点負けで簡単に追いつかれるという展開に持ち込まれました。
必死に喰らいつきますが7-9で折り返し。
しかもこの時点でまたKが1枚も無い・・・。
今回はAも3枚あちらに行ってます。。。
こいつは参ったなあ・・・と頭を抱えていたところヤンファーがQのリード。
私はQを2枚持っていたので当然クワック。
ここでヤンファーがまさかのクワック・クワックで、美味しい鴨湯が完成しました。
これがヤンファーの敗着となり、スープステージは10-7でほくほくの勝利。
2ndディールの結果は

ノート・ラ  70
ヤンファー 63

僅差で勝利をモノにし、1stの得点と合わせたこのゲームの最終的な結果は

ノート・ラ  151
ヤンファー 126

となり、レーティングは

ノート・ラ  1200 → 1216
ヤンファー 1200 → 1184

となりました。
今日の勝負は結構運に恵まれたところが大きかったです。
機会があればレーティング・ダックスープは続けていきますので、参加したい方は是非例会でリクエストなどして下さい。
1ゲーム20分で終わりますし楽しいですよ~^^
ちなみに次回2人ゲーム大会はダックスープではなくクリベッジなどになると思います。 
こちらも併せてよろしく!
今年のゲームマーケットでは、思宴会の仲間たちでブースを借りて出展をする予定です^^

登録サークル名は「カウンタークロックワイズ」
当日はファ熊、FuruFuru、まっちゃん、ノート・ラの4人で切り盛りします。
アジアの伝統ゲームや、ヨーロッパのカード闘球盤などを取り扱い予定。
また、FuruFuru氏による中古ボードゲームの販売があり、こちらも掘り出しモノがあるかも知れませんのでチェックして下さいね~。

姉妹サークル(多分隣のブースになるはず)「クロックワイズ」も出展。
猪月さん、常時次人さんが創作カード・ボードゲームを販売する予定です。
近々画像などをお届けできると思いますよ^^私も楽しみにしているんです。
(4/19 マインアウトの画像をアップしました。)

今回私が担当しておりますのは、独自に入手致しました中国の伝統ゲームやゲーム用具です。
仕入れに掛かった時間や渡航費などが思うように調整できず、種類も品数も充実しているとは言い難い状態なのですが(^^;)、日本では手に入らない物を色々仕入れられましたので、この機会に是非ブースへ遊びに来て頂ければ、と思います。
折角のゲームマーケットですからできるだけ多くの方と、いつも当会で遊んでいるゲームを一緒に遊んだり、話をしたりできればと思っております^^

ではでは商品の紹介を。
【麻将マット】
麻将マット
中国麻将用のマットです。
ボードゲーム用のさらさらなマットも良いですけど、荒っぽく牌を洗うならこういうマットも良いですよ~^^

【中国麻将】
中国麻将
そのマットで中国麻将を遊ぶとこんな感じになります~

この麻将牌には日本の麻雀牌セットに入っている季節牌の他に4枚の花牌が付いているのが特徴。
中国麻将・花牌
計8枚の特殊牌を使って麻将とは一味違ったラミー【垃圾和(ラージーフー)】が楽しめます。
ラージーフーは非常に簡単なルールですので、日本の麻雀を知らない子供や女性にも牌で遊ぶ楽しさを伝えられるとても良いゲームですよ^^
もちろん通常の麻雀も楽しめます。

この牌のもうひとつの特徴は、通常の日本の麻雀牌と比べるとかなりでかい!という事です。
ピーパーと比べるとこんな感じ。
中国麻将 
ピーパーよりはちょっと小さいサイズです(本当は日本の麻雀牌を並べて比べたかったのですけど、なんとウチには麻雀牌がありませんでした。。。。)。

中国麻将  
厚さもこんな感じです。
一見、扱いづらそうに見えるかもしれませんが、このビッグサイズでしか味わえない満足感を是非お試し下さい^^

お次はギャンブルゲーム用の【ダイスカップ】
ダイスカップ
こちらは皮製品。

ダイスカップ
蓋付きのプラ製です。【打天九】【牌九】で遊ぶのならこのタイプがおススメです。

こちらは【軍棋】です。
軍棋
中国の軍人将棋のようなゲームです。
駒は伏せるのではなく自分にだけ見えるように立てて置きます。
4人まで遊べるのが特徴です^^遊んでいる画像がアップできないのが残念。。。

中国ではトランプ(ポーカー牌と言います)を2組使う遊びが非常に多く、人気もある為、はじめから2つのトランプが1つの箱に入っているものが多くあります。
当会でも良く使っておりますが、いくつか新品を入手しましたので販売します^^
双トランプ
大ジョーカー(赤)、小ジョーカー(黒)も2枚ずつ入っております。
ブリッジサイズです。
これで【八十分】【闘地主】はもちろん、【カナスタ】【カルーキ】などのラミーゲームも遊べるのでなかなか重宝しますよ^^

こちらは52枚とジョーカー2枚のデッキ。同じくブリッジサイズです。
中国のトランプ
100円ショップでトランプが買える日本と違って、中国のトランプが(物価の割りに)結構高いのにはびっくりしました。
こちらは原価との兼ね合いもあり、出品できないかもしれません。(展示はする予定です。)
ちなみに中国でそこそこのホテルに泊まると部屋にトランプが置いてあったりします。
トリックテイキング系(八十分など)と大貧民系(闘地主など)は今も幅広い世代間で盛んに遊ばれているようです^^

【闘獣棋】
闘獣棋
動物の駒をモチーフにした中国の将棋系ゲームです。
動物にはそれぞれランクがあり、基本的には上位ランクの駒を下位の駒で倒す事はできませんが、最弱の鼠だけは最強の象を倒せるというユニークな作りになっています。
その他にも特殊能力がある動物がいたり、盤上中央の河や陣内の落とし穴を利用するなど、子供と遊んでも楽しめる(漢字が読めればですが(^^;)軽~いゲームです。

闘獣棋 
↑自陣の初期配置。
相手駒に中央下部の「獣穴」に入られると負けになりますので死守して下さい!

お次は今回のメイン商品です。
【四色牌】
四色牌
象棋(中国将棋)の駒をモチーフにしたプレイングカードで、英語圏の国では「Chinese Chess Card」と呼ばれているようです。
同じく【四色牌】という名前のラミーゲームを遊ぶのに使います。
*後日、ルールをアップします!
また、先日記事を挙げましたフィリピンの【クアホ】というゲームもこの四色牌で遊べますので是非お試し下さい^^
当日は四色牌とクアホのルールを添えて販売する予定です。
時間と状況が許す限り、ブースでのお試しプレイも行っていくつもりですので、是非是非遊びに来てくださいね^^

こちらが牌の構成です。
四色牌
白と緑が「将・士・象」「車・馬・包」「卒」
赤と黄が「帥・仕・相」「イ車・イ馬・炮」「兵」
となっているのがわかりますでしょうか?
これらが象棋の駒の文字それぞれに対応しているというわけです。↓
象棋

最後にカード系をもうひとつご紹介。
トランプ
普通のトランプですが、色違い4色のかわいいジョーカーが入ってますよ~
(こちらはポーカーサイズです。)
ドイツゲームやテレビゲームも良いですが、トランプでもお友達やご家族と有意義なひと時を過ごして頂きたいと思っております^^

まだ仕入れが完了しておりませんが、間に合えば【ドッペルコップ】専用カードや同じくドイツの【スカート】専用カードなどの販売も予定してますのでそちらもどうぞお楽しみに。
*届き次第こちらにアップします。

今後も追加告知、そして思宴会会員であるファ熊(ニセ黄門)氏、まっちゃん氏、FuruFuru氏の準備状況や商品紹介、また、姉妹サークル「クロックワイズ」の情報も入り次第、以下に随時更新していく予定です^^

4/19追記 「クロックワイズ」さんの常時次人さんから開発中のボードゲーム
【マインアウト】の画像をブログ紹介用として頂きましたのでアップします。
マインアウト
まだ変更があるかも知れないとの事でしたが、素晴らしい完成度です^^
鉱山を掘って鉱物から収入を得たり、人を雇って取引を有利に進めたりしながら得点を重ねていくゲームです。
テストプレイには何度か参加させて頂きましたが、常時次人さんらしいアイディアが今作にもしっかり盛り込まれており、1回だけでなく何度も繰り返し遊ぶほどに深みを増す、そんな印象でした^^
マフィアや奴隷商人による鉱物や資金の独占!トレーダーによる鉱物の売り抜け!労働者を大量に集めてのパワープレイ!などなど他にも多様な戦術の組み合わせがあるので、あれもこれもと色々試したくなるんですよね。
超おススメのタイトルですので是非ともブースに遊びに来てチェックしてみて下さい^^

5/4追記 「クロックワイズ」が操られ人形館さんで紹介されています。

4/19追記 反時計周りな遊戯集団「カウンタークロックワイズ」の仲間達のブログです。
ファ熊(ニセ黄門)「世界遊戯博物館ブログ」
好評発売中の「アジアゲーム読本」をはじめ、ベトナム紙牌「トートム・バット・タムキュック・トゥサック」、中国紙牌「東莞牌・十五湖」、「韓国花札・花闘」、「魚蝦蟹大小」、「ベトナム魚蝦蟹」、「軍棋」、「韓国将棋(チャンギ)」、「中国天九牌・韓国花闘」、中国サイコロなどの販売があるようです!
また、天九牌の実演などは迫力満点ですよ。
是非挑戦してみてください^^

FuruFuru「FuruFuru日記」
ドイツゲームを云百タイトル保持しているFuruFuruさんが、このゲームマーケットを機に中古ゲーム販売に乗り出します!
私も購入した事がありますが、状態は良いしレア物だしでよだれが止まりませんでした^^
リストは徐々にアップされていくようです!これまた楽しみです^^


どうぞみなさまお誘いあわせの上、遊びにいらして下さい^^
会場でお会いしましょう~

雑記です。
ドリンキンクリベッジに引き続き、クリベッジボードの紹介です。
クリベジボード29
29の形をしたボード。
29とはクリベッジのワンハンドにおける最高得点で、ボードに描かれている5枚のカードがそのハンドです。
手札にJ-5-5-5でスターターが5ですね。
Jとスターターが同じスートでヒズノブになっているのがポイント。

まずフィフティーンが8個ありますので数えてみてください。(16点)
次にダブルペアロイヤル(12点)
最後に上述のヒズノブ(1点)を加え、29点となります。素晴らしい!!

いやぁ、こんなハンド作られたらイカサマを疑わないわけにはいきませんね!
詳しい確率はわかりませんがロイヤルストレートフラッシュより難しいんじゃないでしょうか(^^;)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。